競馬の控除率が変更~払戻率と還元率。馬券への影響。勝てなくなる?WIN5の控除率

競馬の控除率が変更


▼控除率(払戻率≒還元率)に変更がありましたね。
※2014年6月7日から施行


今までの還元率は、単勝と複勝が80%で、それ以外の馬券は概ね、75%前後でした。


これがどう変更されたのか?

ざっくりといえば

「的中率の高い馬券ほど、還元率も高くなった」

という感じですね。
(あくまで私ブエナの表現です)



▼つまり、「枠連」「馬連」「ワイド」の還元率が高くなった、すなわち、「それらの馬券種は、少し利益を出しやすくなった」という感じです。


逆に「三連単」と「WIN5」

この2つは還元率が下げられています。「的中率が低い馬券は還元率を下げる」という方向になっています。
(言い換えると、人気のある馬券の還元率を下げた印象も。)

WIN5



▼試験段階のようなので、ファンの動向を見ながら、また変更があるかもしれません。

それぞれの馬券ごとの還元率(払戻率)は、下記の通りです。



単勝 80%
複勝 80%
枠連 77.5%
馬連 77.5%
ワイド 77.5%
馬単 75%
三連複 75%
三連単 72.5%
WIN5 70%


(※ブエナ調べです。正しくは主催者発表の情報を参照してください)



▼さて、ではこの変更によって、私たちの馬券戦略は変わるのか?

私ブエナの感覚では、「それほど大差ない」と考えています。


枠連や馬連の還元率が、2.5%上がったからといって、そちらにシフトすれば馬券収支がプラスになるのか?と言われれば、おそらく、ならないと思う。



▼また現在、三連単で利益を出している人は、還元率が数%下がったから、勝てなくなるのか?

そんな事はないです。影響は微々たるものでしょう。

(※回収率101%~103%くらいのギリギリラインで、三連単の投資競馬をやってる人は、多大な影響があると思いますが。)



▼毎週の馬券購入額が、数百万円~数千万円以上という、庶民離れした金額にならない限りは、数%の還元率の影響は、ほとんどないと私ブエナは考えます。

競馬の場合は、パチンコやパチスロと比べても「試行回数」が少ないため、数%の還元率の変化は、それほど影響を受けないと思われます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ですから、今まで競馬で負けていた人が、「よし!払戻率が上がったから、これからは枠連や馬連で大儲けだ!」

という事は、ほぼあり得ないと思う。


払戻率が60%くらいに下がってしまうと、これはさすがに厳しいですが、現段階の変更幅であれば、まだ馬券戦略を変更する必要はないと思われます。



▼大切な事は、今までと変わりなく、

期待値

です。


期待値の高いレースを探すこと。期待値が高い馬を狙うこと。

これが還元率を気にするよりも、まず先にやらなければならないことだと、私は常日頃から思っています。



▼例えば、単勝や複勝の還元率は、これまでも80%と、他の馬券よりも高かったわけです。

でも、馬券利益を出しやすいのは、単勝や複勝ではなかったわけですね。
(注:単勝は期待値分析できる人には、強力な武器となります)


何度か書いていますが「難しい馬券の方がオッズに歪みが出るから、儲けやすい」と、私ブエナは思うわけです。



▼したがって、現状の控除率であれば、「オッズの歪み」は、控除率や還元率よりも、ずっと重要な要素となります。

今回は、試験的に払戻率が変更されたわけですが、これくらいの変動であれば、あまり気にせずに今まで通り、期待値が高い馬券を買い続ける事を意識すればよいと感じます。



▼ただ、先ほども書きましたが、今まで三連単での回収率が101~103%で、ギリギリプラスだった人は、今回の還元率の変更によって、ギリギリマイナスになってしまう可能性があります。

三連単は購入金額が大きくなりやすいので、回収率101%と99%では、年間のお金の増減がかなり大きくなってしまいます。


ですから、このような場合は、三連単から別の馬券種にシフトさせた方が、良い結果が出るかもしれません。

これについては、私自身も自分の馬券の回収率がどのように変化していくか、チェックしてまたこのブログで検証したいと思います。



▼さて、変更後の控除率について、もう一度確認してみましょう。


単勝 80%
複勝 80%
枠連 77.5%
馬連 77.5%
ワイド 77.5%
馬単 75%
三連複 75%
三連単 72.5%
WIN5 70%



数%の差なので、それほど焦って馬券戦略を変更する必要はないと思いますが、
「馬券種に特にこだわりがない」という人は、少しでも控除率的に有利な馬券種を選択していく方が良いかもしれません。


「三連単が主戦場」という人は、とりあえず今のままで行っても良いと思います。

逆に、「まだ自分のメインの馬券種が決まっていない」という人は、上記の控除率を見て、少しでも有利な馬券種を極めていく、という戦略もありかと思います。



▼ちなみに、私ブエナの主戦場は、「単勝・ワイド・三連複」です。

当ブログでも何度か書いていますが。

この3つの馬券種については、今回の控除率変更で不利になった部分はないので、私の馬券戦略は、今まで通りです。



▼ということで本日は、競馬の控除率が変更になった件について、私の独断と偏見で書いてみました。

「三連単で回収率が92%の人が、単勝に切り替えたら100%を超えるのか?」

と、聞かれれば、「そんなに単純ではない」と、私は答えると思います。



▼いつも書いている通り、「難しい馬券種ほど、オッズに歪みができやすく、上手い人には儲けやすい」という一面があると思うからです。

馬券の回収率は、単純に控除率の数字だけで決まるものではなく、かなり複合的に決定されるものだと私は考えています。


その辺も含めて、自分自身の馬券のスタイルと、変更された控除率をすり合わせ、これからの自分の馬券戦略を考えて行くと良いかと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



還元率だけで回収率は決まらない


▼競馬の控除率改定についての考察を続けます。

単勝の還元率が80%で、三連単の還元率が72.5%

普通に考えれば、明らかに単勝が有利に見えますが、そんなに単純では無い。



▼なぜかというと、単勝は、「ヒモ馬による優位性の獲得」が出来ないからです。

単勝というのは、1着を当てればいいだけ。

2~3着がどの馬でも関係ない。

逆に言えば、2~3着馬が読めている場合、単勝はおいしくないと思うわけです。



▼例えば、単勝回収率が高い馬がわかっているとする。

そして、2着候補も、3頭まで絞れている。

この場合、私ブエナが購入する馬券は、単勝ではなく「馬単1着固定、3点ながし」です。



▼1着の期待値が高い馬が分かっていて、2着も絞れているなら、単勝で勝負する必要はない。

単勝というのは、「馬単1着固定総流し」と同意なので、2着が絞り切れない時に効果を発揮する馬券です。
(マツリダ予想より引用)

だから、2着馬が絞れているなら、迷わず馬単。

ここは還元率とか控除率とか関係なく攻めます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼控除率や還元率しか見ていない人は、常に単勝で勝負しようとする傾向にあります。

しかしながら、上述した例のように、馬券勝負はケースバイケースが鉄則です。


単勝が効果的な場面では単勝勝負。

馬単が効果的な場面では馬単勝負。

状況に応じて馬券種を変化させていく。

これが、控除率や還元率よりも、回収率を上げるために重要なポイントだと、私ブエナは思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング