競馬で勝つには?競馬で勝ち続ける方法。馬券収支をプラスにするには。どんな買い方か

競馬で勝つには?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「短期的な競馬の勝ち負けは運であり、腕の差はほとんど出ないと思う(数レースの収支は運)」

「しかし、長期的な馬券収支は、歴然と腕の差が出る」

「長期的に競馬で勝ち続けるポイントは、オッズ以上に的中率が高い馬を買い続けることだと思う(的中率ではなく期待値)」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「競馬で、たまに当たった日は勝てるのですが、その後も買い続けていると、必ずマイナスになってしまいます。競馬で勝ち続けるには、どうすればいいですか?」


というご質問をいただいたので、本日は、競馬で長期的に勝つ方法について書いてみたいと思います。

道2



▼ご質問者さんが書かれていたように、多くの競馬ファンは、たまに勝ったとしても、競馬を続けていると、いつの間にか、その利益は飲まれてしまいます。

「気がついたら、PAT残高がなくなっていた!」という経験は誰しもあると思います。

もちろん私ブエナもあります。



▼私も昔は、気がついたらPAT残高がなくなっていて、入金する日々でした。

ですが最近は、ほとんどPATに入金した記憶はありません。


なぜこのように変わったのか?

それは当たり前ですが、「買い方を変えたから」に、他なりません。



▼「気がついたらPAT残高がなくなっていた」という事が繰り返されるなら、買い方が間違っている可能性が高いわけです。

短期的には、どんなに上手い人でも、連敗を食うことはあるんですが、

馬券が上手い人は、短期的には負けても、長期的にはほぼ負けない

と思うわけです。



▼短期的に勝つのは、運が良ければ誰でもできる。

大きい馬券を当てれば、短期的な回収率は大幅にプラスになるからです。

しかし、その利益を維持しつつ、さらに利益を増やしていくというのは、しっかりと考えて馬券を購入している人にしか、実現できない領域です。



▼では、どうすれば競馬で勝ち続けることができるのか?

あるいは、どうすればPAT残高を減らさずに、毎週の競馬を楽しむことができるのか?



▼その答えは、いつも書いていますが

高期待値の馬券だけを買う

ただそれだけ。
(あくまで私ブエナの見解です)



競馬で長期的に勝つコツは、2つ。


1 自分が狙う配当が出やすいレースを選ぶこと

2 期待値の高い馬を買うこと



この2つさえ心がけていれば、長期的にはPAT残高は減らなくなります。
(ブエナ経験談)



▼ちょっと漠然としているので、初心者さんにはイメージしづらいかと思いますが、まずはこれが馬券の基本という事を、頭に置いておいてください。

もちろん、馬券で勝つ方法は1つではないので、このような私のやり方でなければ勝てないという事はない。

ただ、私は色々な方法を試してきて、最終的にはこのやり方でPAT残高が減らなくなったという経験談です。



▼期待値が高い馬券というのは、逆に、期待値が低い馬券をイメージしてみると、わかりやすいかもしれません。

例えば

「断然人気の馬からの流し馬券」

これは期待値が高いか?低いか?


おそらく、多くの場合は「低い」ですね。

みんなと同じ馬券は期待値が低いケースが多いからです。



▼また、みんなが買わないと思われる「大穴万馬券のゾーン」

これは穴場と思いつつ、実は買う人が多いわけです。

全体の総数から考えると少ないのですが、「オッズから考えると売れすぎ」だと思うわけです。
(マツリダ予想より引用)



▼だからこそマツリダ予想では、中穴を推奨しているし、私もそのような買い方をしているわけです。

もちろん、これだけが正解ではありません。


的中率をあえて大きく落とすことによって、特大の万馬券をゲットする。

このようなやり方で、長期的な馬券利益をプラスにしている人もたくさんいます。


ただこのやり方は、的中率が下がるため、回収サイクルのスパンを、かなり長く設定する必要があります。

つまり、「連敗する期間が長い」わけですね。



▼ここが、「中穴狙い」と「大穴狙い」の最大の違いだと、私ブエナは考えています。

つまり、中穴は大穴よりコンスタントに的中するが、破壊力では大穴に劣る。

しかしその分、中穴は連敗期間が短く、大穴よりドローダウンリスク(資金激減リスク)が低い。

こんな感じで、私ブエナは、中穴と大穴の違いを認識しています。



▼ちょっと脱線してしまいました。

馬券で勝ち続ける方法の話に戻りましょう。

私ブエナが思う、馬券で勝ち続ける方法は、


1「データか血統かパドックのどれか1つを極めて、自力で期待値が高い馬を見つけ出す能力を磨く」

2「そんな時間がない人は、上記のどれかの専門家の情報を活用する」



はい。
ぶっちゃければ、馬券で長期的に勝ち続けている人は、上記の1か2のどちらかに該当している場合が多い気がします。

私の周りで、長期的な馬券収支がプラスになっている人も、上記の1か2に該当しています。

(※ただし、有料情報を使う場合、月額5,000円以上は高すぎるので非推奨です。)



▼自力で勝つためには、「1」

自力では無理な人は、「2」

を、お勧めします。


くれぐれも、「競馬新聞(スポーツ新聞)だけで戦う!」とか、無謀な挑戦はしない方が良いかと思います。

私ブエナも、昔は節約してスポーツ新聞(当時120円)だけで馬券を買っていましたが、情報料金をケチった結果、馬券のマイナスの方がはるかに大きくなった経験があります。



▼ということで本日は、競馬で勝ち続ける方法について、私の独断と偏見で書いてみました。

詳しく書いていくと、とても1記事では収まらないので、競馬で勝ち続ける方法については、今後もコツコツと更新していきたいと思います。


競馬で勝つ方法は1つではありませんが、「本質は同じ」

何度も書いていますが、「期待値が高い馬券だけを買う」というのが、基本的な考え方だと、私は思います。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





期待値が高い馬とは?


▼競馬で勝ち続ける方法についての考察を続けます。

馬券収支を長期的にプラスにし続けるには、期待値が高い馬だけを狙っていく必要があります。

では、期待値が高い馬とは何か?



▼例えば、中央競馬は最大で、1日36レース開催されます。

平均的な出走頭数を13頭とすれば、「13*36=468頭」の馬が、1日に走ることになる。

この468頭は、それぞれ期待値が違うわけです。



▼468頭の中には、儲かる馬もいるし、儲からない馬もいる。

なぜなら、中央競馬はオッズが変動するからです。

競馬ファンがオッズを作っているからです。



▼人気は、かなり正確な指標で、人気がある馬は強いし、人気がない馬は弱いことが多い。

ですが、オッズは100%完璧に能力を示しているわけではない。

オッズには必ず、「オッズの歪み」が発生する。



▼つまり、「強いのにあまり馬券が売れていない馬」

このような馬が、468頭の中に、紛れ込んでいるわけです。

割合で言えば、468頭のうち、儲かる馬は50頭くらいでしょうか。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼468頭すべての単勝馬券を購入すれば、回収率は65~70%くらいになってしまう。

だから、この468頭の中から、儲かる馬だけを抜き出して狙うわけ。

そうすると、70%の回収率が、100%を超えてくる。

競馬で長期的に勝つには、このような考え方が重要だと、私ブエナは常々考えているわけです。



▼また、この考え方は単勝馬券だけでなく、あらゆる馬券に応用が可能です。

単勝はシンプルに、期待値が高い馬の1着を狙うものですが、考え方は他の馬券種でも同じ。

馬単・三連単なら「1着固定」と同じです。

あとは「ヒモ馬」を絡めるだけ。



▼つまり、「1頭の高期待値馬が分かれば、どんな馬券種でも回収率は高くなる」ということになる。

単勝で期待値が高い馬なら、馬単・三連単の1着固定でも回収率は高くなるわけです。



▼ただこの場合、「ヒモ馬の期待値」も考慮しなければならなくなります。

軸馬の期待値が高くても、ヒモ馬の期待値が低ければ、相殺されて普通の回収率になってしまう。

なので、ヒモの期待値に自信がないときは、単複勝負の方が長期回収率は高くなると思うわけ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼蛇足ですが、単複の場合、「還元率・控除率」の面でも有利になります。

単勝の還元率は80%

三連単の還元率は72.5%

なので、長期的な回収率や利益だけを考えるなら、単勝馬券はなかなか有利な馬券種だと思うわけです。



▼ただ、三連単のように一発高配当の魅力は無い。

ここは好みですね。

一発高配当の魅力があるということは、「連敗リスク」も高くなるということです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング