馬単の賢い買い方~勝つ方法。馬単必勝法と勝ち方。馬連との違い。メリット・デメリット。当たらない時

馬単の有効な買い方は?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「まず馬単の基本は、オーソドックスに単勝回収率が高い馬の1着固定だと思う」

「次に私が狙うのは、断然の1番人気に死角がある時の、1番人気2着固定、という買い方」

「尚、馬単の表裏を買うのは無意味だと私は思う。それなら控除率を考えても馬連の方が良いかと」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼馬単とは、「馬連を分解した馬券」です。

馬連は単純に、1着と2着の馬を「順不同」に当てるだけですが、馬単は1着と2着を「順番通りに」当てる馬券です。

馬単の方が難しい分、的中時の配当も高くなります。

馬単



▼基本的に馬単というのは、馬連を分解しているだけなので、「馬単の表裏」を買えば、長期的には馬連を買っているのと同じことになります。

なので、馬単の表裏を買っても、馬連を買っても同じことだと思う。

これは「長期的な回収率」という意味であり、単発ならもちろん、馬連の方がお得の時もあるし、馬単の方がお得な時もあります。

(※厳密に言うと、馬連の方が還元率(払戻率)が高いので、「馬単の表裏」より馬連の方がお得な気がする)

(※馬連の還元率77.5% 馬単の還元率75% ですね。たしか。)



▼私ブエナの印象では、馬単は、「人気のない馬が1着」の時に、比較的、美味しい馬券という印象。

馬連だと、「人気のない馬が1着」でも、配当は変わりませんが、馬単だとどちらが1着になるかで配当が大きく変わってきます。

ここが馬単の狙い目となるハズ。



▼単純に、いつも馬単の表裏を買い続けるなら、馬連でもいいわけです。

馬連ではなく、馬単を買う意味は、

おいしくない部分を買わないという選択肢が生まれる」ことです。
(マツリダ予想より引用)



▼例えば、エピファネイアが勝った2013年の菊花賞。

配当は

馬連  9.5倍
馬単 11.7倍

となりました。

馬連も馬単もほとんど配当に差がありません。

これはエピファネイアが断然人気だったため、ほとんどの人が「エピファネイア1着固定」で買ったからです。



▼上記の場合、例えば「6点流し」だとしたら、馬連だと利益が出ますが、馬単の表裏を買うとマイナスになってしまいます。

しかし、もしここでエピファネイアが2着だったら?

これは完全に馬単の利益が勝るわけです。

ほとんどの人は「エピファネイア1着固定」で買っているわけですから。



▼このように、単発のレースでは、馬連が有利な時もあれば、馬単が有利な時もあります。

しかし長期的に、100レースくらいの単位で見ていくと、馬単の表裏を買っても、馬連を買っても回収率はほとんど変わらないわけです。私の感覚では。



▼だから馬単で回収率を上げるためには、「断然人気馬を2着固定」で馬券を構成する方が良いかと。

断然人気の馬は過剰人気になるので、「断然人気の馬の1着づけ」は、回収期待値がかなり低いと思うわけです。
(あくまで私ブエナの考え方です)



馬券で負ける人は、「断然人気の馬の1着づけ」に大金をぶち込んでしまう。

しかし、このような買い方は長期的な回収率を下げてしまう印象。

なぜなら「断然人気の馬の1着固定」は、過剰人気になるから。



▼ですから私ブエナが馬単を買うときは、「断然人気馬の2着固定」で、高配当を狙うことが多いですね。

馬連ではなく馬単を買う意味は、ここにあると思っています。


とは言え、闇雲に断然人気馬を2着固定にすれば勝てるわけではない。

当然ですが、「人気だがコケやすい馬(条件)」の時に、ピンポイントで2着固定を狙うわけです。



▼私ブエナの独断と偏見ですが、馬単で回収率を上げる買い方としては、


1 断然人気馬に死角がある時、その馬を2着固定

2 1番人気は無視して、2番人気が強そうな時に、2番人気馬を1~2着固定

3 人気関係なく、単勝回収率が高い馬を、シンプルに1着固定



はい。
私が馬単を買うときは、このパターンのどれかで買うことが多いです。

「1」については、上述した通りです。

過剰人気の1番人気は、大衆心理により、1着固定の投票を集めてくれるので、2着固定がおいしいケースが増えてきます。



▼それから、「2」の、2番人気を軸にする買い方について。

私ブエナの個人的なデータですが、

馬単や三連単などの単系馬券の場合、1番人気軸は少し期待値が下がる傾向にある?

ような気がする。


1番人気に注目が集まるレースの場合、表裏を購入する人も多いので、1番人気軸は、あまり美味しくないケースが増えてくる印象。

言い換えれば、「1番人気軸が美味しくない時は、2番人気軸が美味しい」とも言えるのかなと。



▼なので、長期的な回収率を考えれば、馬単の場合、「1番人気軸」より「2番人気軸」の方が、私の場合は回収率を上げやすいです。

ただ、当然ですが、「的中率は」1番人気軸の方がかなり高いので、この辺は、回収率との兼ね合いになります。


1番人気軸でも、ヒモ馬の期待値が高く、プラス回収の見込みが立つなら、的中率が高い1番人気軸の方が、投資という観点からは有利と言えるからです。



▼ということで本日は、馬単の買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

馬単や三連単は、単系馬券なので、「単勝」に近い考え方になります。


その点で、「馬単も、超人気薄から流すと回収率は下がる」と考えられます。

なぜかというと、「超人気薄は、来る確率に対して投票が多くなりすぎると思うから」です。

当ブログでいつも書いている通りです。私の考えですが。



▼なので、馬単においても、基本的には「軸は人気馬。ヒモは人気薄」というロジックに沿わせる感じで、私は馬券購入しています。
(マツリダ予想より引用)


馬券は適当に買っていたら、長期的にはなかなか勝てません。

でも、常にロジカルに確率を考えていくことで、馬券回収率を飛躍的にアップさせることができるわけですね。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





単勝回収率と馬単の関係


▼馬単の買い方についての考察を続けます。

私の場合、馬単を買うときは、軸は1~3番人気にすることが多いです。

上述の通り、軸を人気馬にして、ヒモを人気薄にする。中穴狙いです。



▼さて、肝心の軸馬ですが、先ほどはあまり書けなかったこととして、「単勝回収率の高い馬」について少し考えてみます。

日本の競馬は、データがかなり詳細にJRAから提供されています(有料ですが)

このようなデータを駆使することによって、過去の競走馬の好走実績から、「単勝期待値が高い馬」を炙り出すことが可能です。



▼要するに、単勝回収率が高い条件の馬を探して、馬単の1着固定にすればいい。

このようなデータ分析は、パソコンが使える人で、数字にある程度強い人なら可能です。

自分でデータ分析できなくても、現在は、データ分析された情報を購入することもできます。

どちらでも、「単勝回収率が高い馬」を探すことができる。



▼単勝回収率が高いということは、「過去の特定条件のとき、その馬の単勝は期待値が高い」ということです。

そのようなデータは、サンプル数さえ確保できていれば、多くの場合、未来にも適用可能です。



▼馬単を買う場合、「単勝回収率が高い馬」を1着固定にする事で、回収率の底上げをすることが可能になります。

「単勝回収率が高い馬」の単勝をそのまま購入しても回収率が高くなりますが、ヒモ馬が絞れる場合は、単勝より馬単の方が、無駄な馬券をカットできる分、回収率が上がるということになります。

(※単勝とは、馬単1着固定総流しと同じなので。)



▼注意点として、過去のデータを遡って「単勝回収率が高かった馬の条件」を探す事は簡単ですが、それで馬券利益を出す事は容易ではないという点です。

例えば、「東京2000メートルで、この種牡馬は単勝回収率が160%だ!コイツを馬単1着固定で、大儲けだ!」

というパターン。

これは多分、失敗します。



▼なぜかというと、「過去のデータ分析を未来に適用させようとしても、そのほとんどは失敗するから」です。

ちょっと意味がわからないかもしれませんが、実際にやってみるとわかります。

自分で、JRAの有料データを購入して分析しても、利益を出すまでにはかなりの時間がかかる。



▼上述した通り、データ分析すれば、単勝回収率が高い馬の条件を探し出す事は簡単です。

しかしそれは、過去の結果にすぎない。

しかも、「過去の、ある一定期間の結果にすぎない」わけです。



▼要するに、「過去1~2年ではプラス」でも、「過去3~4年ではマイナス」

ということがザラに起こる。

では、その場合のデータ分析は、有効なのか?

私ブエナの感覚では、この場合は、過去1~2年プラスの「反動」が出て、実際に馬券購入を始めると連敗する可能性の方が高いかな、と思いますね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング