福永祐一は馬券で儲からない騎手?儲かる?狙い方と特徴・データ。下手か

福永騎手の狙い目とデータ検証


▼『福永騎手は儲からないから、買わないほうがいいんでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、福永祐一騎手について書いてみたいと思います。

福永祐一


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「福永祐一は、芝の重賞レースでは、かなり儲けやすい騎手だと思う」

「特に、2~3着に持ってくる技術は非常に高いと感じる」

「その反面、重賞レースだと勝ち切れない面もある」

「ゆえに私ブエナが福永騎手を狙う時は、単系ではなく、複系馬券で狙うことが多い」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼さて最近、福永祐一騎手はいろいろと話題になることが多いですね。

ジャパンカップでもそうでしたが、


「福永騎手から乗り替わりになった馬がG1を勝ち、福永騎手は2着」

という珍事が、立て続けに起こった事も原因ですね。



▼一般的な福永騎手のイメージは・・・


・消極的

・思い切った騎乗をしない

・下手


このように書かれていることが多いです。

さて、では本当に福永騎手は下手で、馬券を買わないほうがいいのか?



▼ちょっと調べてみましょう。

重賞レースを買う人が多いと思うので、2012年~2014年11月までの、約3年のデータで検証してみます。



福永祐一、重賞レース回収率


単勝回収率 61%

複勝回収率 92%



ざっくりと見ると、こんな感じ。

この数字を見て、「馬券を買わないほうがいい」と思いますか?



▼ここからは私ブエナの個人的な見解です。

福永祐一は下手ではない。

「無難に乗る」

だけです。


もっとわかりやすく言うと、福永騎手は、

「2~5着狙いが多い」

という印象ですね。
(特に、重賞レースの場合)



▼このような特徴を理解した上で、福永騎手の馬券を買えば、

むしろ福永祐一は、儲けやすい騎手である

と言っても過言ではないかもしれません。



▼上述したデータでもわかりますが、

福永騎手を買うときは、単系ではなく複系を買う

特に、重賞レースやG1など、ビッグレースでは、このようなアプローチがなかなか効果的だったりします。


この先どう変わっていくかはわかりませんが、現状ではその傾向が強いですね。



▼複勝回収率が92%というのは、かなり凄い数字です。

重賞レースで、福永騎手の複勝馬券を買い続けるだけで、回収率が92%になるわけです。


ここから少し絞り込んでいけば、プラス回収にすることは難しくありません。



▼例えば、上述した回収率は、「芝とダート混合」ですが、福永騎手はダートはあまり良くなく、


福永祐一、ダート重賞 回収率


単勝回収率 29%

複勝回収率 48%



こんな感じ。

かなり低いですね。

福永騎手は豪腕ではないので、パワー勝負になるダートよりも、リズムとタイミングで勝負する、芝の重賞レースの方がはるかに成績が良い傾向にあります。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼試しに、少し絞り込んでみると、


福永祐一・重賞レースデータ


芝重賞、複勝回収率 99%

牝馬限定、複勝回収率 123%

関西馬、複勝回収率 103%

馬体重、460~499キロ 複勝回収率 140~160%



こんな感じ。

福永騎手の重賞レース、複勝回収率で100%を越える条件は、ゴロゴロあるわけです。


豪腕ではないので、馬体重が500キロを越える大型馬の成績は悪いですね。



▼ちなみに上述したデータは、複勝の回収率であり、これを「三連複」や「ワイド」にすると、さらに回収率を上げる事が可能です。

どうでしょうか。

福永騎手は下手ですか?


福永騎手を買うときは、単系を買わなければ良い。

3着内率はかなり優秀なのです。



▼それでは、福永祐一のデータについて、さらに突っ込んでみましょう。


【福永祐一データ】
2010~2015
4707レース分析


平均
勝率15.4%
単勝回収率75%
複勝回収率85%


重賞レース
勝率11.7%
単勝回収率66%
複勝回収率96%



はい。
先ほどより、集計期間を長くしてみたので、若干数字は変わっていますが、やはり福永祐一の成績は、優秀だと言えます。

全レースの複勝回収率が85%もあるので、ワイドや三連複で勝負する人は、「軸馬としての福永祐一」は、意識しておいた方が良いかと思います。



▼特に、先ほども書きましたが、「重賞レースでの、福永祐一の複勝回収率は、非常に優秀」だと、私は感じています。

上記の数字は、「ダート重賞」も入っているのですが、「芝重賞レース」に絞れば、

「複勝回収率102%」

です。

この安定感は、只者ではありません。

私自身も、重賞レースで三連複を購入することが多いので、福永祐一を軸に、3着内狙いをすることが多いですね。



▼ということで本日は、福永祐一騎手はヘタか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

好き嫌いが分かれる騎手ですが、「安定感」という意味では、日本でもトップレベルだと思います。


「勝ちに行かない」ことが多いので、重賞レースでの「単系」は、オススメしません。

単勝・馬単・三連単でアタマにするのは、ちょっと危険ですね。



▼福永騎手に限らず、馬券というのはこのように、部分部分に分けて狙う。

言い換えると、「それぞれの騎手の得意条件を狙う

そうすることによって、長期的な回収率を飛躍的に上げることができるわけです。
(あくまで私ブエナの意見です)



▼競馬は、勝っている人は、勝つべくして勝っている。

福永騎手の買い方ひとつ見ても、明確に回収率が分かれるわけですね。

このような積み重ねが、トータルの馬券収支の「差」になっていくわけです。


なんとなくのイメージで「福永祐一は下手だから切る!」なんて買い方をしていると、なかなか長期回収率は上がってこないかもしれません。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



福永祐一のすごさは複勝回収率にアリ


▼福永祐一騎手についての考察を続けます。

2016年末時点では、騎手の勝ち星は特定の数名に偏っています。

ただ、騎手の単純な勝ち星は、ほとんどが午前中のレースでいかに人気馬に騎乗するか?で、決まっている部分もあります。



▼多くの人は、重賞レースを中心に馬券を購入すると思う。

私ブエナも、午前中のレースの成績はほとんど無視しています。

私自身、午後のレースしか馬券購入しません。

マツリダ予想を使っているというのもありますが、午前中のレースは回収率を上げにくい印象だからです。



▼さて、重賞レースに限定して、各騎手の回収率を見てみましょう。


【重賞レースの回収率】
2010~2016
芝重賞
946レース分析(ブエナ調べ)


福永祐一
単勝回収率 74%
複勝回収率 104%

ミルコ・デムーロ
単勝回収率 157%
複勝回収率 99%

戸崎圭太
単勝回収率 110%
複勝回収率 90%

ルメール
単勝回収率 105%
複勝回収率 104%


はい。
過去7年で、重賞レースで回収率が高かった騎手です。

田辺裕信の単勝回収率もかなり高い(139%)のですが、人気薄での一発が多いので、ここでは除外します。



▼ミルコやルメールがうまいのは当たり前として、戸崎圭太も当然うまい。

そしてこの中に、福永祐一も入ってくると、私ブエナは思うわけです。

世間では、「福永祐一ヘタ!」みたいに言われることが多いわけですが、過去7年の芝重賞レースでは、福永祐一は素晴らしい成績です。



▼特に、複勝回収率は本当に素晴らしいと思う。

三連複で勝負する私ブエナにとっては、福永祐一がいるだけで、かなりプラス収支に貢献してくれる。

極端な話、近年の芝重賞レースでは、福永祐一を軸に三連複を適当に買うだけで勝ててしまうほどです。

彼は過剰人気にもならないので、今後も儲かる騎手でいてほしいと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング