変則開催は荒れる?3日間開催・お正月・月曜競馬~大荒れも。予想が難しい。読めない

変則開催は荒れるか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「3日開催やお正月などの変則開催は、通常のデータ通りに行かないケースが多い気がする」

「なので私ブエナは、変則開催の時は、いつもより少し賭け金を下げて遊ぶことが多い」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼通常、JRAの競馬は土日に開催されます。

月曜日から金曜日までは、調教をチェックしたり、事前に予想をしたりして、土日に競馬を楽しむ。

これが標準的な競馬のスケジュールです。

変則開催



▼しかし最近は、JRAも、売り上げの低迷を打破するために、いろいろな戦略を練ってくるようになりました。

そのうちの1つが、「変則開催」です。


例えば、通常競馬は土日だけの開催なのですが、月曜日が祝日の時などは、「土日月」と3日連続で競馬を開催するわけです。



▼なぜ3日連続で競馬を開催するのか?

それは「売り上げが伸びるから」です。


二日間で競馬を開催するよりも、三日間で競馬を開催した方が、JRAの売り上げが伸びるわけですね。



▼これにより、最近は本当に三日間開催が増えました。

2013年の年末などは、有馬記念の次の日まで競馬を開催する始末。

JRAも必死なのはわかりますが、有馬記念の後に競馬をやるというのは、やはり違和感があります。

調教師や騎手など、競馬関係者にも負担がかかります。



▼確かに、月曜日が祝日の時に、三日間開催にすれば、短期的な売り上げは伸びるでしょう。

しかし、長い目で見て、競馬を魅力的なものにしていくためには、個人的には三日間開催はやらないほうがいいのではないかと、なんとなく思ってしまいます。



▼競馬は、集中して考える必要がある頭脳ゲームです。

土日に集中するだけで、疲れ果てるほどです。


これが月曜まで続いてしまうと、最初のうちは「競馬が三日間もあって嬉しい」と感じるかもしれませんが、だんだんと競馬ファンは疲れてきてしまうと思う。



▼特に、 3日連続で負けてしまった日には、それを回復させる時間も短くなってしまいます。

今までは、土日で負けても、平日の5日間で回復させて、また頑張ろうと思えた。

しかし、三日間開催だと、回復のための時間は四日間しかないわけです。


このような強引な開催を続けてしまうと、競馬ファンの心が疲れてしまわないか心配です。



▼また、変則開催は「荒れやすい」

競馬というのは、月曜日から金曜日に競走馬を調教し、絶好調の状態で土日を迎えるように調整されます。
(調整に失敗する馬もいますが)

しかし、月曜日の競馬ということになると、そこに絶好調にもっていくことが、より難しくなるわけですね。



▼なので、真剣に予想しても、全く想定外のことが起こってしまう。これも三日間開催の怖いところです。

要するに、変則開催だと想定できないことが起こってしまうケースが多いと思うわけです。


不測の事態というのもまた、競馬の魅力なのは確かですが、あまりにも想定できない事態というのは、競馬のゲーム性を奪ってしまう恐れがある。



▼変則開催は、賛否両論あるかとは思いますが、私は競馬は土日にやった方が良いと思います。

三日間開催で伸ばした売り上げは、いつかそのツケが回ってくるのではないか、と少し心配です。


競馬を愛するからこそ、そう思ってしまいますね。

真剣に馬券を買う時は、変則開催の時は避けた方が良いかと思います。



▼ということで本日は、変則開催は荒れるか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

3日間開催や、お正月の競馬は、競馬サークルの雰囲気もいつもと違いますし、競走馬も気分が違うと思うので、やはり荒れやすいと考えられます。


なので、変則開催の時は、いつもより少し賭け金のレートを下げて、のんびりと楽しむ感じが良いかと思います。

ご参考まで。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング