馬券は本命党の方が勝てる?負ける?本命馬券と大穴馬券はどっちが儲かる?

馬券は本命党の方が勝てる?負ける?


▼『馬券は、本命サイドの方が当たるから、本命党の方が勝ちやすいんでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、馬券は本命党の方が勝てるのか?について書いてみたいと思います。

二重丸


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「本命サイドの馬券は、的中率は高いが回収率が上がりにくい気がする」

「つまり、本命党は的中はするけど少しずつお金が減っていく、という事になりやすい印象」

「本命サイドで利益を出すには、かなりレースを絞り込む必要があると思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼馬券における本命党。

それは例えば、重賞レースで2頭が圧倒的に強い時、その2頭の馬連に大金をブチ込む、というのがわかりやすい例ですね。


確かに、2頭の能力が抜けていれば、その2頭で決まる確率は高くなります。

当然、的中率も高くなる。

では、このような買い方が馬券必勝法なのか?



▼天才的な「勝負勘」を持つ人なら、そのような本命サイドの馬券でも、レースを極限まで「選んで」勝つことは可能です。

しかし、天才はほとんどいません。

我々、凡人が馬券で勝つには、本命サイドへのブチ込み馬券は、極めてリスクが高いと思われます。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼マツリダ予想でも、本命サイド馬券ブチ込みの危険性は、基本中の基本として書かれています。

なぜ本命サイドの馬券が危険なのか?

なぜ本命党は勝ちにくいのか?


それは・・・

「本命サイドは馬券が売れすぎるから」

かなと。
(あくまで私ブエナの意見です)



▼ご存知の通り、日本の競馬は「変動オッズ制

要するに、「みんなと同じことをしていては、負ける可能性が高くなる」

というゲームなのです。

そして、平均的に見て、本命サイドの馬券というのは、「みんなが買う」わけです。



▼例えば、2頭の強い馬がいるとする。

この2頭のオッズが、「馬連2倍」だとする。

このような、馬連2倍の馬券を買い続けて、馬券収支を長期的にプラスにするのは、ほとんど不可能に近い気がする。

なぜなら、馬連2倍の馬券が的中する確率は、多くの場合、「50%以下だから」です。



▼馬連2倍で利益を出すためには、的中率が50%以上でなければならない。

しかし、このような本命サイドの馬券は、みんなが買うので、長期的には、ほとんど的中率が50%以下になる。
(もちろん控除率もあるし。)


だから、本命サイドは勝ちにくいと思うわけです。
(オッズ2倍の本命サイドで勝つには、的中率が50%以上になる見込みのレースを選ぶしかない)



▼馬券で長期的に利益を出すためには、

的中確率以上に、オッズがついている買い目を狙う

ことが必須になります。


そのため、本命サイドと大穴サイドは、あまり買わない方が良いと、私ブエナの経験では思うわけです。
(大穴サイドの非効率性については、また別の記事で書きます)



▼さて、それでは具体的なデータを見てみましょう。

上述したような、本命サイドの馬連1点勝負。

「レースを選んで」勝つ方法を分析してみます。


【2強状態のレース】
1番人気のオッズ1.9倍以下
2番人気のオッズ2.9倍以下
2010~2015
116レース該当


馬連1点
的中率48%
回収率95%



はい。
完全に2頭が抜けているレースに絞ってみました。

馬連1点で、回収率95%は、かなり好成績ではないでしょうか。



▼上記のデータは、全クラス対象でした。

ここからさらに絞ってみます。


【上記データ 500万~1600万】
37レース該当

馬連1点
的中率68%
回収率131%



はい。

驚異的な的中率と回収率。

この条件なら、かなりのプラス収支となります。

上述したように、私の考えでは、

本命サイドで勝負するなら、レースを極限まで絞らなければならない

と、私ブエナは考えています。



▼ただ、上記の「回収率131%」は、素晴らしい回収率ですが、よく見ると、

「37レースしか、勝負する機会がない」

わけですね。



▼5年間で、37レースしか勝負する機会がない。

ここまでストイックに絞り込めば、本命サイドの馬券でも、高い回収率を叩き出すことが可能です。


しかし、私は競馬が大好きなので、5年間で37レースしか勝負する機会がないのは耐えられません。

だから私の場合は、本命サイドではなく、中穴サイドを狙うことが多いわけです。

ある程度、穴方向にシフトすれば、勝負する機会も増えるし、本命サイドよりも多くのレースを楽しむことができると、私ブエナは感じています。



▼ちなみに、このような絞り込みなしで、「単純に、1番人気と、2番人気の馬連、1点勝負!」をするとどうなるか?

馬連1点
的中率15%
回収率78%



こうなるわけですね。

単純な「1-2番人気の馬連」では、どう頑張っても、利益を出すことはできないと、私は考えています。



▼ということで本日は、本命馬券の特性について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

ちなみに参考意見ですが、

本命サイドの馬券は、プラスにしにくいが、大きなマイナスにもなりにくい

というような傾向にあると、私は思います。


なので、初心者さんが、まず最初に本命サイドの馬券から始めてみるのは、悪くないと思います。

体感的に、本命サイドの馬券の高い的中率と、その反面の、なかなか回収率が100%を超えてこないジレンマ。

このような「感覚」を、本命サイドの馬券で磨いていくのは、アリだと思います。



▼ただ、馬券で長期的にプラス収支にしている人は、その多くが、「穴党」のような気がします。
(あくまで私ブエナの見解です)

馬券は誰でも当てたい。

当てたいがゆえに、油断するとすぐに本命サイドを買ってしまいがちです。

しかし、馬券というのは、人と同じことをやっていては、なかなか勝てません。



▼ですから、

「人と違う道を行くことを恐れない精神的な強さ」

というのが、馬券で勝つためには必要になってくると思うわけ。


もちろん、本命サイドの馬券でも、長期的に利益を出している人はいますが、今回書いたように、「本命サイドで勝つには、厳密にレースを絞っていく必要がある」と、私は思うわけです。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





初心者さんは、本命党から少しずつ穴サイドにシフトしていくと良い


▼本命党は勝てるか?についての考察を続けます。

本命党が悪いわけではない。

むしろ初心者さんの場合、よくわからないまま穴馬券を狙うより、本命サイドを狙った方が馬券収支は良くなると思います。



▼これには、控除率の問題もある。

JRAは控除率についてあまり語りたがりませんが、確か控除率は、本命サイドの方が控除が甘いはず。

平均控除率25%とされていますが、大穴馬券が出た場合、25%以上控除されるように思う。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼そのため、適当に馬券を買った場合、大穴馬券より、本命サイドの方が長期回収率が高くなりやすいと思うわけです。

また、大穴馬券は宝くじ感覚で購入する人が多いので、単純に期待値が低いという問題もある。

なので、初心者さんが競馬に慣れるまでは、本命サイドを狙う方が、損失は少なくて済むと感じます。



▼本命サイドの馬券で勝負していると、なかなかお金が増えないと感じると思います。
(経験談)

上述の通り、本命サイドの馬券は的中率は高いんですが、オッズに歪みが出にくいため、なかなか利益を出しにくいゾーンでもあります。



▼この状態になったとき、初めて「少し穴サイドにシフトしようかな」という判断が有効になると思われます。

馬券は、穴サイドにシフトするほどオッズの歪みを突きやすくなるので、上手い人ほど穴サイドの方が利益を出しやすくなる印象です。



▼さて、本命党で「年間プラス」にしている人は、どのような買い方をしているのか?

私ブエナの周りにいる人の買い方を考えてみると、


・軸馬が明確で、かつ軸馬の期待値も高いレース

・上位2~5頭が抜けて強いレース

・少頭数のレース

・重賞レースにはこだわらない(重賞レースは中穴~大穴になりやすいため)



はい。
私の周りで、本命サイドを狙って利益を出している人は、このような買い方をしている印象。



▼まず、本命党は「軸馬」の精度が高くなければならない。

「ボックス馬券で本命党」というのは、あまり聞かない。

ボックスというのは、高配当を狙うための馬券構成なので、本命党は軸馬を決めて「ながし」が基本戦略になるかと。



▼そうなってくると当然、軸馬の的中率と回収率が高くなければならない。

単純に、「断然人気の馬」を軸馬にしても利益は出ません。

「強くて、それがあまり評価されていない馬」を軸馬にする必要があるわけです。



▼これをマツリダ予想では、「期待値の高い軸馬」と言う。

このような軸馬を探すためのロジックが固まっている人は、年間プラスになりやすいです。

ヒモ馬というのは、レース条件から、数頭に絞り込むことが比較的容易だからです。

なので軸馬選定の方が、重要だと思いますね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング