競馬は熱くなったら負ける~馬券は冷静さが重要。メンタル・精神力・忍耐力。プラス収支

競馬は熱くなったら負けるか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「競馬に限らず、すべてのギャンブルは、期待値の高い部分だけを狙うことで利益を出すことが可能になる」

「なので、熱くなって周りが見えなくなれば、長期的には、ほぼ確実に負けると思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼競馬は、わずか数分にすべてをかける、熱いスポーツです。

私もスポーツとしての競馬が大好きです。


そして競馬には、スポーツとしての魅力だけでなく、「ギャンブルとしての魅力」もあるわけです。

ギャンブル



▼競馬をギャンブルとしてみた場合、馬券で勝つためには「冷静さ」は必要不可欠です。

競馬に限らずギャンブルはすべて、

期待値の高い部分に集中して賭ける

というのが勝つための方法になります。



▼パチンコでも、高設定の台を打ち続けることで利益が出ます。

競馬も本質的には同じで、「期待値の高い馬券」を買い続けることで利益が出るわけです。



▼ですから、競馬で勝つためには、

自分の好き嫌いはとりあえず置いておいて、期待値の高い部分だけを狙う

という冷静な視点が絶対に必要になるわけです。



▼競馬は熱くなったら、長期的にはほぼ負けます。
(経験談)

これはなぜかというと、「冷静に期待値を考えられなくなるから」です。



▼パチンコの場合は、その台が高設定であるならば、ただひたすら回し続けるだけで利益は増えていきます。

しかし競馬の場合は、自分で馬券を構成しなければならない。

常に「勝つためのルール」に則って、自分で考えて馬券を買わなければならないわけです。



▼競馬は熱くなったら負ける、と言うのは、熱くなることによって自分のルールを忘れてしまい、めちゃくちゃなフォームになってしまうからです。


スポーツと同じで、フォームを崩したら当たるものも当たらなくなります。

「ドツボにはまる」という状態を経験した事は、誰にもあるかと思います。

冷静さを欠くと、馬券はドツボにハマります。



▼例えば、競馬では「断然の1番人気」からの馬券は、期待値が低いケースが多いです。

多くの競馬ファンが買う馬券は、当然期待値が低くなり、儲からない馬券となるからです。


多くの人が、このような基本を分かっていながら、それでも不的中が続くと、自分のフォームを崩して「当てに行く」ということをやってしまうわけです。

そのまま続けていれば、次は的中できたのに、途中で買い方を変えるから、ドツボにハマるわけですね。



▼あるいは逆に、負けが込んできたら、1発逆転を狙って大振りになってしまう。

本来は、本命党だったり中穴党だったりする人が、追い込まれると、「大穴狙いだ!」と、自分のフォームを忘れてしまうわけですね。

誰しも経験があると思います。私もあります。

これは、どんなに競馬歴が長い人でも、油断すると陥ってしまう罠です。



「自分のフォーム」「自分のスタイル」「自分の買い方」

これは競馬で勝つために必須の条件となります。


自分のスタイルが決まっていない人は、まだ馬券で勝負する段階ではないと言っても過言ではありません。

素振りをしないでバッターボックスに入るようなものです。



▼馬券で勝つには、

「期待値の高い馬券だけを買う」

「自分のルールを決めて冷静にそのルールを守る」



このような視点が必要です。

これは、競馬に限らず、株のデイトレーダーなどにも必須の条件とされています。



▼株のデイトレードは、「感情が無い人間ほど成功する」と言われます。

それは、「自分で決めたルールを徹底的に守る人が成功する」ということだと思います。

競馬も同じですね。



▼毎週、PATの口座にお金を入れ続ける状況から抜け出したいなら、「勝つための買い方」をしなければなりません。

感情に流されたら、馬券収支はマイナスになっていく一方です。


ですからまずは、「馬券で勝つための知識を身につける

そして「自分のルールを決めて、それを守る

これが馬券収支をプラスにするための基本であり、第一歩と言えます。



▼ちなみに、逆説的ですが、「競馬は熱くなったほうが楽しい」という面もあります。

競馬に限らずですが、人間は感情が揺れ動いた方が楽しさを感じるので、それがお金を減らすものであると分かっていても、ついつい楽しさを求めて熱くなってしまうんですね。



▼これは人間の本能的な部分なので、「熱くならずに馬券購入する」というのは、本当に難しいです。

でも勝つためには、それをやらなければならない。

常に冷静に、自分自身と向き合わなければならない。


遊ぶだけなら適当に馬券を買ってもいいんですが、回収率を上げたいとか、利益を出したいと思ったら、自分の感情をコントロールすることが必要になります。



▼ということで本日は、競馬は熱くなったら負けるということについて、私の独断と偏見で書いてみました。

「馬券の楽しさと利益は相反する」

という部分があると、私は思っています。


馬券に、興奮や楽しさを求め過ぎてしまうと、お金は失われてしまう。

出来る限り冷静に馬券購入していきましょう。

私もパソコンの前に、自分を律するための「張り紙」がたくさんあります。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



競馬で熱くなって負けやすい条件


▼競馬は熱くなったら負けるか?についての考察を続けます。

私の経験から、競馬で熱くなりやすい条件を考えてみます。

それはまず、「1レースから12レースまで、順番に参戦してしまうこと」です。



▼競馬は、朝の10時くらいから夕方の4時くらいまで、順番にレースが進められていきます。

これを順番に参加して行ってもいいし、ピンポイントで参加してもいい。

ではどちらが馬券で利益を出しやすいのか?



▼私ブエナの考えですが、

「1レースから順番に参加していくと、高確率で負けると思う」


競馬で感情的になったり、熱くなったりするのは、順番にやっていくから。

これを逆に、「自分が狙ったレースだけ参加する」という形にすれば、感情が揺れ動く幅はかなり狭くなると思うわけです。



▼だから私ブエナは、「その日に勝負するレースは、最初に決めて、それ以外は購入しない」という形にしています。

私も昔は、朝の1レースからテンションを上げて順番に参加し、競馬を楽しんでいました。

それはそれで楽しかったんですが、このスタイルの時は、年間プラスはおろか、月間でもほとんどプラスになっていなかった印象です。



▼順番にレースに参加していくと、どうしても熱くなってしまう。

ハナ差で負けたとき。軸馬が出遅れたとき。自分が買っている馬が不利を受けたとき。

このような時、「次こそは!!」と心が燃えてしまい、余計なレースに手を出したり、賭け金が増えたり、買い目点数が増えてしまったりするわけです。



▼あと熱くなりやすいレースとして、「最終レース」がある。

最終レースは、私の経験では、かなり危険です。

多くの競馬ファンは、メインレースが終わった段階で負けている。


だからそれを取り戻そうとして、最終レースに夢を求めてしまう。

全額勝負してしまうわけです。

そして帰りの電車賃もなくなり、オケラ街道を歩くことになる。



▼このように、競馬で熱くなって負けるのは、「その日に勝負するレースを決めていないから」だと思う。

前日からしっかり検討して、「このレースだけ勝負する」と決める。

当日は、オッズのチェックや、馬体重のチェック程度にして、初志貫徹。

余計なレースには、手を出さない。

これを守れば、冷静に周りが見えるし、熱くなって大きく負ける、ということも少なくなっていくと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング