超良血馬は強いか?価格が高い馬は勝つ?高額馬と馬券の狙い方。血統がいい馬と悪い馬

良血馬は儲かるか?儲からないか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「平均的に見て、良血馬は強い。これは間違いないと思う」

「私の考えでは、馬の強さは取引価格と比例すると思う」

「ただ、良血馬・高額馬は、能力以上に馬券が売れてしまう。過剰人気となりやすいので、強いが儲からない、という事になりやすい印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「競馬では、価格が高い馬が活躍している印象があるんですが、高い馬のほうが強いんですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、良血馬と馬券について書いてみたいと思います。

金持ち



▼こ質問者が書かれている通り、「相対的には」価格が高い馬の方が強いと思う。

このように書くと「超良血馬でも、全然走らない馬もいるじゃないか!」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、相対的にはやはり、超良血馬は安い馬と比べて、圧倒的に強い印象です。



▼厳密に言えば「強い確率が高い」という感じですね。

安い馬は「強い確率が低い」

馬の強さの確率は、大体の場合、取引価格に比例します。



▼さて、では超良血馬が強いなら、常にそのような馬を狙っていけば馬券で勝てるのか?

これは全く別の話になります。

いつも書いていますが、「期待値」の話になるわけです。



▼良血馬は強い。

重賞やG1で活躍する馬の多くは、数千万円~数億円の高額馬です。

数百万円の安い馬が、重賞で活躍することは、ごく稀です。

オグリキャップのようなミラクルホースは、突然変異であり、確率的には極めて低いと言えます。



▼それを踏まえた上で、超良血馬と安い馬。どちらを買えばいいのか?

私の考えですが、「馬券期待値」を考えれば、「平均価格の馬」が、お得と考えます。


良血馬は、必然的に過剰人気になるため、能力以上に馬券が売れてしまいます。

つまりオッズが下がります。



▼良血馬は、「将来性は断然」などと言われ、評価が上がります。

もうこの時点でおかしいのですが、私たち馬券購入者に大切な事は、「将来性」などではなく、「今このレースで走るのかどうか?」なのです。



▼馬主や調教師の立場であれば、将来性は大切です。

しかし、「将来性があるから一番人気」というのは、期待値という面から考えると、歪んでいると言えます。


超良血馬は、

「ここは負けるかもしれないけど、将来性があるので、将来は強くなるから一番人気」

というオッズになることが非常に多いわけです。



▼当然ですが、明らかにこのような傾向が見られる人気馬は、馬券期待値が低いということになるわけです。

そして、そのようなレースでは、その人気馬「以外の」馬の馬券期待値が急上昇します。


しかし、多くの馬券ファンは、「そんなにすごい将来性があるのか!じゃあ、その馬から流そう!」

となってしまうわけです。

そして、長期的には馬券収支をマイナスにしてしまうわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼では実際に、取引価格によるデータを見てみましょう。


【取引価格別データ】
2010~2015
特別戦
5501レース分析(ブエナ調べ)


◆100~500万の馬
勝率4.9%
単勝回収率66%


◆1000~5000万の馬
勝率8.0%
単勝回収率80%


◆5000万~3億の馬
勝率10.2%
単勝回収率64%



はい。
見事に、取引価格が高額な馬になればなるほど、勝率も高くなっていきます。

まさに、「価格が高い馬ほど強い

と言えますね。



▼しかし、見ての通り、「回収率」は、取引価格5,000万円以上の良血馬は、単勝回収率64%と低くなっています。

勝率は高いのに、単勝回収率は低い。

つまり、「過剰人気になっている」わけです。




▼なので、データから見ると、

取引価格が安すぎても高すぎても、回収率は低くなりがちである

と、私ブエナは考えます。


「1000~5000万の馬」くらいが、ちょうどバランスが良く、回収率も上げやすいと考えられます。



▼このように、馬券というのは「強い馬かどうか」ではなく、「儲かる馬かどうか」を見極めていくことが、最大のポイントになると私は考えています。

どんなに強い馬でも、過剰人気で、回収率が低い馬なら、買えば買うほどお金は減ってしまう。

「超良血馬」は、まさにそのようなタイプとなるわけです。



▼ということで本日は、超良血馬は強いか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

良血馬は強いです。

しかし、良血馬は強いが、馬券期待値は低くなりがち。



▼蛇足ですが、「馬主目線」で考えても、超良血馬は期待値が低めと言えます。

1頭のサラブレッドに数億円をかけてしまうと、レースの賞金だけでペイするのはかなり困難です。

なので「種牡馬」にならないと元が取れないということになるわけですね。



▼馬券を買う場合でも、馬主になる場合でも、儲けるために重要なポイントは、

「お買い得な部分だけを買う」

ことです。


馬券にも「お買い得な馬券ゾーン」と、「全然儲からない馬券ゾーン」があるわけです。

これが「期待値」

いつも書いている通り、馬券で勝つには最も重要な要素です。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



重賞レースと取引価格の関係


▼良血馬は強いか?についての考察を続けます。

先ほどは「特別戦」のデータを見ました。

今回は、「重賞レースと取引価格の関係」を見てみたいと思います。


【重賞レース】
2010~2016.11
936レース分析(ブエナ調べ)


◆100~500万の馬
勝率4.5%
単勝回収率102%
複勝回収率100%



はい。
特別戦では、「100~500万の馬」は儲からない馬だったんですが、重賞レースでは儲かる。

これは何故か?



▼私ブエナの考えですが、取引価格が安い(血統があまりよくない)のに、重賞レースまで出世する馬というのは、ある意味、突然変異であると思われる。

なので、能力は良血馬に引けを取らない。

でも、血統が地味で、取引価格が安い馬は、あまり馬券が売れない。

特に、良血馬がたくさんいる重賞レースでは、「100~500万の馬」は、馬券が売れないわけです。



▼このような、「過小評価」が発生しやすい馬としては、

・マイネルやコスモの馬

・メイショウの馬

・その他、個人馬主の馬


これらは、取引価格が安い馬が多く、過小評価されがちです。

能力はあるのに、あまり馬券が売れない。

つまり、儲けやすい馬である、と言える。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼なので、私ブエナが重賞レースで大穴を狙うなら、上述したような、「非社台」と言われる、個人系馬主の馬を狙うことが多いです。

私は中穴狙いなので、あまり大穴馬券は狙わないんですが、非社台で取引価格が安い地味な馬が、重賞レースに出ている時は、一応マークします。



▼社台の安い馬でも、モーリスなど、ごく稀に活躍馬がいますが、これは例外。

ほとんどの場合、500万円以下のサラブレッドが重賞レースで激走するのは、非社台の馬です。

特に、岡田総帥の馬。


サラブレッドクラブ・ラフィアン
ビッグレッドファーム
岡田繁幸


このあたりが馬主になっている馬は、重賞レースで大穴を開けてくる事が多いので、穴党の人は要注意です。

マイネル系の馬は、いつも競馬を見ていれば、勝負服ですぐわかるようになります。



▼ちなみに、重賞レースで「1億円以上の馬」は、

◆1億円以上の馬
勝率10%
単勝回収率58%
複勝回収率75%



このような感じになります。

素晴らしい勝率ですが、単勝回収率58%では、儲ける事は難しい。

まさに過剰人気です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング