内枠の差し馬・追い込み馬は不利で負ける?勝てないか。儲からない。初心者の展開読み方

内枠の差し馬・追い込み馬は不利か?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「差し・追込馬であっても、芝のレースなら、基本的には内枠の方が回収率が高くなりやすいと思う」

「差し馬の場合、中途半端な枠より、内枠か外枠かはっきりした枠の方が、期待値は上がる印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼競馬で展開を予想する際に、初心者さんでも簡単に読めるファクターは2つ。

「先行馬か差し馬か」

「内枠か外枠か」


この2つの要素の組み合わせで、シンプルな展開予想が可能になります。

うさぎとかめ2



▼オーソドックスに言えば、先行馬は内枠が有利。差し馬は外枠が有利、というのが基本になります。

先行するためには、コーナーをロスなく回る必要があるため、外枠だと猛スピードでカーブを曲がらなければならず、どうしてもスタミナをロスしてしまうわけです。


また逆に、差し馬の場合は、後ろから追走するので、直線で馬群をさばく必要があり、インコースでゴチャついてしまうと、前が詰まって、差すことができないわけですね。



▼さて、それを踏まえた上で、本日のお題「内枠の差し馬は儲からないか?」という件について考えてみましょう。

上述したように、後ろから行く馬が内枠を引いてしまうと、馬群に包まれて身動きが取れなくなるケースが多いです。

これを避けるためには、最後方まで下げて、直線で大外に出すという乗り方になりがちなんですが、このような雑な乗り方では、インコースをロスなく回った馬に負けてしまうわけです。



▼ディープインパクトなどのような、能力が絶対的に高い馬は、大外から追い込んでも差し切れるわけですが、能力が同じくらいであれば、ロスなくインコースを回った馬が勝ちます。


ただ、馬場状態が「インコースが全く伸びない芝」という場合だと、大外を回った馬の方が有利になることもある。

が、ほとんどの場合は、そのようなトリッキーな芝状態にはならないので、基本的には最後方からの追い込みは不利です。

馬券的にも、最後方から追い込む馬というのは、あまり儲からないと言えます。



▼「最後方から追い込む馬」というのは過剰人気になるんですね。

一番シンガリから追い込んでくる姿は、人の心を打つので、どうしても過剰人気になりがちです。

その分だけ、馬券的には期待値が下がるわけですね。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼なので、差し馬や追い込み馬というのは、外目の枠から少しずつ、マクっていく競馬が、一番スムーズに能力を発揮できることになります。

ですので「内枠の差し馬」は、騎手としては、おそらく乗りにくいであろうと思われます。



▼基本的にはそのような考え方になりますが、当ブログでは、

「馬券で勝つには期待値を考える」と言い続けていますので、一番大事な要素は、「オッズ」になります。

つまり、内枠の差し馬であっても、内枠が嫌われて人気が急落しているのであれば、それは「おいしい馬」になるわけです。



▼基本的には、内枠の差し馬は不利ですが、それによって人気がなくなっているのであれば、今度は逆に狙い目となる。

ここが馬券で勝つための基本中の基本であり、一番難しいところでもありますね。

そのような目線で予想をし続けていると、どんどん回収率は上がっていくと思います。



▼さて、それでは実際のデータも見てみましょう。

【差し馬のデータ】
2010~1015
特別戦 芝
約2万頭分析


単勝回収率70%
1~3番 単勝回収率78%
5~10番 単勝回収率60%
11~18番 単勝回収率76%



はい。
芝のレースで、「差し」の馬は、内枠が不利なのか?調べてみました。

この条件だと、

差し馬は、真ん中枠がイマイチ

と、考えることもできます。



▼内枠というのは、最短距離でコースロスなく走れるので、1発を狙いやすい。

また、上述したように差し馬は、後ろから行く馬なので、外枠の方がスムーズに走りやすい。


そう考えると、「差し馬の真ん中枠」は、中途半端で、走りにくい枠であると言えるのかもしれません。



▼ちなみに私ブエナの場合は、脚質はそれほど考慮しません。

「そのコースで有利な枠順」であれば、追い込み馬であっても狙うことが多いです。



▼ダービーやオークスが行われる、東京2,400メートルは、1枠1番が走りやすいコースですが、この場合は、追い込みでも狙います。

例えば、キズナなどは追い込みの1枠1番でしたが、見事ダービー制覇となりました。

もしキズナが大外枠などを引いていたら、エピファネイアが勝っていたかもしれませんね。

それぐらい、枠順というのは結果に大きな影響を与えるということです。

脚質より、枠順の方が重要かなと、私は考えています。



▼ということで本日は、内枠の差し馬・追い込み馬について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

長い目で見れば、「内枠が有利なコース」であれば、差し馬・追い込み馬でも、回収率は高くなることが多いです。

「前が詰まるリスク」は念頭におきながら、その分を差し引いても期待値が高いなら、勝負ですね。



▼ただ、初心者さんの場合、多くのファクターを同時に考えすぎると、結局、ロジックが平均化されてしまい、回収率が上がらないということになってしまいがちです。

なので、最初のうちは、枠順と脚質を同時に考えるより、どちらかに絞って極めていく方が、成長は早いかもしれません。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ダートの差し馬は、内枠不利か?


▼内枠の差し馬についての考察を続けます。

先ほどは、「芝のレースで、真ん中枠の差し馬は、回収率が低め」と書きました。

では、ダートではどうなのか?


【ダートの差し馬データ】
2013~2016.10
特別戦


平均
単勝回収率 50%

1~2番枠
単勝回収率 67%

11~16番枠
単勝回収率 30%


はい。
ダートなので、そのレースの中で中団にいた馬(差し馬)は、単勝回収率50%と低くなっています。

その中でも、11番枠より外枠の馬は、単勝回収率30%です。



▼ダートの場合、砂をかぶるので内枠が有利とは言えないんですが、「ダートの差し馬」に限定すると、外枠の回収率が低くなっています。

これは、ダートで外枠の馬が、ダッシュがつかずに後方に置かれた場合、好走率がかなり下がってしまうのではないかと思われます。



▼このデータを見ても、「ダートでも、内枠の差し馬が不利という事はない」という印象を受けます。

ただ、このデータのトラップとして、「好走率は、外枠の馬の方が高い」というものがあります。



▼先程のデータは、あくまでも回収率ベースです。

これを、連対率ベースにしてみます。


【ダートの差し馬データ②】
2013~2016.10
特別戦


連対率 平均 10%

1~2番枠
連対率 9%

14~16番枠
連対率 12%


はい。
わかりやすくするために、より大外枠に近い馬をチョイスしています。



▼このデータが意味するところは何か?

私ブエナの推測ですが、「ダートで外枠の差し馬は、過剰人気になるのではないか?」と思うわけです。

あるいは、「ダートで内枠の差し馬は、過小評価されているのではないか?」



▼そう考えると、ダート戦において、「的中率を求めるなら」外枠の差し馬。

逆に、回収率を求めるなら、内枠の差し馬の方が、期待値は高くなる印象です。



▼これは、ダートのレースや、差し馬に限ったことではなく、すべてのレースでこのような歪みが発生します。

馬券で利益を出すためには、上述したような、「過剰人気」と「過小評価」を見極めて、「過小評価の馬」を狙っていく必要があると、私ブエナは思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング