馬連で当てたい時~流しかボックスか。馬単との違い。的中率・回収率を上げる軸馬

馬連を当てる方法は?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「馬連を当てるだけなら簡単。上位人気のボックスか、断然人気から流せば良い」

「ただ、それでは的中率は上がっても、回収率が上がらないので、私ブエナはあえて的中率を下げて、中穴を狙うことが多い」

「具体的には、人気馬+人気薄の形」

(マツリダ予想より引用)


ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼初心者さんから、ベテランの競馬ファンまで、幅広く人気が高い馬券種が、

馬連」です。

競馬をやる人なら、馬連を買ったことがない人はいないと思います。

馬連というのは、ご存知の通り、「1着2着を順不同で当てる馬券」ですね。

馬連



▼さて、この馬連。的中率と回収率を上げるには、どのような買い方がベストか?

馬連での狙い方には、いくつかのパターンがあります。


1 大穴を取る

2 中穴を取る

3 本命サイドを取る




▼上記の3つは、買い方によっては、どれでも利益を出すことが可能です。

ちなみに私の買い方は、2番目の「中穴を取る」です。


これが一番リスクなく利益を出すことができると思うからです。

マツリダ予想で、推奨しているのも中穴です。



▼と言っても、中穴狙いだけが競馬ではありません。

人それぞれ資金力が違うし、好みの買い方も違うわけですから、誰かと同じ買い方をしなければ勝てないという事はありません。



▼例えば、1番の大穴狙いは、一回の的中で一気に回収し、利益を出すことができます。

大穴狙いは、利益を出しやすい狙い方なんですが、「的中までの時間」が長くかかってしまいます。

つまり、「大穴狙いは連敗しやすい」ということです。



▼大穴狙いは連敗しやすいため、当たりを引くまでに、心が折れてしまう人が多いです。

せっかく大穴を狙っているのに、ちょっと連敗したからといって、すぐやり方を変えてしまうと、

「回収率 0%」で、やめてしまうことになってしまうわけです。


ここが大穴狙いの難しいところ。

メンタルの強い人じゃないと続かないわけですね。



▼それと、馬連の大穴狙いでの注意点として、

基本的には、人気薄同士の組み合わせは、期待値が低くなりやすい

というデメリットがあります。



▼つまり、馬連の大穴は、購入する人が多いわけです。

的中確率が低い割には、馬券が売れるゾーンになります。

そのため、「馬連の大穴ゾーン」は、均等買いだとなかなか回収率を上げにくいと思われます。
(マツリダ予想より引用)



▼ちなみに、馬連の組み合わせを考えてみます。


1 大穴⇒「人気薄+人気薄」

2 中穴⇒「人気馬+人気薄」

3 本命サイド⇒「人気馬+人気馬」



基本的には、このような組み合わせになります。

このように考えると、「大穴と本命サイドは、大衆心理で投票が集まりやすい(過剰人気になりやすい)」傾向にあると、私は感じます。


つまり、回収率はやっぱり「中穴狙い」が上げやすいかなと思います。
(当然、レース条件によって違ってきますが。 )



▼では逆に、「本命サイドの馬連を狙う」というケースはどうでしょうか。

この場合は、大穴狙いとは反対に、的中率は非常に高くなります。

本命サイドを狙っているわけですから当然ですね。

ただ、本命サイドですから配当が低すぎるわけです。



▼本命サイドの低配当の部分を狙っても、「回収率」が伸びてこない。

ですから本命サイドを狙う場合は、「均等買いでは厳しい」ということになります。

つまり「資金配分」もしくは「レース選定」する必要が出てくるわけです。



▼本命サイドの馬連を狙っている人が、なかなか利益を出すことができないのは、この資金配分がうまくできていないからです。

ダメな例としては「連敗すると賭け金が少なくなっていく人」

初心者さんに多いタイプですが、連敗すると自信がなくなって、どんどん賭け金が少なくなっていくわけです。



▼しかし、競馬というのは「連敗期の後こそ期待値が高い」とも言える。

なので、連敗した後に、賭け金を少なくしてしまうと、せっかく的中しても回収できないわけですね。



▼最後に、馬連は「流しか?ボックスか?」

これについては、「レースによって違う」ということになります。


「軸馬が明確なら流し」「混戦模様ならボックス」

基本中の基本ですが、このような買い方が安定すると私は考えます。



▼ただし、「軸馬が明確なら流し」とはいっても、断然の1番人気からいつも流していては、回収率が下がりますので要注意です。

ちなみに私の場合は、断然の1番人気の馬から流すことは、ほとんどないです。

やるとしたら、「断然の1番人気馬に勝てそうな、2~3番人気から流し」です。



▼この買い方は、断然の1番人気があまりにも強いため、的中率は低くなりますが、その反面、回収率は上げやすい。

なぜなら、断然の1番人気馬が過剰人気になるので、それ以外の人気馬の期待値が上昇するからですね。



▼ということで本日は、馬連の買い方について、私の独断と偏見で書いてみました。

馬連で「流し」をする場合、「軸馬は人気馬」の方が、回収率が高くなるケースが多い気がします。


逆に「人気薄からの流し」は、超大穴ゲットの魅力はありますが、そのような買い方をする人が多いため、なかなか長期回収率を上昇させるのが難しかったりしますね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



馬連ボックスの買い方


▼馬連で当てる方法についての考察を続けます。

上述したように、馬連を的中させるだけなら簡単です。

上位人気の馬でボックス馬券を構成すればいいだけ。

具体的なデータも見てみます。


【馬連1~9番人気ボックス】
重賞レース
2013~2016.11
528レース分析(ブエナ調べ)


買い目点数36点
的中率85%
回収率76%


はい。
重賞レースで、1~9番人気ボックスの的中率は、85%です。

つまり、10番人気以下の馬が連対してくる確率は、15%しかない。



▼なので、的中率を求めるなら、10番人気以下の馬は無視して、9番人気までの馬で馬券を構成すればいい。

基本的中率が85%ですが、回収率が76%なので、この「36点」の買い目から、余計な買い目をカットすることで、回収率100%超えを狙います。



▼このようにシンプルに考えてみると、「馬連を当てたい!」とか、力まなくても、当てること自体は簡単であることがわかります。

馬連が当たらないと言っている人は、10番人気以下の馬を無理矢理購入したり、1~9番人気から、わざわざ当たり馬券を自分でカットしているということになります。



▼とは言え、確実に的中馬券を選べるわけはないので、「平均的に期待値が高い馬を残す」ということになります。

私ブエナの場合は、

「期待値の高い軸馬(人気馬)がいるとき、その馬から馬連流し」

「あるいは、期待値の高い中穴がいるとき、その馬から人気馬へ馬連でぶつける」

このような購入をする事が多いです。これもマツリダ予想からの引用です。



▼ちなみに、先程の「1~9番人気馬連ボックス」の回収率は76%でしたが、ここから、「14頭立て以上のレースに絞る」と、簡単に回収率が上がります。

少頭数のレースだと、多点ボックスでは回収できないので、多頭数のレースに絞る。

ただこれだけで、回収率が上がってきます。


馬券というのは、このような小さな「絞り込み」を繰り返すことで、少しずつ回収率を上げていくことが可能です。

そして最終的に、回収率100%超えを狙っていくわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング