血統の見方・考え方~馬券術と狙い方。血統初心者が勝つ方法。どこを見ればいい?

簡単な血統の見方は?

私(ブエナ)の経験則で簡単に書けば、


「まず私が思うに、重賞レースで回収率を上げやすい種牡馬は、中長距離ならキングカメハメハ産駒。短距離ならダイワメジャー産駒」

「ディープインパクト産駒は、距離不問で安定的な回収率になるが、安定する一方で、高回収率という点では、上記の2頭に劣る印象。それでも十分優秀」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼まず、具体的なデータから見てみます。


【重賞レースの血統データ】
2010~2016.11
758レース分析(ブエナ調べ)


1600m以上の重賞

キングカメハメハ産駒
連対率16%
単勝回収率117%


ディープインパクト産駒
連対率23%
単勝回収率83%


はい。
1600m以上の重賞で、キングカメハメハ産駒の単勝を買うだけで、プラスになってしまう。

大舞台での勝負根性は、キンカメ産駒が圧倒的な印象。



▼それに対して、ディープインパクト産駒は、回収率こそ平凡ですが、連対率は素晴らしい。

これは、ディープインパクト産駒が過剰人気になりやすい事を示している様にも思います。

軸馬としての安定度を考えると、ディープインパクト産駒は最適。

私も、ディープインパクト産駒を軸馬にすることが多いです。



▼ついでに言うと、

スクリーンヒーロー産駒
連対率38%
単勝回収率187%


これはすごい。
モーリスとゴールドアクターで数字を上げている部分もありますが、それ以外の馬も優秀で、スクリーンヒーロー産駒も大舞台での勝負根性がある印象です。



1400m以下の重賞

ダイワメジャー産駒
連対率17%
単勝回収率122%


はい。
短距離の重賞レースでは、ダイワメジャー産駒が回収率を上げやすい気がします。

短距離と言えば、サクラバクシンオー産駒ですが、サクラバクシンオーは下級クラスでの信頼度は高いんですが、重賞レースだと、あまり儲からない印象です。


サクラバクシンオー産駒
連対率15%
単勝回収率69%

こんな感じです。



▼さて、このような大まかなデータを頭に入れたところで、さらにマニアックに、血統と馬券について考えてみます。

競馬は「ブラッドスポーツ」と言われます。

つまり「血が走る」ということです。


競馬の歴史は血統の歴史であり、血統こそが競馬のロマンであると考えている人も多いです。

オル 血統



▼さて、そんな血統を使って、馬券で儲けることはできるのか?

サラブレッドというのは、血統によって「得意・不得意」があります。

なので、「この条件が得意な血統」というものが必ず存在するわけです。



▼「血統派」と言われる人たちは、このような血統による特性を武器にして馬券を買うわけです。

私ブエナが思うに、馬券で利益を出している人のタイプは、大きく分けて3つかなという感じです。


「データ派」

「パドック派」

「血統派」


ですね。



▼「プロ馬券師」と呼ばれる少数の人々は、上記の3つのどれかに当てはまっていることが多い印象。

ちなみに、「騎手と調教師の関係」「乗り替わり狙い」などは、データ派と言えます。



▼さて、血統の話に戻りましょう。

血統で馬券利益を出すことは出来るのか?


もちろん、できます。

どんな馬券理論であっても、そこに「期待値的な優位性」がある限り、必ず利益を生むことができると、私ブエナは考えています。



▼私は、血統はめんどくさいので、データ派ですが、血統に集中すれば利益を出すことができると思います。

ポイントは「期待値」です。

馬券はすべて期待値から始まる。
(マツリダ予想より引用)



▼逆に言えば、どんなに血統に詳しくても、期待値を知らなければ勝てないと思う。

例えば、「重馬場ならオペラハウス産駒が強い」とか、「瞬発力勝負ならディープインパクト産駒」

というベタな考え方があります。

これはこれで正解なのですが、これだけでは馬券で利益を出す事はできないわけです。



▼馬券で利益を出すには、そこに「オッズ」を加味しなければならない。

考え方としては、


「重馬場ならオペラハウス産駒だが、過剰人気になっているから手を出しにくい」

というようなアプローチの仕方になります。


逆に、

「瞬発力勝負になりそうだ。ディープインパクト産駒が意外と人気になっていないので狙い目」

という考え方などですね。



▼馬券は常に「オッズ」と「期待値」を同時に考える必要があります。

これはデータでも血統でもパドックでも、馬券で利益を追求するなら、必須の考え方です。


競馬にめちゃくちゃ詳しい人で、過去のレースや血統なども詳しいのに、トータルの馬券収支がプラスにならない人は多いです。

これは上述した、「オッズ」と「期待値」の概念が抜けているからなんですね。



▼ということで本日は、血統についての考え方を、私の独断と偏見で書いてみました。

血統は非常に奥が深く、今日書いた内容などは、ほんの表層的な内容です。


血統はとてつもなく奥が深く、ハマりすぎると「馬券で儲ける」という、本来の目的を忘れがちになるので、そこは気をつけなければなりません。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



特別戦でのキングカメハメハ産駒とディープインパクト産駒の成績


▼血統の簡単な見方についての考察を続けます。

今は、競馬の血統に関する書籍や、サイトが増えてきたので、情報はいくらでも手に入ります。

しかし、それを使って利益を出せるかどうかは「使い手による」わけです。



▼素晴らしい道具を持っていても、使い方が間違っていたら結果を出すことはできない。

「使い方」というのは、「オッズと期待値」


ですから、「血統で勝負しよう!」と思っている人は、血統に詳しくなるだけではなく、常に「オッズと期待値」も同時に考えていく必要があると思う。



▼それでは、具体的な血統データも見てみましょう。

2015年11月の段階で、最も活躍馬を出しやすい種牡馬は、

「キングカメハメハ」と「ディープインパクト」です。
(あくまで私ブエナの考え方です)



▼全頭数のうち、オープン馬が占める割合はそれぞれ、

「7.8%」と「10.8%」


他の種牡馬では、オープン馬の割合は「1~5%」です。

繁殖牝馬の質が高いとは言え、やはりキンカメとディープは、種牡馬として素晴らしい成績を残していると言えます。



▼さて、それではまず、キングカメハメハ産駒のデータを分析してみます。


【キングカメハメハ産駒の特徴】
2010~1015
特別戦
3911頭分析
芝&ダート


(平均)単勝回収率85%

(G3)単勝回収率135%

(G2)単勝回収率126%

(G1)単勝回収率41%

(馬体重500キロ以上)単勝回収率148%

(札幌・函館)単勝回収率122%

(G3~G2の9~11番人気)単勝回収率358%

(馬体重500キロ以上で10番人気以下)単勝回収率345%

(G1で1~6番人気)単勝回収率107%



はい。
キングカメハメハ産駒は、狙い目が沢山あって面白いですね。

「500キロ以上での2ケタ人気のキンカメ」と「G3~G2の9番人気以下」などは、簡単に回収率を上げるための狙い目として、覚えておいてもよいかと思います。


あと、なぜかキンカメ産駒は、GIの回収率は低めですが、1~6番人気までの人気馬は、信頼できます。



▼では次に、ディープインパクト産駒のデータも見てみましょう。


【ディープインパクト産駒の特徴】
2010~1015
特別戦
3144頭分析
芝&ダート


(平均)単勝回収率69%

(重賞)単勝回収率74%

(札幌)単勝回収率162%



はい。
ディープインパクト産駒は、良血馬が多いためか、「極めて過剰人気になりやすい

そのため、平均回収率が低いです。

「ディープインパクト産駒だから買おう!」と、考える人が多いわけですね。



▼私は個人的には、ディープインパクト産駒はあまり期待値は高くないと感じます。

「強さ」と「儲かるか」は、全くの別問題ということですね。

ただ、軸馬とするなら、ディープインパクト産駒の安定感は武器になる。


あとなぜか、「札幌競馬場」のディープインパクト産駒は、やたら回収率が高いです。

一応、頭に入れておくと良いかと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング