どの馬券が儲かる?勝ちやすい馬券の種類のおすすめは?勝てる馬券種

どの馬券種が儲かる?


▼『初心者です。馬券にはいろいろな種類がありますが、どれが儲かるんですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、どの馬券が儲かるか?について書いてみたいと思います。

ブエナ単勝


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「私がメインで使っている馬券種は、三連複と単勝」

「理由は、控除率と期待値分散のバランスがいいから。あとマツリダ予想を使うから」

「三連単は、最も期待値が分散するが、控除率が不利。そして資金力が必要になるので、私は三連複を多用している」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼馬券種についての記事は、以前にも一度、書いたような気がしますが、再度まとめてみましょう。

さて、「どの馬券が儲かるのか?」

その答えは・・・


どの馬券でも儲けることは可能

となります。



▼ズバリ!この馬券種が儲かる!!という答えを期待していた初心者の皆さんは、ちょっと拍子抜けしたかもしれませんが、馬券というのは、ウデ(馬券知識)さえあれは、どれを買っても勝てるわけです。


逆に、腕がなければどれを買っても負ける。

そして、「どの馬券種なら勝てるのか?」という質問をしている時点で、おそらくその人は馬券で負けているはずです。



▼さて、どの馬券種でも勝てるわけですが、

「勝ちやすさはそれぞれ違う」

と、私ブエナは感じます。


前にも書いたと思いますが、「複勝」で、長期的に利益を出し続けるのは、非常に難しい。

複勝というのは、負けにくい代わりに勝ちにくい馬券と感じています。
(あくまで私の意見です)



▼馬券というのは大きく分けると、

単系」と「複系」に分かれます。


単勝と馬単と三連単は、同系列。

複勝とワイドと(馬連と)三連複は、同系列です。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼「単系」というのは、1着馬を想定して、馬券を構成する。

「複系」というのは、3着以内馬を想定して、馬券を構成する。


上手い人は、この単系と複系をうまくミックスして、リスクヘッジするわけですね。

(※私ブエナの場合は、回収率に特化させるため、リスクヘッジなしで高期待値のゾーンだけを狙い撃ちしますが。)



▼ちょっと脱線しました。

さて、どの馬券が儲かるか?についての話に戻りましょう。


馬券で儲けるためには重要なポイントは、2つ。

それは・・・


「控除率」と「期待値分散」

です。

初心者さんにはちょっと難しいかもしれませんが、頑張って読んでください。



▼競馬は、国が運営する公営ギャンブルです。

だから国が儲かるように「控除率」が設定されています。


平均すると、25%を国が持っていきます。

そして、馬券というのは、馬券種ごとに控除率が違っているわけです。



▼簡単に言えば、

難しい馬券ほど控除率が高い

わけです。



▼では、難しい馬券は控除率が高いから勝てないのか?

そうではない。

なぜなら、

「難しい馬券は期待値が分散するから」



▼要するに、18頭フルゲートの場合、単勝は「18通り」しかないが、三連単は「4896通り」もあるわけです。

ここで、「オッズの歪み」が発生する。
(マツリダ予想より引用)


要するに、「お買い得なゾーン」が生まれるわけですね。
(難しい馬券種ほど、お買い得なゾーンが生まれやすい)



▼さてさて、いよいよ初心者さんには、ちんぷんかんぷんになってまいりました。

要するに、どの馬券種が儲かるか?という問いへの答えとしては、


「各人の予想スタイルによって変わってくる」

と言わざるを得ないわけです。



▼ちなみに、最近の私がメインにしている馬券種は、

「三連複」と「単勝」です。
(あくまで私ブエナのやり方です)


単勝は控除率が有利なので、たまにミックスします。

メインは三連複ですね。期待値分散と控除率のバランスがちょうどいいからです。



三連単は、上述したように、買い目点数が多いので、「オッズの歪みが生まれやすい」

そういう意味では、回収率を上げやすい馬券種と言えるわけですが、私はあまり買いません。

三連単は、マツリダ予想で非推奨ということもありますが、それ以外にも理由があります。


私が三連単をあまり購入しない理由

・還元率が、72.5%しかない

・多額の資金が必要になる

・予想に時間がかかるので面倒

・連敗期間が長くなりやすい



はい。
以上のような理由から、私個人としては、三連単はあまり購入しないです。

三連複の方が、還元率(75%)の面でも、使いやすいかなという印象です。私の考えですが。



▼「単勝」は、先ほども書いたとおり、還元率が高く、80%です。

つまり、スタートの時点で三連単より、7.5%有利になっています。

なので、

高期待値の馬を探すことができる人は、単勝はかなり勝ちやすい馬券種である

と思う。


その代わり、単勝は、三連単よりはるかに買い目の点数が少ないため、「オッズの歪み」が探しにくいというデメリットがあります。

ただ、私の印象としては、年間トータルで馬券収支がプラスの人は、単勝派の人が結構多いと思いますね。



▼ということで本日は、どの馬券種が儲かるか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

どの馬券種でも儲かりますが、重要なポイントを、もう一つ挙げておくとすれば、


「どのオッズゾーンを狙うか、あらかじめ決めておく」

ことが重要です。



▼つまり、私で言えば、三連複50~200倍を狙うことが多い(マツリダ予想を使うので中穴狙い)わけですが、最初にこのようなオッズゾーンを決めておくと、

どのレースでその配当が出やすいか?

というアプローチができるわけです。


これが競馬で勝つための第一歩となります。

この「レース選び」については、かなり複雑な話になってくるので、また別の記事で、詳しく書いてみたいと思います。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



単勝と馬単の違い


▼どの馬券種が儲かるか?についての考察を続けます。

上述の通り、期待値が高い馬を狙えば、どの馬券種でも勝てる。

長期的にはプラスになります。

なぜなら、その馬の期待値が高いなら、「その馬がらみの馬券」も、すべて期待値が高くなると思うからです。



▼なので、最優先にするべきは、期待値が高い馬を探すこと。

要するに、過小評価されている馬を探せばいい。

「100回走れば15回くらい勝てる馬」のオッズが、「10倍」だったら、、そのようなタイプの馬の単勝を長期的に買い続けるだけで、長期回収率は150%になるわけです。



▼そして、このような馬は単勝だけでなく、馬単や三連単でも狙い目となる。

なぜなら、単勝回収率が高い馬は、「1着固定」にする事で、その単勝期待値の高さを別の馬券でも利用できるからです。



▼つまり、「単勝を買って儲かる馬」なら、「三連単の1着固定でも儲かる」ということになるはず。

控除率の違いはありますが、基本的な考え方は、このようになると思う。



▼問題は、単勝と三連単(馬単)は、控除率が違うこと。

「馬単1着固定総流し」にするくらいなら、私は単勝を購入します。

なぜなら控除率が違うから。

単勝の方が控除率が有利なので、総流しにするなら、馬単より単勝かなと。



▼ただ、「ヒモ馬が限定できる場合」

この場合は、単勝よりも馬単(三連単)が有利になると思う。

総流しでは単勝の方が有利だと思うけど、ヒモを絞り込むことで、控除率のギャップが逆転すると思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼このように、どの馬券種が勝ちやすいかは、ケースバイケースだと思われます。

単勝期待値が高い馬はわかっているが、ヒモが絞れないなら単勝で勝負すればいい。

ヒモが絞れるなら、馬単や三連単で勝負すればいい。

臨機応変に馬券種を選択できる所も、競馬というゲームの楽しいところだと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング