競馬ボックスは何通り?点数計算と買い方。三連単ボックス・三連複ボックス・馬連BOXで何点買う?

馬券のボックスは何通り?


▼「初歩的な質問ですみません。馬券をボックスで買う時の、点数の計算方法を教えてください」

というご質問をいただいたので、本日は、馬券をボックスで買う場合の考え方について書いてみたいと思います。

ボックス



主なボックス買いの点数


三連単
4頭ボックス⇒ 24点
5頭ボックス⇒ 60点
6頭ボックス⇒ 120点


三連複
4頭ボックス⇒ 4点
5頭ボックス⇒ 10点
6頭ボックス⇒ 20点


馬単
4頭ボックス⇒ 12点
5頭ボックス⇒ 20点
6頭ボックス⇒ 30点


馬連・ワイド・枠連
4頭ボックス⇒ 6点
5頭ボックス⇒ 10点
6頭ボックス⇒ 15点




▼では次に、ボックス買いの時の、買い目点数の計算方法です
  ↓


三連単ボックス『n ×(n-1)×(n-2)』


例えば、三連単6頭ボックスなら、

『6*5*4』=120点

ですね。



▼次に、三連複ボックスは、『n ×(n-1)×(n-2)』÷6


例えば、三連複6頭ボックスなら、

『6*5*4』÷6 = 20点

となります。



枠連・馬連・ワイドのボックス計算については、ご存知かと思いますが、

『n ×(n-1)』÷2


例えば、枠連・馬連・ワイド6頭ボックスなら、

『6*5』÷2 = 15点

となりますね。



馬単ボックスは、『n ×(n-1)』

例えば、馬単6頭ボックスなら、

『6*5』= 30点

となります。



▼さて、 box買いの点数計算については、上述した通りです。

ここまでは基本中の基本なので、一応、頭に入れておいた方が良いかと思います。


さてさて、馬券で重要なのはここからです。

では、ボックス馬券を買う場合は、いったいどうやって、何点購入すればいいのか?



▼これには答えがありません。

それぞれの馬券戦略によって、何頭ボックスにするかが変わってくるからです。


ただ、ボックス買いの場合、基本的な考え方があります。

それは、


『ボックス買いで長期収支をプラスにするには、たまにドカンと大きい配当を取らなければならない』

という点です。
(あくまで私ブエナの意見です)



▼基本的にボックス買いは、流し馬券よりも、買い目点数が多くなります。

つまりbox馬券は、投資金額が大きくなるため、それを回収するためには、大きい配当を取らなければならないわけです。


という事は必然的に、

ボックスで買うなら、ある程度、荒れるレースを選択しなければならない

ということになります。
(これも私ブエナの独断と偏見です)



▼本命サイドで決まる可能性が高いレースを、ボックスで買い続ければ、長期的な収支は高確率でマイナスになっていきます。
(経験談)

マツリダ予想でも解説の通り、競馬で最も重要なポイントは、


自分が狙う配当が出そうなレースを選ぶこと

なのですね。



▼例えば私ブエナの場合、ボックスで買うなら、少頭数のレースは避けます。

8頭立て~11頭立てなどの少頭数のレースで、ボックスの多点買いを続ければ、馬券収支はマイナスになっていきます。


なぜなら、このような少頭数のレースでは、見込める配当が低いから。
(ついでに、オッズの歪みも出にくい)



▼少頭数のレースが儲からない、と言っているわけではない。

「見込める配当が低い」のであれば、その配当を狙えば良いわけです。

そして低配当を狙う場合、ボックス買いは不向きであるというだけの話。


これはあくまでも、私ブエナの経験に基づく印象であり、もしかしたら世の中には、ボックスで固い配当を狙って、長期的に利益を出している人がいるかもしれませんが、私は見たことがないです。



▼例えば、初心者さんが、よくやりがちなパターンとして、

「重賞レースで、3頭強い馬がいるから、馬連3頭ボックスにしよう!」

このような買い方。



▼私ブエナも、競馬を始めたばかりの時は、「3強のレースを探して、馬連3頭ボックス!」みたいな馬券戦略を試していた事があります。

しかしお察しの通り、このような超シンプルな買い方で、長期的な馬券収支をずっとプラスにし続けることなど、できるわけがないのですね。

少なくとも、その頃の私は、まったく回収率を上げることが出来ませんでした。



ボックス馬券を購入する際に、気をつけるポイントは?

私が、ボックス馬券を購入する際に、考慮している部分は、


・荒れそうなレースであること

・多頭数であること

・ワイドならトリプル的中を狙う

・1~3番人気のうち、2頭以上に死角があるレース



はい。
いつも当ブログで書いているような気もしますが、私ブエナの場合は、

「ボックスで狙うレース」

「流しで狙うレース」


を、分けていることが多いです。


というか、私の場合は、ほとんど「流し馬券」なんですが、上述したような条件に合った場合は、ボックスで狙っていく場合もある、という感じ。

ボックス買いで狙う際の、注意点やポイントは他にもありますので、また別の記事で書いてみたいと思います。



▼ということで本日は、ボックス買いのポイントと注意点について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

ボックスで買うなら、ある程度、「荒れるであろうレース」を選ぶことが重要です。


レース選びの段階で、馬券の勝ち負けはほぼ決まってしまっている。

ボックス馬券の場合は、より顕著に、その傾向が出るような気がします。

要するにボックス馬券は、レース選びを間違うと回収率が大きく下がってしまうと、私ブエナは思うわけです。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





三連複ボックスのデータなど


▼ボックス買いについての考察を続けます。

先ほども少し書きましたが、私ブエナがボックスで馬券購入するときは、少頭数のレースは避けます。

そもそも、私の場合は中穴狙いなので、少頭数のレース自体を避けることが多いわけですが、少頭数でも軸が明確なら、流しで利益を出す事は可能だと思います。



▼ただ、ボックス買いの場合は、少頭数のレースはどうしても不利になりやすいと思う。

流しではなく、わざわざボックスにするということは、軸が決まらないということである。


でも少頭数のレースは、比較的、人気馬が能力を発揮しやすいため、軸を決めやすい。

だから少頭数のレースは、ボックス買いよりも、流しの方が回収率を上げやすいと感じるわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼さて、ちょっと具体的なデータも見てみましょう。

三連複のボックス。3~7番人気。

要するに、「人気の2頭が両方飛ぶかもしれないレース」で、ボックス狙いですね。


【重賞レース。三連複3~7番人気ボックス】
2010~2016
5頭ボックス10点買い
942レース分析(ブエナ調べ)


平均回収率 79%

18頭立て 94%

16頭立て 94%

13頭立て 40%

12頭立て 46%


はい。
重賞レースで、3~7番人気ボックスを購入するなら、フルゲート16~18頭立てが回収率を上げやすい印象です。

17頭立ては、サンプル数が少ないので除外しています。



▼上記のデータを見ても、少頭数のボックス勝負は、どうしても不利になることがわかる。

特に、人気馬を外して好配当を狙うボックスは、ある程度の頭数が揃ったレースで勝負した方がいいと思う。
(あくまで私ブエナの見解です)

上述の通り、少頭数のレースは、人気馬が能力を発揮しやすいので、ボックスより流しの方が回収率を上げやすいと思うからです。



▼馬券で利益を出す基本は、「期待値が高い馬を狙うこと」

期待値が高い馬というのは、競馬ファンから過小評価されている馬と言い換えることもできる。
(マツリダ予想より引用)



▼日本の競馬は、競馬ファンが購入した馬券の金額によってオッズが動く。

ブックメーカーがオッズを決める訳では無い。競馬ファンがオッズを決める。

だからこそ、他の競馬ファンの動向を見て、自分の馬券を決めるべきだと私はいつも書いているわけです。



▼そう考えると、「軸に期待値が高い人気馬」を置くことができれば、長期回収率は極めて上がりやすくなる。

逆に、何も考えずに軸馬を設定してしまうと、どんなにヒモ馬を一生懸命探しても、長期回収率はなかなか上がらないということになる。
(ブエナ経験談)



▼そのような馬券のシステムから考えていくと、「ボックス買い」というのは軸馬を設定しないので、期待値判断が難しいと言える。

5頭ボックスは、言い換えると、「軸馬が5頭いる」と考えることもできるからです。私の感覚ですが。



▼だからこそ、ボックス勝負するときは、「人気馬が凡走しやすいレース」を選ばなければならないと思うわけです。

人気馬の期待値が低いなら、必然的に、「それ以外の馬」の期待値が上がるからです。

そんなレースでは、box馬券が威力を発揮するわけですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング