1番人気の単勝回収率と複勝率~1番人気から馬券を買うと負ける?勝てる?

1番人気の単勝回収率と複勝率


▼『1番人気は、データ的に不利ですか?』

というご質問をいただいたので、本日は、競馬の1番人気について書いてみたいと思います。

人気


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「1番人気馬は、長期的には一番強い。長い目で見ると1番人気より強い馬は存在しないと思う」

「ゆえに、1番人気絡みの馬券が、最も的中率が高い馬券となる」

「ただし、同じ1番人気でも、儲かる1番人気と儲からない1番人気がいる」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼競馬において、そのレースの中で常に中心となるのが、1番人気馬です。

競馬予想の基本は、1番人気馬の取捨から始まると言っても過言ではありません。



▼では、競馬の1番人気馬は、どれくらいの勝率で、複勝率はどれくらいなのか?

本日は、初心者さん向けですが、データを見ていきましょう。
(データ範囲= 過去10年分 36,039レース分析)


1番人気の勝率と単勝回収率


勝率 32%
連対率 51%
3着内率 64%

単勝回収率 76%
複勝回収率 83%



はい。

こんな感じです。

過去10年の1番人気、「36,000頭以上」のデータです。


データのフィルタリングを一切していないので、完全に控除率の範囲に収束されています。

ひたすら一番人気の単複を買っても、負け続けることがわかると思います。



▼ちなみに、競馬というのは不思議なもので、上述した「1番人気のデータ」は、長期的には常に一定の範囲に収束します。

つまり、「今年は1番人気より、2番人気の方が勝率が上だった」ということは、ないということです。

1番人気の勝率は、長期的には常に一定であり、変わりません。

私が思うに、競馬予想は、ここからスタートすると考えています。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼さて、ひたすら一番人気の単複を買っても、負け続ける話に戻りましょう。

1番人気の単複で勝つには、何も考えずに買っていても無理です。

なのでここから、

期待値の低い1番人気を削っていく作業

が必要になります。



▼この「削っていく作業」は、アイディア次第で無限にアプローチの仕方があります。

例えば一例ですが、


G1での1番人気。15番枠~18番枠は、単勝回収率が低い

という傾向にあります。

この条件下での1番人気

勝率 15%前後
単勝回収率 30%前後



この程度しかありません。



▼このように、 同じ1番人気でも、条件ごとにフィルタリングしていくことによって、

・儲かる1番人気

・儲からない1番人気


に分類できるわけです。



▼逆に、「ダートG1での1番人気」を見てみましょう。

勝率 54%前後
単勝回収率 130%前後


はい。

先程の、「外枠の1番人気」と全然違いますね。

同じ1番人気であっても、条件別にフィルタリングすることで、これほどまでに回収率に差が出るわけです。



▼もっと突っ込んで言えば、

芝G1で、15番枠より外の、1番人気馬

は、さらに期待値が低くなることがわかると思います。
(ダートを除外したため)



▼1番人気から買うと勝てないと思っている人は多いのですが、このように考えてみれば、

「期待値が高い1番人気」が、存在していることがわかると思います。

私ブエナは、その場合にのみ、1番人気から馬券勝負します。

(※本日は単複のデータを分析しましたが、「2連3連の軸」となると、また話が違ってくるので、それはまた別の記事で。)



▼さて、先ほども書いたとおり、1番人気には2つのタイプがあります。

・儲かる1番人気

・儲からない1番人気

ですね。


◆「儲かる1番人気がいるレース」では、素直にそこから馬券を構成していく。

◆「儲からない1番人気がいるレース」では、あえて大きく的中率が下がるのを覚悟の上で、その儲からない1番人気「以外の馬」で、馬券を構成する。


私ブエナが、1番人気を見て意識していることは、この2つです。



▼「儲からない1番人気がいるレース」

つまり、1番人気の期待値が低いレース。

この場合でも、1番人気が投票を集めるため、1番人気「以外の馬」の期待値が上昇する傾向にあります。


多くの競馬ファンが、「この1番人気は儲からない」ということを知らないため、オッズが歪むことになるわけです。

ちょっとややこしい言い回しになっていますが、馬券は常に、他の馬券購入者との戦いなので、心理的な要素が複雑に絡んできます。
(マツリダ予想より引用)



▼要するに、「そのレースの1番人気馬は、期待値が高いのか?それとも低いのか?

まずは、ここを判断しなければならないということです。


どうやって判断するのか?

その「期待値判断」に必要なのが、私がいつも言っている「武器」です。


代表的な武器は、「データ」「パドック」「血統」の、どれかだと、私は考えています。



▼これらの武器を磨いて、そのレースの1番人気の期待値を判断できるようにする。

もしくは、これらの武器を持っているサイトの情報を利用する。


いつも書いている通り、馬券で勝つには「武器」がないと無理です。

なので、「自分で武器を磨く」か「他の人の武器を利用する」か、このどちらかが必要になるわけですね。


闇雲に、なんとなくのカンで1番人気を買ったり、切ったりしていては、どんどんお金が減っていってしまいます。
(経験談)



▼ということで本日は、競馬における1番人気馬について書いてみました。

馬券で勝てない人の特徴として、「極端すぎる」というのがあります。


× 1番人気は盲目的に切り捨てる

× 1番人気から絶対に買う


などですね。

ここまで読んでくださった方はお分かりかと思いますが、すべての1番人気を一緒くたにして馬券を構成してしまうと、長期的には、負ける確率が極めて高くなります。


馬券検討は、「1番人気の分析」から始まる。

そのレースにおいて、その1番人気馬は期待値が高いのか?それとも低いのか?

馬券検討は、まずここからスタートすると言っても過言ではないと、私ブエナは思う次第です。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



重賞レースの1番人気データ傾向


▼1番人気のデータ傾向についての考察を続けます。

ここでは、さらに具体的なデータを見てみます。


【重賞レースの1番人気データ】
2010~2016
949頭分析(ブエナ調べ)


平均
単勝回収率 73%

G1
単勝回収率 87%


はい。
最も多くの人が馬券を購入するG1レースでは、1番人気の期待値が高くなっています。

競馬の最高峰G1で1番人気になるような馬は、仕上がりもしっかりしているし、そのレースを狙っているので、安定感が増す印象です。



▼その一方で、G3の1番人気は、単勝回収率 69%しかない。

G3くらいだと、各馬の能力差があまりなく、1番人気でも圧倒的に強いというケースが少ない。

それでも重賞レースだと、初心者さんも参加してくるので、1番人気が売れるわけです。

その結果として、平均回収率よりも低い回収率になってしまうように思います。



▼なので、私(ブエナ)が重賞レースで意識している事は、

「G2~G3では1番人気の過信は禁物。G1だと比較的信頼しやすい」と考えています。

また、先ほども少し書きましたが、「ダートG1」だと1番人気の信頼度が高く、上記の集計期間だと、単勝回収率96%にもなるので、ダートG1では1番人気を軽視しない方が回収率は上げやすい気がします。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング