三連単のコツ~三連単は難しい?何点買えばいい?確率で簡単に当てる方法。怖い馬券

三連単のコツは?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「三連単のコツは、まず資金を豊富に用意すること。資金がない人は三連単より三連複がいいと思う」

「次に、単勝回収率が高いであろう馬がいるレースを選ぶこと。その馬を1着固定にすることで、買い目を絞る」

「いずれにしても三連単は、合成オッズが高く、的中率が下がるので、連敗に耐える資金力がない人は手出し無用かと」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「三連単がまったく当たりません。三連単のコツなどありましたらお教えてください!」

というご質問を頂いたので、久しぶりに三連単について考察してみましょう。

三連単馬



▼ご存知の通り、三連単は、中央競馬の中で最も高配当が出る馬券です。

最初の頃はJRAも「競馬ファンの射幸心を煽るから3連単は発売しません」などと言っていたのですが、売り上げが低迷してくると、さっくりと三連単を発売しましたね。



▼三連単は、 1着2着3着を順番通りに当てる馬券で、「当たればデカイが当たらない」という難しい馬券です。

とは言え、私に言わせれば、 三連単も三連複も馬連も、根本的には同じだと考えます。


それは馬券の種類が違うだけであって、考え方としては「確率」と「期待値」でしかないからです。



▼ちなみに私ブエナは、「三連複」を買うことが多いです。

それは、三連単よりも三連複の方が、資金が少なくて済むという面も大きいです。


でも、本質的には、三連単も三連複も同じなので、予想が同じであればどちらを買っても、あまり回収率は変わらないわけです。

厳密に言えば、三連単の方が、少し回収率は低くなるケースが多くなりますが、この話をするとややこしいので、ちょっとまた別の日に書きます。



▼さて、3連単が当たらない理由は何か?

それは多くの場合、「買う点数が少なすぎるから」です。
(あくまで私ブエナの見解です)


とてもシンプル。

3連単で勝てない人は、なぜか買い目点数が少なすぎます。



▼例えば、「単勝を一点」買うとします。

18頭立ての場合、単純に計算して「18分の1」の買い目を買っていることになります。

これを基準としましょう。



▼では18頭立ての3連単は何通りあるか?

正解は

「4,896通り」です。


ではこの、「4,896通り」の「18分の1」は?

正解は

「272点」です。



▼つまり、「単勝の1点買い」と、「3連単の272点買い」は、確率的には同じ意味になるわけです。
(※オッズおよび、特別給付金などは計算から除外しています)


ですから、単勝一点の的中率に近いものを求めるなら、3連単は「272点」くらいは、買わなければならないということになります。
(私ブエナの独断と偏見です)



▼要するに、3連単は1レースに「3万円」くらいの賭け金を突っ込む必要があるわけです。
(単勝1点買いの的中率を確保したい場合)


それが多くの人は、 3連単も他の馬券と同じように、「2000円」「3000円」で勝負してしまっている。

それは当然当たらないですよね。なぜなら買い目点数が少なすぎるから。三連単をナメすぎです。



▼ただ、そこに三連単の優位性があることも確かです。

どういうことかというと、「余計な馬券を自分で排除できる」ということです。


三連複で「◎ー○▲△△」に流せば、6点買いになります。

三連単マルチなら、36点買いです。

しかし三連単は、マルチで買わなくてもいいわけです。



▼つまり「◎1着固定」「◎2着固定」「◎3着固定」

三連単では、このような選択肢が生まれる。

つまり、三連単は三連複を分解した馬券であるわけです。
(マツリダ予想より引用)



▼このような「着順固定」を利用することによって、三連単は、三連複にはない優位性を獲得することができます。

つまり、大幅に買い目を減らすことができる。

一攫千金を狙うことができる。

しかし、それゆえに、多くの人は三連単の買い目を絞りすぎてしまい、なかなか当たらない状況になっているわけですね。



▼それから、三連単のデメリットとして、もう一点。

「控除率」です。


2014年の控除率改定によって、三連単は、馬券の中で最も控除率の高い馬券種になってしまいました。
(WIN5は除く)

控除率が高い。つまり、JRAの取り分が多い馬券種。それが三連単です。



▼今までは、すべての馬券種で控除率は一律25%だったんですが、これが変更になって、

「難しい馬券(売上が多い馬券)ほど、控除率も高くなった」

わけですね。



▼これを受けて、私ブエナも馬券戦略を変更するか迷っているところです。

今までは、三連単が最も勝ちやすい馬券だった。

しかし、控除率の変更によって、長期回収率が大きく変動するなら、今後は三連単より、単勝・馬連・ワイドの方が勝ちやすくなる可能性もあります。

このあたりは少し流れを見て、結論を出していきたいと考えています。



▼ということで本日は「確率」の面から、3連単が当たらない理由を考察してみました。

意味が分かりましたでしょうか?

まったく意味がわからない人は、まだ3連単を買う時期ではないかもしれません。



▼3連単は競馬で最も難しい馬券。

無理に難しい馬券で勝負しなくても、簡単な馬券でいくらでも勝てます。

簡単な馬券で勝てるようになってから、3連単で勝負するようにすると、回収率は飛躍的にアップすると思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



三連単と資金力の関係


▼三連単のコツについての考察を続けます。

上述の通り、三連単は三連複を分解した馬券である。

三連複から、自分のいらない馬券を削除したものが三連単。

そのように私ブエナは認識しています。



▼つまり、マルチで買わない限り、三連単は三連複より確実に的中率が下がる。

なので、的中率を維持したい人は、三連単は不向きだと思います。

三連単のメリットは、合成オッズを上げて、長期回収率を引き上げることにあると思うからです。



▼なので、三連単のコツというのは、「三連単で回収率を上げるためのコツ」という感じになります。

「三連単で的中率を上げるためのコツ」は、ないです。

なぜなら的中率は、合成オッズに比例するからです。
(あくまで私ブエナの意見です)



▼馬券というのは、一発狙うと、大儲けできる確率が上がる代わりに、的中率が下がるわけです。

三連単というのは、まさにこのような馬券である。

一発大勝ちを狙える代わりに、的中率が下がるのが三連単。

だから三連単で勝負するコツは、資金を豊富に用意することなんですね。



▼資金がない人が三連単で勝負しても、当たりを引く前に、資金ショートしてしまう。

これが最悪のパターンで、当たりを引く前に止めてしまうと、回収率は0%になってしまいます。

なので私は、資金力がない人は三連単よりも三連複が良いと思うわけです。



▼馬券で利益を出すには、的中率と回収率のバランスを調整することが重要です。

的中率を下げて、一発大きい配当を狙えば、的中時の回収率は一気に上がります。

しかしこの場合、「資金の回転効率が下がる」

複利効果を得ることができないわけです。



▼三連単は、長期回収率を引き上げやすい馬券だと私ブエナは考えますが、その反面、的中率が下がりすぎて、資金がうまく回転せず、利益を出しにくい馬券でもあると思う。

だから私の場合は、三連単より三連複を使うことが多い。


ただ、「単勝回収率が高い軸馬」がわかっている場合は、三連単は三連複より有効な馬券になります。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング