ボックス買いは何頭が良い?何点買うBOXにするか。馬連と三連複・三連単

ボックス買いは何頭が良い?


▼『ボックス買いするなら、何頭が良いですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、ボックス買いは何頭が良いか?について書いてみたいと思います。

ボックス



▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「私のやり方を書くと、三連複/三連単なら、5~6頭ボックス」

「馬連なら、4~5頭ボックス」

「ワイドなら、3~4頭ボックス」

「という感じにすることが多い。いずれにしてもボックスで買うなら、荒れそうなレースを選ぶことが最重要だと思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼ボックス買いで、何頭選ぶか?

この部分で悩んでいる人は多いと思います。

多すぎると的中してもトリガミになるし、少なすぎると、そもそも的中しない。


では、box買いの場合、何頭のボックスを組んだら良いのか?



▼これについては、

「ケースバイケースとしか言いようがない」

です。

どういうことかというと、


・馬券種によって違ってくる

・そのレースの頭数によって違ってくる

・そのレースの距離によって違ってくる

・そのレースのオッズバランスによって違ってくる



などなど、各レース条件によって、ボックスに組み込む頭数は変わってくると思うわけ。
(あくまでも私ブエナの持論です)



▼例えば、18頭フルゲートのレースと、10頭の少頭数のレース。

この2つのレースで、同じ頭数のボックスを組みますか?


馬券というのは、極論してしまえば、

回収率が高い馬券だけを買えばプラスになる

わけです。


そして、回収率が高い馬券、すなわち期待値が高い馬というのは、上述したような条件によって常に変動するわけです。



▼漠然とした話になってきてしまったので、私ブエナがボックスを組む時の頭数を書いてみます。


「三連複/三連単なら、6頭ボックス前後」

「馬連なら、5頭ボックス前後」

「ワイドなら3~4頭ボックス」


(※少頭数のレースは、ボックス購入しない)


現在の私の馬券戦略的には、こんな感じ。

18頭フルゲートの時は、7頭ボックスもやります。



▼「多い」と、思いましたか?

私の考えですが、馬券というのは意外と、多点買いでも回収できるものです。
(注:レース選びさえできていれば。)


たまにニュースなどで、「何億円の馬券利益で税務調査!」といった話題がありますが、このような巨額の利益を上げる人は、実は、かなりの多点買いだったりします。
(私はチキンハートなので、そこまで賭けられませんが)



▼多くの人は、3~4頭ボックスくらいにしていると思いますが、「7頭ボックス」でも回収できます。
(ブエナ経験談)

特に、三連単と三連複の場合は、「中荒れ予測」ができれば、高確率で好配当を的中できるので、7頭ボックスでも回収できると私は考えています。



▼ただ、馬連・ワイドの場合は、7頭ボックスだと、ちょっと回収が難しくなってくる印象です。

三連単と馬連では、「総買い目数」が全然違うので、同じレースであっても、三連単と馬連では、ボックスに組み込む頭数は違ってくるように思う。
(これも体験談)



▼大切な事は、「自分が狙う配当が出そうなレースを選ぶこと

ここです。

BOX買いというのは、買い目点数が多いため、結局、高配当を引かなければ回収できません。

なので、堅く収まりそうなレースでボックス買いしても、的中率は高くなりますが、長期的な回収率は低くなってしまうわけですね。

尚、私はレース選びについては、中穴狙いのマツリダ予想を参考にしています。
(自力でレース選びをしてもいいんですが、時短のため)



▼ちなみに、別の記事でも書きましたが、私ブエナの場合は、「ボックス買い」は、あまり好みではありません。

なぜなら、

「ボックス買いは、余計な馬券まで買わされてしまうから」です。

参考記事↓

競馬ボックスは何通り?点数計算と買い方



▼1つのレースに、「期待値の高い馬」は、それほど多く存在していません。

例えば、あるレースに期待値の高い馬が「2頭」いたとする。

その場合、「その2頭を軸にする」と、長期的な回収率を上げやすくなります。


しかし、「その2頭を含めた、5頭ボックス買い」だと、余計な買い目が増えてしまうわけですね。

その2頭を含まない馬券も、購入することになってしまう。

つまりボックス買いは、期待値の低い馬券も、一緒に購入することになってしまう、と私は思うわけです。



▼なので、

ボックス買いを基本戦略にする人は、レース選びを徹底しなければならない

ボックスは、買い目点数が多くなってしまうので、適当に馬券購入していると、本当にあっという間にお金がなくなってしまいます。
(これも体験談)

特に、三連単ボックスは危険ですので、くれぐれも慎重に参戦するようにしてください。



▼参考までに、三連単ボックスのデータを少し調べてみましょう。

過去6年。芝の1800以上。特別戦。600レース分析
3~7番人気の、三連単5頭ボックス60点。



回収率は、「60%」です。

レース選びをしないと、こんな回収率になってしまうということですね。



▼ちなみにいつも書いていますが、私ブエナがボックス買いにするのは、「ワイド」が多いです。

ワイドはトリプル的中があるので、ボックスでも回収率を上げやすいような気がするから。



▼ということで本日は、ボックス買いは何頭が良いか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

Box買いの基本は、

頭数が揃っているレースで、かつ、そこそこ荒れそうなレース(中穴狙い)

このようなレースでだけ、勝負することです。


box買いは、買い目点数が多いので、しっかりレースを選ぶこと。

闇雲にbox買いすると、トリガミ地獄になって、どんどんお金が減ってしまいますので、お気をつけください。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





ボックス買いをするなら、レースを選ばないと負ける


▼ボックス買いは何頭が良いか?についての考察を続けます。

流しではなく、ボックスにするということは、「人気サイドの信頼度が低いレース」ということになる。

なぜなら、人気サイドに信頼できる軸馬がいるなら、シンプルにその馬から流せば良いからです。



▼逆に言えば、信頼できる軸馬がいるレースなのに、高配当狙いでボックスを組むと、トリガミになる確率が高くなる。

そのような馬券の買い方を繰り返していると、どうしても回収率は下がっていきます。

なので私ブエナの場合は、ボックスを組む時は、「人気馬の信頼度が低いレース」に限定するようにしています。



▼私の競馬予想の仕方として、「人気馬」と「人気薄」の、どちらに比重を置くか?ここを競馬予想のスタートにすることが多いです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、長年、競馬予想をしていると、「このレースは人気サイドが主役のレースだな」とか「ここは人気馬の存在感が薄いレースだな」というのがわかるようになってきます。



▼そして、box馬券で勝負する場合は、後者の「ここは人気馬の存在感が薄いレースだな」と感じた時にだけ勝負する。

なぜなら、box馬券で勝負するからには、できるだけ高目の配当が期待できるレースで勝負しなければならないからです。



▼例えば、1~6番人気の馬連ボックスを組むとする。

この場合、狙うは「4~6番人気の決着」です。

これくらいの人気の馬連なら、40~50倍くらいも期待できる。

15点買いで50倍なら十分です。



▼逆に、1~6番人気の馬連ボックスを購入して、1~3番人気で決まってしまうと、トリガミになる可能性が高い。

あるいは、7番人気以下が突っ込んできてしまうと、回収率は0%になってしまう。

だからこそ、box買いでは「レース選び」が重要であり、適度に荒れるレースを選ばなければ、回収率は上がらないということになると思うわけです。



▼さて、「4~6番人気の決着」を狙うなら、最初から「4~6番人気のボックス」にすればいいと思いましたか?

確かに、その3頭の期待値が高いのであれば、そのようなboxを組むのも手です。

ただ、その馬券構成にはデメリットもあります。



▼そのデメリットとは単純に、「的中率が下がり過ぎる」という部分です。

競馬の場合、どんなに混戦レースであっても、1~3番人気を外した馬券は、的中率が大幅に下がります。

ほとんど当たらないわけです。



▼それでも、長期的な回収率がプラスになるなら問題は無いんですが、あまりにも資金のドローダウン幅が大きくなってしまうと、資金回転効率が悪化して、うまく利益が出なくなる。

この辺は、資金マネジメントの話になり、初心者さんには意味不明かもしれませんが、重要なポイントです。



▼つまり、「1~3番人気も入れるのは、連敗のリスクヘッジのためである」と。

回収率は4~6番人気で稼いで、大きく下がる的中率は1~3番人気でカバーする。

私ブエナのボックス馬券は、そのようなイメージです。

(※ここで出している数字はすべて例えであり、4~6番人気が、すべてのレースで儲かるわけではありません)


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング