インターネットで馬券を買うと負ける?競馬場に行くと負ける?プラス収支・初心者の勝ち方

ネットと競馬場、どっちが勝てるか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「私の場合は、競馬場やWINSに行くより、インターネット投票の方が回収率を上げやすい気がする」

ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼最近はインターネットやスマホの普及から、自宅にいながらにして馬券を買うのが当たり前になりました。

昔は、ARSなどの電話投票をするしかなかったのですが、便利な時代になったものです。

IPAT


それでも競馬の醍醐味は、やはり「現場打ち」

競馬場でライブ観戦する楽しさは、インターネット投票とは全く違いますね。

G1での大歓声は、本当に感動します。



▼さて、そんな理由で競馬場に、今でも足を運ぶ人は多いのですが、

「競馬場に行くと何故か負ける」

という経験はありませんか?



▼私自身も、インターネット投票と現場打ちでは、やはりインターネット投票の方が、回収率が高くなっています。

これはなぜか?


私の場合ですが、これは単純に「余計な馬券を買ってしまうから」だと思う。



▼私ブエナの場合、家で、パソコンやスマホを見ながら馬券を買うときは、余計な馬券は買いません。

期待値の高いところだけを狙って、それだけを買います。


でも、競馬場に行くと、なんだかテンションが上がってしまって、

「本来、見送るべきレース」

「本来、買うべきではない馬」

このような馬券まで買ってしまうわけですね。



▼馬券でプラスにする方法は、


「期待値の高い馬券だけを買う」

「無駄な馬券は買わない」


これが大前提になります。



▼ですから、競馬場で余計な馬券を買ってしまうというのは、回収率を下げてしまう原因となります。

競馬場というのも1つのアミューズメントであり、エンターテインメントなので、「ついつい馬券を買ってしまう」ように作られているわけです。

ディズニーランドで、ついつい、クソ高いお土産をたくさん買ってしまうのと同じですね。



▼ですから、回収率や馬券利益だけを考えるのであれば、やはりインターネット投票に徹するのが良いかと思います。

しかしながら、あまりにも利益にこだわって、無駄を省いていくと、だんだん競馬が「楽しくなくなる」時期にさしかかります。


「楽しみながら馬券利益を出したい」と思っていたのに、競馬が楽しくなくなったら本末転倒です。



▼ですから、私は競馬場に行くときは、ある程度の負けは覚悟していきます。

「競馬場は楽しむために行く」という割り切りも必要かと思います。


利益を狙うなら、家でパソコンと向き合って、しっかりとデータを分析する。

競馬場に行くなら、多少のマイナスは覚悟で思いっきり楽しむ。


このようなメリハリをつけた方が、結果的に競馬を楽しみながら、利益を出すことができるのではないかと思います。



▼ということで、私ブエナの結論としては、やはり競馬場に行くと負けやすい、と思います。

競馬場に行って大きく負けないコツは、

「購入レース数を増やしすぎないこと」

これに尽きますね。


競馬場に行って、1レースから12レースまで、全部のレースを均等に買っていくと、負ける確率が急上昇するのでご注意ください。



▼ちなみに、競馬場やwinsに行って、大きく負けない買い方。

私の場合ですが、

その日、買うべき馬券を、まとめて購入する

です。



▼逆に、1レースづつ「終わったら次!」という感じで、追い立てられるように馬券購入を続けていくと、1日が終わる頃には、かなりのマイナスが出ていたりします。

これは、先ほども書いたとおり、「本来買うべき、期待値の高い馬券」だけでなく、どうでもいい馬券まで大量に購入してしまっているからですね。



▼「外れた!くそー!次のレースで勝負だ!」という感じで、どんどん馬券購入していくと、冷静さを失います。

全体が見えなくなる。そして、賭け金が大きくなってしまったり、大穴狙いになってしまったりするんですね。
(経験談)



▼それもまた、ギャンブルの魅力なのですが、当ブログの目的は、「長期回収率を向上させること」なので、回収率を高めるためには、気持ちのままに馬券購入しない方が良い。

回収率を高めたければ、「その日、期待値の高い馬券」だけを購入するしかない。

ここは自分との戦い。

難しい部分ですが、「馬券を買いたい衝動」に流されると、負ける可能性が高くなってしまいますね。



▼ということで本日は、競馬場に行くと負けるか?について、私の独断と偏見で書いてみました。

競馬場は楽しむところであり、ある程度、負けを覚悟して行く方が良いですね。

遊園地に遊びに行っても、お金がかかる。それと同じような感じです。


回収率や利益にこだわるなら、楽しみたい気持ちを抑えこむ、ということが必要になると思いますね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



競馬場に行っても大きく負けない方法


▼インターネット投票と競馬場の違いについての考察を続けます。

私ブエナの場合、競馬場で、朝の1レースから、最終の12レースまですべての馬券を購入して、「今日は勝ちまくった!」と思った事はほとんどありません。

1レースから最終レースまで購入した日は、多くの場合、マイナス収支になっていたように思います。



▼私の場合、今でこそ年間プラスを継続できていますが、それまではマイナス街道を驀進していました。

負け組から抜け出したくて、私もいろいろ工夫したわけですが、その中で1番大きく変わったのが、

「その日に狙ったレース以外、購入するのをやめた」ことです。



▼JRAとしては、たくさん馬券を購入してほしいのかもしれませんが、私は勝つために競馬をやっているので、今はドライに割り切っています。

前日から当日の午前中までに、「その日購入したいレース」を絞り込みます。

そして、お昼くらいにまとめて購入してしまうことが多い。

お昼にマツリダ予想を見て、自分の予想とすり合わせて、問題なければまとめて購入する、という感じです。



▼このやり方なら、自分の期待値に対するロジックさえ間違っていなければ、年間プラスになります。

ひたすら期待値が高い馬券だけを狙うわけですから、プラス収支になる可能性は高いわけです。



▼しかし、競馬場やwinsに行くと、そうは行かない。

私もたまに競馬場に遊びに行きますが、やっぱりテンションが上がってしまうのが自分でもわかります。



▼インターネットで投票するときは、競馬新聞も使わないし、パソコンかスマホで、デジタル競馬です。

でも、競馬場では、スポーツ新聞や競馬新聞の匂い。

赤ペンで丸をつけていくドキドキ感。

マークシートを塗る新鮮さ。

楽しいです。



▼この楽しさが、私のテンションを上げてしまい、購入レース数を増やしてしまう。

つまり、「期待値的によくわからないレースまで購入してしまう」わけです。


期待値分析ができていないレースを購入するということは、控除率の25%を超える事が難しいという事でもある。

だから私の場合、競馬場で馬券を買うと負けるのだと思います。



▼最近は、競馬場で勝つために、「競馬場に行っても、最初に狙っていたレース以外、手を出さない」ようにしています。

これはこれで、なかなか忍耐力が必要なわけですが、サラブレッドが走っているだけでも美しいし、競馬場には意外と美味しい食べ物も多いので、のんびり観戦するのも楽しいです。



▼このように、競馬場でも勝負するレースを絞る。

これをやるようになってから、私は競馬場でも、まずまずの収支を出せるようになっています。

やはりレース選びは重要です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング