初心者は芝とダートどっちが勝てる?芝は難しい?ダートは簡単か。買い方と攻略法・必勝法

芝とダートどっちが勝てるか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「ダートの方が的中率は上げやすいと思う」

「ただ、芝の方が回収率は上げやすい気がする」

「ちなみに、私ブエナは、芝のレースで勝負することが多い」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼JRAの中央競馬には、「芝のレース」と「ダートのレース」の2種類が混在しています。

厳密に言えば、「障害レース(ジャンプ)」というのもあるのですが、障害レースは馬券で勝つためには、あまり勝負したくないレースなので除外します。



▼さて、そんな芝のレースとダートのレース。初心者さんが勝ちやすいのはどっちでしょうか。

芝とダート



いろいろな競馬の文献やホームページなどを見ていると、

「初心者はダートの方が勝ちやすい」と書かれているケースが多いです。

これは本当でしょうか?



▼私から見ると、「勝ちやすい」というのが、何を指しているのか?によると思います。

つまり「的中率」なのか「回収率」なのか。

目指す目標によって、芝のレースかダートのレースか、どっちにするかが変わってきます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼全く馬券を当てることができない初心者さんは、「ダートのレース」の方が当てやすいことが多いです。

なぜかというと、ダートのレースは、「強い馬が強い競馬をすることが多いから」です。


ダートのレースは、砂の上を走るため、芝のレースのようにインコースが荒れてきたり、芝の長さが変わったりすることがないため、基本的には強い馬が強いです。
(トラックバイアスの影響が少ない)



▼なので、ダートのレースは「強い馬から流す」という買い方で、比較的簡単に馬券を的中させることができる傾向にあります。

また、ダートのレースは「連勝中の馬」の勢いが、そのまま着順に直結することも多いです。

つまりダートの場合、連勝している馬は、今回も好走する確率が高いわけです。



▼それに対して、芝のレースはどうか?

芝のレースは、ダートのレースに比べて、「着順に影響を及ぼすファクター」が多岐にわたる印象。

芝のレースは、ちょっとしたことが大きく着順を変えてしまいます。



▼簡単に言えば、ダートのレースは強い馬が上位に来やすい。

芝のレースは、馬場状態や展開や枠順によって、着順は大きく変わる。

というイメージです。私の印象ですが。



▼かなりざっくりと説明していますが、このことから考えると、

「的中率を上げやすいのは、ダートのレース」

「回収率を上げやすいのは、芝のレース」


を買う方が良いかなと。

私の個人的な感覚です。



▼その他、細かいことを言えば、ダートのレースは「スピード指数」が比較的有効です。

ダートのレースは強い馬が強いので、「タイム」によって着順を予想しやすいという面があります。


特に、ダートの場合は「水分含有量」が増えると、砂が固くなり、高速馬場になります。

この場合、「ダートの持ち時計」で、軸馬の信頼度をチェックしたり、穴馬を発掘できたりします。


なのでやはり、「馬券の当てやすさ」で言えば、私はダートの方が当てやすいと思います。



▼ただ、競馬というのは、馬券を当てるゲームではなく、「儲けるゲーム」です。

どんなに馬券を当てても、利益が出なければ意味がないわけです。


この辺は、競馬への向き合い方が、人それぞれなので一概には言えないのですが、私の場合は、的中率を犠牲にしても、利益を出したいと考えています。



▼なので、私が馬券を買うときには、ダートのレースでは比較的、強い馬から買うことが多いです。

逆に、芝のレースでは、少しひねった馬券を買います。それによって回収率がアップするからです。



▼ちなみに、「万馬券」は、多くの人が取りたいと思っていると思います。

この万馬券の取り方を考えても、芝とダートでは狙い方が少々違ってきます。


上述した内容から勘案すると、万馬券を狙う場合、

「ダートは、強い馬から、かなりの人気薄に流す」

「芝は、やや強い馬から、やや人気薄へ流す」



私ブエナの場合は、こんな感じのイメージでとらえています。

ニュアンスが微妙ですが、具体的に書いてみると、


「ダートは、断然人気馬から、10番人気以下へ流し」

「芝は、2~3人気から、5~9番人気あたりへ流し」


私の場合は、このような馬券構成にすることが多い。

ダートは、「ものすごく強い馬」と、「かなり弱い馬」が同時に3着内に入ってくることが多いのに対し、
芝は、そこそこ強い馬達が、まとめて入ってくるイメージですね。
(あくまでも私ブエナの独断と偏見です)



▼とは言え、これらの傾向も「距離」によって、変わってきます。

例えば、ダートの場合、

ダート1000m
ダート2000m
ダート2400m


の、1番人気は、かなり信頼度が高くなり、すべて単勝回収率がプラスになっています。
(2010~2015データ。特別戦)



▼これに対し、芝のレースでは、1番人気がプラスになる条件が、ダートより少ない印象です。

芝1000mの1番人気は、ギリギリプラスですが、それ以外の距離の場合、芝の1番人気は、ダートより信頼度が少し下がりますね。

逆に言えば、芝のレースの場合、1番人気以外の馬が儲けやすいケースが多いとも言えます。



▼ということで本日は、芝とダートどっちが勝てるか?について、私の独断と偏見で書いてみました。

私の場合は、回収率重視なので、ほとんど芝のレースで勝負しています。


ただ、芝のレースでもダートのレースでも、期待値が高い部分を狙いすまして馬券購入すれば、どちらでも勝つことが可能です。

適当にフィーリングで馬券を買えば、芝でもダートでも負けます。


なので、馬券は、「まず馬券知識を身につける」ということが、最初は重要だと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ダートで大穴を狙う際の注意点


▼芝とダートどっちが勝てるか?についての考察を続けます。

私ブエナが、芝のレースで勝負することが多いのは、中穴狙いがやりやすいからです。

マツリダ予想でレース選びをしているので、必然的に芝のレースで中穴狙い、というスタイルになります。



▼上述したように、ダートのレースでも、軸馬の期待値が高いレースで、ヒモを薄目に流せば、中穴~大穴をゲットすることは可能です。

ただ、「断然人気の馬」も「超人気薄」も、平均的には、どちらも長期期待値が低くなりやすいと思うわけです。



▼期待値が低くなりやすいというのは、過剰人気になりやすいという意味です。

超人気薄が、なぜ過剰人気か?

この場合の過剰人気という意味は、「ほとんど来る確率がない馬なのに、それにしては投票が入りすぎている」という状態です。



▼例えば、15番人気の馬は、1番人気の馬と比べても、ほとんど馬券は売れません。

ただ、「15番人気の馬が来る確率」と「15番人気の馬のオッズ」を見比べてみたときに、確率以上に売れてしまうケースが多いと思うわけです。

それだけ、大穴の馬には魅力があると言えます。



▼話を戻しましょう。

ダートのレースでは、大穴の激走が多い。

ダートは展開次第で、弱い馬でも前残りできてしまうことがあるので、大穴が出やすいと思うわけです。


だからこそ、先ほど書いたように、「ダートでは、信頼できる軸馬から、大穴に流す」という戦略で、回収率を上げることが可能なわけです。



▼ただ、ここで先ほどの話と繋がるわけですが、「大穴の馬」は、確率以上に売れすぎてしまうことが多い。

なので、平均的な回収率がどうしても下がりやすい印象です。

その辺も勘案して、私ブエナは、ダートのレースで大穴を狙うより、芝のレースで中穴を狙う方が、回収率を上げやすいと感じるわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング