牝馬は弱い?牡馬と牝馬はどっちが強い?メス馬とオス馬の能力差。競馬の性別と馬券の狙い方

牝馬は弱い?


▼「牡馬と牝馬はどっちが強いですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、競走馬の性別と能力について書いてみたいと思います。

牝馬



▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「牝馬は、あまり儲からないと思う」

「特に、距離が長くなればなるほど、牝馬の期待値は下がるように思う」

「ただ、1200mなら、牝馬でも引けを取らない」

「私ブエナは、スプリント戦以外は、牝馬は期待値が低いと思うので、あえて狙っていくという事はない」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼少し前までは、「牡馬・牝馬混合の重賞レースで、1800以上なら牝馬は切り」

これだけのルールで、私ブエナは結構、馬券利益を出せていた気がします。


しかしご存知の通り、近年は牝馬がとにかく強い。

ブエナビスタが出てきた頃から、明らかに馬券の傾向が変わりました。
(当ブログのタイトルに使っているのも、少し意味があります)



▼ジェンティルドンナなどもそうですが、今や、2400mのクラシックディスタンスでも、牝馬は牡馬に見劣りしなくなりました。

この理由が、調教技術の進歩なのか、血統の進化なのかはわかりませんが、とりあえず現代競馬は、牝馬でも十分勝負になる時代になりました。



▼ただ、本質的には、やはり「牡馬の方が強い」と、私は思います。

言い切ってしまうと語弊があるのですが、人間と同じで、サラブレッドもやはり身体能力だけで言えば、男の方が上だと思う。

そして、この傾向は、距離が長くなればなるほど顕著になります。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼というか逆に、短距離では牝馬の方が、馬券の回収期待値が高くなるケースもあります。

一般的に、「牡馬の方が強い」と考える人が多いので、短距離での期待値は牝馬の方が上になることもある。


牝馬は「一瞬のキレ」と言われるように、瞬発力において牡馬よりも優れているからです。
(夏競馬でも、同様の傾向が見られます)

それでも、平均的には短距離戦であったとしても、牡馬がやや優勢、といったところでしょうか。



▼逆に距離が長くなって、「スピードとスタミナのバランス」「精神的なタフさ」が求められる勝負になると、牝馬よりも牡馬が強いケースが多い印象。

ただ、長い距離になっても、「スローペースでの切れ味勝負」になれば、上述したように、末脚が切れる牝馬が上位に顔を出すことになります。



牝馬は弱いのか?

の問いに関しては、「条件によって変わってくる」という答えにならざるを得ません。


私ブエナの独断と偏見ですが、牝馬を見る時は、

牝馬は短距離なら狙う。長距離なら評価を下げる

という感じで、私の場合は馬券を構成しています。



▼もちろん上記の方法で、裏目に出ることもありますが、馬券というのは長期的な期待値によって収支が決まるため、長い目で見ると、上述した判断方法が、馬券利益に貢献することが多いです。



▼それと牝馬には「タイプ」があります。つまり、


「牝馬限定戦でのみ強い馬」

「牡馬・牝馬混合でも強い馬」



ざっくり分けると、同じ牝馬でも、上記の2つのタイプに分けることができるように思う。なんとなく。



▼要するに、「女の子同士なら強いけど、男の子の中に混ざると、実力を発揮できない」

こういうタイプの牝馬が意外と多い気がする。


ですので、牝馬を狙う場合、特に、2000m以上で牝馬を狙う場合は、過去の成績を見て、

「この牝馬は、牡馬に混じっても力を発揮できるタイプか?」

これをチェックすることが、私の場合は多いですね。


人間でも馬でも、それぞれに個性があり、意外とその個性が馬券に結びつくことも多いわけです。



▼例えば、「牝馬限定戦でのみ強い馬」を考えてみると、


メジロドーベル
メイショウマンボ
アパパネ
スティルインラブ


などなど。
牝馬クラシックでは、最上級の強さを誇った彼女たちも、牡馬に交じると、花も恥らう乙女。

急激に期待値が低下してしまいます。

ある意味では、可愛らしい女の子と言えます。



▼逆に、「牡馬・牝馬混合でも強い馬」を考えてみると、


ブエナビスタ
ジェンティルドンナ
ヌーヴォレコルト
ショウナンパンドラ


などなど。
やはり、新しい世代の牝馬は、牡馬にも負けない精神力がありますね。



▼それでは、実際のデータも見てみましょう。


【牝馬データ】
2010~2015
特別戦
(ブエナ調べ)


◆1200~1600m

牡馬
勝率6.9%
単勝回収率78%

牝馬
勝率6.3%
単勝回収率70%



はい。
「短距離戦」では、牝馬でもそれほど差はないのが分かります。

それでも牡馬優勢ですけどね。

では次に、「長距離戦」を見てみましょう。


◆2500m以上

牡馬
勝率7.8%
単勝回収率104%

牝馬
勝率4.3%
単勝回収率32%



はい。
「長距離戦」では、牝馬は買わなくてもいいくらいの期待値の低さです。

というか、特別戦の長距離戦で「牡馬」の単勝だけ、ひたすら購入していると、利益が出てしまう。

まぁこれは、「長距離戦が荒れやすい」ということでもあるんですが、それでも、牝馬の人気薄はなかなか活躍できていません。



▼それでは最後に、皆さんがよく馬券購入されるであろう、「重賞レース」について見てみましょう。


◆2500m以上の重賞レース

牡馬
勝率6.6%
単勝回収率111%

牝馬
勝率2.9%
単勝回収率25%



はい。
長距離の重賞レースでは、牝馬はお手上げ状態です。

近年の過去5年間では、「ジェンティルドンナの有馬記念」以外は、牝馬は勝っていないと思われます。
(間違ってたらスミマセン)



▼ということで本日は、牝馬は弱いか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

私の考えで言えば、

牝馬より、牡馬の方が儲かる

と思います。私の考えですが。



▼例外として、「夏競馬の重賞レース

以前にも、当ブログで書いたと思いますが、夏競馬の重賞レースだけは、牝馬が鬼強なので、牝馬を狙うことが多いです。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



牝馬はほとんどの場合、不利な気がする


▼牝馬は弱いか?についての考察を続けます。

私ブエナの印象では、基本的に牝馬の回収率が、牡馬より高くなることはほとんどない印象。

大体どんな場合であっても、牝馬は回収率が低いし、的中率も低いことが多いです。



▼あと、通常は競馬の場合、内枠が有利になることが多いんですが、牝馬は内枠のメリットを活かせないことが多い印象です。

これは、か弱い牝馬が内枠で屈強な牡馬に囲まれると、怯んでしまい、精神的なプレッシャーから能力を発揮できなくなるからだと思われます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼また、牝馬の場合、平均的に牡馬よりも体が小さい。

内枠のメリットは、体が小さい馬にはなかなか享受できない面があると思うので、そういう点でも牝馬は不利なのかなと思います。



▼牝馬は、牡馬よりもフィジカル面で劣っているので、「2キロ」の斤量差がある。

それでも牝馬は、なかなか牡馬には勝てないわけです。

「女傑」というのは例外的な存在で、平均的には、女の子より男の方が強いと思います。



▼なので、私ブエナが牝馬を狙っていく場合としては、

「1200mの特別戦で、内枠の牝馬」

というケースが多いです。


先ほど、牝馬の内枠は不利と書きましたが、スプリント戦に関しては、肉弾戦にならずワンペースで行けるので、牝馬が内枠のメリットを生かせることが多いように思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング