競馬~負けた原因。どうすれば馬券で勝てるか?負ける要因。負け続ける理由。おけら街道

あなたが競馬で負けた原因は何か?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「競馬で、精神的に大きなダメージを受けるほど負ける原因は、その日だけで勝負をかけるからだと思う」

「競馬というのは、1ヶ月単位・3ヶ月単位・半年単位・1年単位で考えていく方が、はるかに勝ちやすい」

「その日だけで勝負をかける人は、しびれるようなギャンブルの快感を求めている。そのようなギャンブルは、負ける確率が極めて高くなる。だから負けるのです」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼朝っぱらから意気揚々と競馬場やwinsに突撃し、

「今日は絶対に勝つぞ!」と、胸を踊らせる。


夕方になる頃には、その時のテンションは何処へやら。

元気はなくなり、財布のお金もなくなる。

おけら



まさに「オケラ街道

競馬をやる人なら誰でも、この怒りをぶつけるアテのない、オケラ街道を歩いたことがあるに違いありません。

馬券で負けた夕方は、脱力して、何もやる気がしませんね。



▼私自身も例外ではなく、競馬をやり始めてから数年間は負け組で、オケラ街道を歩き続けた1人です。

その度に、「もう二度と競馬なんかやるもんか!」と思ったものです。


でも次の週末が来る頃には、精神的なダメージも回復し、また馬券を買う。そして負ける。

私ブエナも、そんな日々を過ごしてきました。



▼今はオケラ街道を歩くことはありません。それは、競馬場やwinsに行かず、パソコンやスマホで馬券を買うようになったからというのもありますが。

それ以上に、「競馬で負けた原因」を、理解できるようになったからだと思っています。



▼とは言っても、今でももちろん、連戦連勝などということはありません。

これはどんなプロ馬券師であっても、連戦連勝というのは競馬ではあり得ないわけです。


必ず競馬には「勝つ日」と「負ける日」があります。

「プロ馬券師」というのは、それらのトータルでプラスにする人々です。



▼私は、まずここをわかっていなかった。

「勝負するレース」「見送るレース」

競馬ではこういうメリハリが絶対に必要になります。


そして、レースを見分けるための知識が必要なんですね。

そこにレースがあるから適当に馬券を買ってしまう。これは必ず負けるパターンです。
(経験談)



▼競馬に負ける原因はいくつかあります。

人によっても違います。

私ブエナが、多くの競馬の負け組を見てきた中で、敗因として多い要素を挙げてみましょう。


・一日に買うレース数が多すぎる人

・逆に、重賞レースばかり買う人

・お金がある時には賭け金が多く、お金がないときには賭け金が少ない人

・競馬新聞しか武器がない人

・競馬が好きすぎる人

・5レースや10レースで傾向を判断しようとする人

・「もし当たったらアレを買おう!」と皮算用をする人

・賭け金が多すぎる人

・外れたら、いちいちショックを受ける人




▼という感じで、まだまだ競馬で負ける人の条件というのはたくさんあります。

だいたい上記の条件に当てはまっている人は、長期的には馬券収支はマイナスになりやすい印象です。


特に、競馬ではデータを分析する際に

「最低でも100レース以上」は、サンプルが必要です。

でも馬券で負ける人というのは、ほんの数レース外したくらいで「このやり方じゃダメだ!」と結論を出してしまいます。早すぎです。



▼確率というものをわかっていれば、10レースくらい連敗しても、当然の確率の偏りであるということが理解できるはず。

競馬は、長期的な視野を失ったら勝てません。確率のゲームだからです。


「勝ち馬はすでに決まっている!」などという、オカルトチックな事を信じているうちは、プロ馬券師や、セミプロ馬券師の人たちに、お金を奪われ続けてしまうでしょう。



▼ですから、馬券を買う前に、まず勉強しなければなりません。

なんといっても競馬というのは戦う相手が、プロもしくはセミプロなわけです。

丸腰で戦場に出ても、勝てる見込みはありません。



▼競馬で負け続けている人は、一度、自分自身の「武器」は何か?ということを振り返ってみてください。

武器がなければ馬券で勝つことはできません。



▼次に、競馬で負けた時のメンタルコントロールで重要な考え方について。

当ブログではいつも書いていますが、

競馬は、長期で考えるもの

です。


つまり、「年間プラスなら、半分以上の日でマイナスでも、全然OK」

ということになります。
(あくまでも私ブエナの考え方です)



▼馬券というのは、長い目で見てプラス収支になっていれば、それで目的達成なわけです。

逆に、有馬記念で万馬券を取れても、年間トータルでマイナスだったら、それは敗北なわけです。


だから「競馬で負けた!」と、落ち込む前に、「長期目線で考えているか?」と、自己を振り返ることが大切だと私は思います。



▼競馬というのは、パチンコと違って、試行回数(回転数)が少ない。

そのため確率の偏りが頻繁に発生する。

だから、どんなに計算しつくして馬券購入してる人でも、週単位では必ず「勝つ週」と「負ける週」が生じる。
(マツリダ予想より引用)



▼これは確率のゲームである以上、避けられません。

だから、今週負けてもいいんです。

年間トータルでプラスになれば。



▼ということで本日は、競馬で負けた原因について、私の独断と偏見で書いてみました。

「負けた」と一言で言っても、

「短期的な負け」と「長期的な負け」

が、あると思います。



▼短期的な負けは、気にしなくていい。

そのかわり、長期的に勝てる戦略を常に考えていくこと。

これが馬券で利益を出すための唯一の方法だと、私は考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



競馬は短期で考えると負ける


▼競馬で負ける原因についての考察を続けます。

そもそも、「競馬でまた負けた!」という人は、視野が短期的すぎる。

上述の通り、馬券というのは確率のゲームであり、試行回数が少ないゲームです。

そのため馬券では、「毎日勝つ」とか「毎週勝つ」というのは、どんなに上手い人でも不可能です。



▼例えば、馬券で巨額の利益を上げて、ワイドショーなどでも話題になっている人たち。

彼らは、毎週利益を出していたのか?

ぜんぜん違います。

彼らもまた、私たちと同じように、勝ったり負けたりを繰り返しながら、それだけの利益を積み重ねていたわけです。



▼パチンコの場合は、回転数が膨大であり、朝から晩まで何時間も粘れば、ある程度、確率を収束させることができる。

そのため、パチンコは「いい台」さえ掴めば、あとはひたすら閉店まで回転させ続けることで、ほぼ勝つことができる。



▼しかし、競馬の場合はレース数が決まっている。

12レースしかないわけです。

3場開催でも、1日の最大レース数は36レースしかない。

パチンコと比べると、試行回数が圧倒的に少ないので、競馬では「毎週勝つ」という事が無理なわけです。
(これもマツリダ予想より引用)



▼でも競馬の場合は、パチンコと違って、「賭け金を自分でコントロールできる」「レースを自分で選べる」という強力なメリットがあります。

また、ずっと店にいなくても、ケータイやパソコンで馬券を買って、家族や恋人と遊びに行くこともできる。

なので、競馬の場合は、「試行回数不足による短期的な収支の波」は生まれてしまいますが、私の個人的な意見では、パチンコより競馬の方がストレスなく、細く長く楽しめると考えています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング