競馬商材は当たらない?使えない?的中するか。儲かる馬券教材。詐欺教材。回収率は?

競馬商材は使えないか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「競馬商材は、自分の馬券理論を強化するためのヒントになる事はある」

「が、競馬商材で急に馬券収支がプラスになるということは、まずないと思う」

「また、競馬商材のデメリットは、時代の流れに適応できないことである」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼世の中には「競馬商材」と言われる商品が、次々に発売されています。

競馬商材と言うのは、馬券で勝つためのロジックや、秘訣などをPDFなどにまとめた情報商材です。

本2


インターネットでダウンロードする形式が多く、最初に中身をチェックできないので、当たりかハズレかわからないのがデメリットですね。



▼しかも競馬商材はほとんどが高額で、1万円から5万円くらいの相場になっています。

一般的な書籍が、1,000円から2,000円であることを考えると、競馬商材はかなり高いと言えます。



▼まぁ高くても馬券収支がプラスになれば、余裕で回収できるわけですが、果たして競馬商材で馬券収支はプラスになるのでしょうか?

私ブエナ自身も、競馬商材はいくつか購入したことがあるし、このようなブログをやっていると「当社の競馬商材をブログで紹介してください!」という依頼も頻繁にくるわけです。


その場合は中身をチェックさせてもらえるわけです。なので私の場合は、一般の方よりも多くの競馬商材を見ていると思います。



▼さて、そんな競馬商材。馬券収支をプラスにすることができるのか?

これについての私の見解は、

「馬券収支をプラスにするためのヒントにはなる」

という感じになります。



▼どんな競馬商材であっても、基本的には買い目を教えてくれるわけではないので、自分自身で考えて馬券を購入する必要があります。

なので、「この競馬商材を買えば、今週からプラス収支!」という事は、残念ながらありません。

「予想配信」であればそういうこともあるんですが、競馬商材というのはロジックを売っているわけですから、それを買うだけで馬券収支がプラスになるわけではないということです。



▼中には、パソコンのソフト等を使って買い目を出せる競馬商材もありますが、それを多くの人が同時に使えばどうなるか?

日本の競馬は「変動オッズ」ですから、あっという間にオッズが下がって、みんな勝てなくなるわけです。



▼そう考えると、競馬商材を買うことで、すぐに勝てるようになるわけではないと言えます。

ただ、競馬商材には「馬券のヒント」が、たくさん書かれていますので、それを自分の馬券理論と融合して、自分自身の馬券力を高めていくという事は十分に可能です。

とは言え、即効性のある方法ではないので、「いきなりプラス収支!」という事はないです。



▼個人的に、私が多くの競馬商材を見てきて、買った方がいいか?買わない方がいいか?と聞かれるとかなり難しいのですが、

「自分なりの馬券理論を構築したい人は、競馬商材を買っても良い」と思います。


馬券の知識というのは、インターネットでは、ほとんど調べることができないし、本屋さんに行ってもほとんど本はありません。

馬券知識を調べられるサイトは、本当に少ないです。

ただ、いろいろなサイトを見ていくと、中には優れたサイトも、少数ですが存在しています。また機会があったら紹介したいと思います。



▼まあ「競馬商材」というのも、一昔前は、一世を風靡していた感じですが、最近はあまり見なくなりました。

これはやはり、「詐欺商材」があまりにも多く出回ったから、だと私は思います。


一時期は競馬商材が簡単に売れたので、「しょうもない競馬商材」が、10万円くらいで売られていたりしました。
(今でもありますが)


ですので、競馬商材を買ってもいいと思いますが、「1~2万円まで」かなあと、私は思います。

これ以上になると、学べるデメリットよりも、金銭的なデメリットが上回るような気がしますね。



▼ということで本日は、「競馬商材」について書いてみました。

曖昧な表現が多くて申し訳ないんですが、とりあえず言える事は「絶対に勝てる競馬商材はない」ということです。


競馬商材というのは、「過去のデータのロジック」なので、これから先もずっとそのロジックが使えるとは限らないわけですね。

そういう意味では、リアルタイムの予想配信の方が、最新情報は手に入ると思います。

あとはお好みですね。

ご参考まで。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング