ダート競馬の特徴~ダートでの馬券の買い方。固い?荒れる?逃げ先行有利。地方競馬は固い

ダートレースのデータ傾向は?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「まず、ダート戦は、逃げ・先行馬の好走率が高い印象」

「また、ダートの場合、人気馬と超人気薄馬の期待値が高くなりやすいように思う」

「なので、10番人気以下の大穴を狙いたい人は、芝よりダートの方が良いかと」

「このような理由から、私ブエナがダートレースを買う場合は、人気馬と大穴の組み合わせを狙っていくことが多い」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「芝のレースと、ダートのレースでは、馬券の買い方は違いますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、芝とダートの違いについて書いてみたいと思います。

芝とダート



▼まず、芝というのは草の上を走るコースで、走破時計が早い。

また、馬場のコンディションによって着順が大きく入れ替わります。



▼一方、ダートのレースは、砂の上を走るコースで、走破時計が遅い。

馬場コンディションは、ほとんど水分含有量だけで、馬場状態によって着順が大きく変わる事はない印象。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼一般的には、「芝のレースは荒れる」「ダートのレースは固い」

と言うことができますが、私ブエナの見解では、もう少し細分化します。


例えば

・ダートのレースは先行できればかなり有利

・ダートは「超人気薄」の馬でも、馬券圏内に入ってくることが多い

・ダートは、スピード指数が有効

・ダートは、断然人気の馬が強い



このような特徴があるような。
(あくまでも私ブエナの独断と偏見です)



▼芝でもダートでも、「期待値」という面をしっかりと考えて馬券購入すれば、どちらでも利益を出すことができます。

ただ、私の場合は、ダートのレースより芝のレースの方が、利益は出しやすいような気はする。なんとなく。


的中率ならダート。

回収率なら芝。

という感じでしょうか。私ブエナの場合ですが。


もちろん、それぞれの予想スタイルによって、ダートの方が回収率が高くなる人もいるかと思いますが、私の収支は、芝のレースの方が回収率は高いです。



▼さて、ではダート競馬の馬券は、芝と比べてどのような買い方をすればいいのか?

私の場合は、ダートで馬券を買うときは

人気馬+超人気薄

という組み合わせで買うことが多いです。


これは芝のレースでも同じですが、ダートの方が、ヒモに、より人気薄を選ぶことが多いですね。

私の場合、芝のレースでは「2ケタ人気馬」は、あまり狙いませんが、ダートでは、2ケタ人気馬も狙っていくことが多いです。



▼芝のレースは、まったく能力が劣っている馬が激走する事は稀ですが、ダートの場合は能力が劣っている馬でも、展開次第で十分に馬券圏内に入ってくることができる印象。


特にダートの場合は、「前に行ける脚」は、強力な武器になります。

つまり、逃げ馬と先行馬。

これが人気薄の場合、期待値が高くなると思われる。



▼もちろん芝でも同じで、「人気薄の逃げ馬と先行馬」は、期待値が高いです。

ダートでは、さらにこの傾向が顕著で、人気薄でも展開次第で粘ってしまうケースが多いと思うわけです。


特に、ダートの長めの距離だと、人気薄の逃げ馬と先行馬が狙い目となります。

逆に、「ダートの短距離」は、ワンペース(加速・減速がない)で、行けてしまうので、堅い決着になることが多い印象。



▼それでは、ダート戦の具体的なデータも見てみましょう。


【ダート戦のデータ】
2010~2015
特別戦
ダート
1450レース分析


◆1~4番人気
勝率18.6%
単勝回収率81%


◆5~9番人気
勝率3.9%
単勝回収率63%


◆12~15番人気
勝率0.9%
単勝回収率82%



はい。
私ブエナの印象で言えば、

ダートは、人気サイドと大穴サイドの期待値が高くなりやすい」と思うわけです。


上記のデータを見ても、人気サイドと大穴サイドの回収率が高くなっています。

だから私の場合は、

「ダートでは、人気馬+人気薄で馬券を構成する」ことが多いわけです。


この点において、芝のレースとダートのレースで、私ブエナの場合は明確に、買い方を変えています。

(注:期待値が高いとは言え、12~15番人気馬が突っ込んでくる確率は低く、的中率は下がります)


では次に、「ダートの脚質データ」を見てみましょう。


【ダート戦 脚質別データ】


◆逃げ
勝率17.1%
単勝回収率171%


◆先行
勝率12.9%
単勝回収率125%


◆差し
勝率4.9%
単勝回収率56%


◆追い込み
勝率1.8%
単勝回収率31%



はい。
先ほども書いたとおり、ダートでは、前に行かないと期待値が大きく下がってしまいます。

これは芝のレースでも同様の傾向ですが、ダートの方が、より先行有利の傾向にある気がする。


ダート重賞レースなどの、超ハイレベルなクラスになれば、「ダートの差し馬」でも狙っていけますが、「条件戦のダート」では、やはり逃げ・先行の期待値が高くなりやすいと思う。
(あくまで私ブエナの意見です)



▼ということで本日は、久しぶりにダート競馬について書いてみました。

上述したように、ダートでもスピード指数やデータを活用して利益を出すことができます。


ただ、「荒れやすさ」という面では、やはり芝のレースの方が高配当を取りやすいので、
私の場合は、ダートのレースでは芝よりも、買い目点数を少なくすることが多いですね。


いずれにしても、最終的には、芝でもダートでも「期待値」を意識することが重要です。



▼尚、本日の記事は「中央競馬」の話であり、地方競馬は全く別物になります。

地方競馬は平均配当がかなり低めなので、中央競馬のダートよりも、さらに買い目点数を絞る必要がありますね。


地方競馬で、中央競馬と同じ感覚で多点買いすると、トリガミ連発になることも多いので、要注意です。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





ダートでの中穴狙いの方法


▼ダート競馬の特徴についての考察を続けます。

私ブエナの場合、マツリダ予想を使うので、基本的には芝のレースで勝負しています。

ダートをケンすると、参戦レース数が少なくなりますが、それでも私ブエナの、ここ数年の馬券収支は一応プラスになっています。



▼芝のレースで中穴狙いをするのと、ダートで中穴狙いをするのとでは、アプローチの仕方が全然変わってくると思う。

上述の通り、ダート戦では「超人気薄」「大穴」の激走が多いので、普通に中穴狙いをしても、抜けが多くなってしまうわけです。



▼だから私の場合は、ダート戦を馬券購入する時、「まず断然人気の信頼できる馬」を軸にする。

そして、ヒモは大穴狙い。

この形で、三連複かワイドの中穴狙いをしていくことが多いです。



▼基本的に、断然人気の1番人気馬は、過剰投票が入るので、回収率を上げにくい。

ただ、ダート戦の、ある特定条件に限っては、1番人気の信頼度がかなり高い印象。



▼ダートの場合、トラックバイアス(馬場状態による有利不利)が少ないので、強い馬が能力を発揮しやすい傾向にあると思う。

ダートは砂なので、内が伸びるとか、外が伸びるといった、トリッキーな馬場になりにくい。

だから、ダートでは、強い1番人気馬は信頼できると思うわけです。



▼ヒモは、先程のデータでも書きましたが、12番人気以下くらいの、超大穴の期待値が高くなるため、狙うことが多いです。

それでも、12番人気以下ともなれば、馬券率はかなり低いので、気長な作業になります。

ダート戦では、軸馬を断然人気にすれば、あとはヒモ荒れを待つだけ。

ヒモの超人気薄は、できるだけ前に行ける馬を選ぶ方が良いかと思います。



▼とは言うものの、先ほども少し書いたとおり、ヒモを超人気薄にしてしまうと、的中率が大きく下がってしまう。

なので、無理に2ケタ人気馬を狙わずに、ヒモは中穴狙いでも、それなりに結果は出ると思います。

これは特に、「ダート重賞」で効果的な印象。



▼ダート重賞レースの場合、特別戦よりも、中穴馬の期待値が上がる感じです。

その分、大穴馬の期待値が下がるので、ダートの重賞レースの場合は、

「人気馬ー中穴馬」という、私ブエナがいつも芝のレースでやっている買い方でもいいのかなと。



▼ダートの重賞レースで、このような中穴狙いをするなら、「軸馬」が重要になります。

私の場合はシンプルに、「ダート重賞で信頼できる1番人気馬」を探します。



▼例えば、

「ダートの重賞レース。1番人気。かつ前走も1番人気」

このようなタイプの馬。

複勝回収率 91%
複勝率 73%

(2000~2017.8)
(116頭。ブエナ調べ)


はい。
かなり狙いやすいです。



▼これくらいの複勝回収率があれば、後は、ある程度適当にヒモを選んでも、そこそこの回収率になる。

特に、ダート重賞レースの場合は、上述したように、中穴狙いが機能しやすいので、的中率と回収率を維持しやすいかと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング