競馬がやめられない時~勝てない。負け続ける馬券を買わない。競馬が好きなら負けない買い方を。

競馬がやめられない時どうするか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「自分の長期回収率が100%まで到達すれば、競馬をやめる必要は全くなくなる」

「競馬が好きで止められないなら、負けないための知識を身につければ良いと思う(馬券期待値の勉強)」

「私ブエナも、最初の頃は負け続けていたけど、今はなんとか年間プラスまで来たので、楽しい競馬を続けられている」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「馬券で負け続けていますが、競馬が大好きなのでやめられません・・」

という深刻なお悩み相談をいただいたので、本日は競馬がやめられないことについて書いてみたいと思います。

ハート



▼まず、当たり前ですが競馬はギャンブルです。

すべてのギャンブルには依存性があり、ハマるとやめられない魅力がそこにはあります。


もし、「競馬をやめたい」のであれば、一番いいのは「競馬から遠ざかる」ということです。

依存性から脱却するには、対象そのものから距離を取るのがベストだから。



▼ただ、私ブエナも競馬が大好きだからわかるのですが、大好きな競馬を、無理にやめる必要は無いのではないか?と思います。

負けるから続けられないわけです。

ならば、負けないような馬券の買い方を学べばよい。


馬券というのは、適当に買えば確実にマイナスが積もっていきますが、「負けない馬券の買い方」というものもあるわけです。



▼当ブログは、競馬で負けないために、そして競馬で利益を出すことができるようになるために、私の馬券知識を書いているものです。

私の競馬歴は、かなり長くなりますが、最初の10年は負けっぱなしでした。

自分なりに、いろいろと考えて馬券を買っていたつもりでしたが、今思えば「自己中心的な馬券」だったと痛感しています。



競馬で勝つには「客観的な馬券」を買う必要があるわけです。

逆に「自己中心的な馬券」を買うと、どんどんマイナスが積もっていってしまいます。

かつての私のように。



▼では、「客観的な馬券」というのは、どういう馬券なのか?

一言で言えば「人気の盲点」を突いている馬券、ということになります。

マツリダ予想風に言えば「期待値の高い馬券」ですね。

「過小評価されている馬」を狙うということです。



▼競馬で負ける人の特徴として、「馬券を当てようとする」というものがあります。

「どの馬を買えば当たるのか?」この部分にばかりフォーカスしてしまって、「馬券の期待値」というものを、一切考えていないわけです。

だから負けてしまうんですね。



▼競馬は勝ち馬を当てるゲームですが、「当てにいく」と、馬券収支はマイナスになるというパラドックスが内包されています。

なぜかというと、日本の競馬は「変動オッズ」だからです。

変動オッズ、つまり、「みんなが買う馬券はオッズが下がる



▼馬券で勝つには、

「注目している人は少ないけど強い馬」

「注目している人は少ないけど、オッズ以上に出現する確率が高い買い目」



この部分を集中的に馬券購入する必要があるわけです。



▼初心者さんには少し難解かもしれませんが、馬券で負けないためには、この部分の認識が必要不可欠になります。

例えば、

「一番、勝つ確率が高い馬はどれか?」


どれだと思いますか?

正解は・・・

「1番人気の馬」です。



▼「1番人気でも負けることがあるじゃないか!」と怒る人が必ずいるんですが、競馬というのは、「長期的には」1番人気が最強です。

ためしに、「1番人気以外の馬を選んで、1番人気に何回勝てるか?テスト

を、やってみてください。

30レース以上やって、あなたが選んだ馬が、半分以上1番人気に勝てたら、天才的な才能だと思います。



▼もちろん1番人気の馬が負けることもありますが、長期的には1番人気の馬が、最も勝つ確率が高いわけです。

しかし、

「どの馬が1番儲かる馬か?」

これが競馬では、命なわけです。


そして、「儲かる馬」は、多くの場合、1番人気の馬ではない。

ここが馬券で負けないためのポイントになります。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼競馬にはこのような「負けないための馬券の基本」がたくさんあります。

そのような知識を知れば知るほど、長期的には馬券で負けなくなっていきます。


競馬が大好きで止められないなら、せめて負けない競馬をしましょう。

負けなければ大好きな競馬をずっと続けていけます。



▼そして、大好きな競馬を楽しみながら、少しずつでもお金が増えるという状況は、とても幸せな状況です。

そのような状況を目指して、コツコツと日々馬券知識を身につけていきましょう。

「負けない競馬」は可能です。



▼ということで本日は、競馬がやめられない時について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

「競馬がやめられない!」と悩む人のほとんどは、馬券でお金を失っている人だと思います。

お金が続かない。生活に支障が出る。だから競馬を止めなければならない、と。

私も若い頃、同じ状況に陥ったことがあるので、よくわかります。



▼「毎週、負けるのに競馬がやめられない!」という人の多くは、

「競馬にスリルや興奮を求めてしまっている」

このような馬券の買い方をすれば、短期間で多額のお金を失ってしまいます。
(経験談)

ですので、

馬券を買うときには、興奮を求めないこと。

冷静に、客観的に、儲かる馬券だけを買うこと。


これができれば、競馬で大きく負けるという事はなくなり、大好きな競馬をこれからも続けていけます。

私自身がそうでした。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



競馬の依存性とドーパミン


▼競馬がやめられない件についての考察を続けます。

競馬もギャンブルなので、そこには強い刺激がある。

ギャンブルの快感は、脳内麻薬ドーパミンであり、向き合い方を間違えると依存してしまいます。
(マツリダ予想より引用)



▼脳内麻薬ドーパミンに依存しやすい人の特徴は、「普段の生活で、強いストレスを抱えている人」

日頃、仕事や家庭で自分が思うような生活が送れていない人。

いつも納得のいかない思いを抱えている人。

そのようなタイプの人は、慢性的に強いストレスがかかるため、そのストレスを解放する必要があります。



▼そこで逃げ道として使われるのが、ギャンブル・競馬です。

パチンコも競馬も、強烈な刺激を脳に与えるため、その瞬間は日常のストレスを全て忘れることができる。

だからこそそれが、強い快感となり、依存し、止められなくなるわけです。
(ブエナ経験談)



▼なので、逆説的ですが、競馬にハマり過ぎるのを避けるためには、自分のお仕事を頑張ったり、家庭環境を良くしていくということが大切になると、私ブエナは思うわけです。

このようなメンタル面は、マツリダ予想でも指導されています。

競馬は、熱くなりすぎると負ける。

競馬とクールに向き合うためには、まず自分の日常を正しく構築する必要があると思うわけです。



▼競馬を逃げ道にしてしまうと、ドーパミンの強い刺激によって、さらに競馬にハマってしまう。

競馬が止められなくなってしまう。

しかも、そのような熱くなっている状態では、馬券でも勝てない。

まさに悪循環です。



▼だから私ブエナは、競馬をやるために必要な条件として、

「まず仕事をしっかり頑張る」

「家族を大切にする」

「冷めた目で競馬を見る」

という、マツリダ予想の内容に、強く共感するわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング