競馬のデータマイニング予想は勝てるか?当たる当たらない検証と分析。JRA-VAN

競馬のマイニング予想は勝てるか?


▼『マイニングで競馬に勝てますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、マイニング指数について、独断と偏見で書いてみたいと思います。

マイニング2


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「マイニング指数は昔は利益を出せたが、今はマイニング単品で利益を出すのは難しいと感じる」

「マイニングもスピード指数同様に、人気との乖離を狙うことで、回収率を高めることが可能だと思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼マイニング指数というものがあります。

これは有料ですが、JRA-VANなどを使っている人には、おなじみの指数かと思います。



▼マイニングは、ただのスピード指数ではなく、騎手や調教師、枠順、血統、コース、等々。。。

あらゆるファクターを総合的に分析し、

レース結果を事前に予測する指数

となっています。
  ↓
データマイニング公式サイト(JRA)



▼実はこのマイニング。

数年前までは、超有効な指数でした。

マイニングに限らず、ほとんどのスピード指数は、数年前まではかなり利益を出すのに有効だったわけですが、
近年の情報化社会により、指数系はその多くが、「オッズに反映されてしまった印象


これにより現在は、スピード指数「単体で」利益を出す事は、非常に困難な状況になっています。

これについては、前回の記事でも書いた通りです。



▼私ブエナも、数年前までは、とあるスピード指数だけで簡単に回収率をプラスにできていました。

しかし、現在はそのスピード指数だけで利益を出すことは困難です。

では本日のテーマ。「マイニング」はどうなのか?



▼蛇足ですが、マイニングがデータ分析しにくい理由の1つとして、「マイニングはロジック変更が行われる」というものがあります。

微調整かと思いますが、ロジックの変更が行われてしまうと、利用する側としても、どの部分のロジックが変更されたのか分からないので、かなり厄介です。



▼とりあえず、マイニングの成績を簡単に調べてみました。


2010年~2015年
【タイム型マイニング】1~3位の単勝回収率


マイニング1位 78%
マイニング2位 80%
マイニング3位 84%



はい。
こんな感じ。

上記のデータは、一切のフィルタリングをせず、過去の「19,925レース」を分析したものです。

単純にマイニングの1~3位の単勝を買い続ければ、完全にマイナスになることがわかります。



▼ちなみに、マイニング1~3位を「人気別」に見ても、単勝回収率は80%程度。

プラスになっているのは、

「マイニング1~3位かつ、13~14番人気」

の馬だけです。



▼これは指数狙いの鉄則で、「指数上位なのに人気がない馬を狙う」というルールにマッチします。

ただ、13~14番人気ですから、勝率が1%くらいしかない。

つまり、100レース購入して、1レースしか当たらない。

これではいくら回収率がプラスでも、途中で心が折れることが予想されます。



▼芝とダートの比較では、私の感覚では、芝の方がマイニング向きかと思います。

芝限定なら、

芝マイニング1~3位かつ、8番人気以下の馬

は、なかなか期待値が高いと思います。


ただこれに関しても、8番人気以下なので、的中率が低すぎて途中で飽きるような気がします。
(私ブエナの場合ですが。)



▼距離を見てみると、芝2400mは、単勝回収率プラスですが、複勝回収率は平凡で、それほどの優位性は感じません。

ちなみに、私が主戦場としている、午後の芝レースで調べてみても、特に有効なポイントは発見できませんでした。



▼マイニングが利益を出しにくい理由として、「複数のファクターをごっちゃに混ぜすぎ」のような気がします。

馬券で利益を出すには、「優位性のあるファクターだけを組み合わせる」という作業が効果的なので、プラスファクターとマイナスファクターを混ぜてしまうと、相殺されて、高期待値の部分が見えなくなるような気がします。
(あくまで私ブエナの考えです)


逆に言えば、マイニングはまだまだ進化する余地があり、これから使える指数として、また復活する可能性も十分にあると思います。



▼尚、マイニングには、「タイム型マイニング」と「対戦型マイニング」の2種類があります。

ここまでで解説したのは、オーソドックスな「タイム型マイニング」でした。

「対戦型マイニング」は、新型のマイニングで、ロジックが少し改変されています。



▼「対戦型マイニング」は、各馬の能力を相対比較するファクターが加味されており、より実戦的な指数になっています。

とは言え、この「対戦型マイニング」であっても、1~3番人気の単勝回収率は、74%前後。

タイム型でも、対戦型でも、現時点ではマイニングをそのまま買っても、利益を出す事は困難であると思われます。



▼やはり指数ですから、常に「人気との乖離を狙う」という形がベターかと思われます。

マイニング1位でも、1番人気では、期待値の上昇が見込めないからです。

競馬は常に、オッズとの戦いです。



▼ということで本日は、「競馬データマイニング」について書いてみました。

もっと徹底的に調べれば、マイニングで勝つ方法があるのかもしれませんが、マイニングだけで利益を出そうとしても、なかなか難しいような気がします。
(あくまで私ブエナの感想です)



▼マイニングに限らず、あらゆる競馬予想ファクターは、「複合的に活用」することで、その威力が飛躍的に増します。

なので、「マイニング1位を単純に買う!」のではなく、他のロジックと絡ませれば、マイニングで利益を出すことも可能かと思われます。


現時点での私の印象としては、マイニングだけで利益を出すのは、難しいのではないか?、と感じました。

またマイニングで効果的な狙い目が見つかったら、シェアしたいと思います。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



マイニングの実戦活用例


▼データマイニングについての考察を続けます。

ちょっと具体的なケーススタディも見てみます。

例えば、 2016年の有馬記念。


1着 サトノダイヤモンド(1-5)
2着 キタサンブラック(5-1)
3着 ゴールドアクター(2-7)

(マイニングー対戦型マイニング)


はい。
()内が、マイニングと対戦型マイニングの順位です。

うーん。狙いにくいです。

ここは本命サイドの決着だったので、1位から5位まで流しても、ほとんど利益は出ません。



▼では次に、 2016年のジャパンカップも見てみます。


1着 キタサンブラック(8-2)
2着 サウンズオブアース(12-7)
3着 シュヴァルグラン(2-3)

(マイニングー対戦型マイニング)


はい。
ここも厳しいですね。

サウンズオブアースのマイニング順位が低すぎて、マイニングで買うと多分2着が抜けると思います。

1位が凡走しているのも、困りどころです。



▼それでは次の事例。

2016年の天皇賞秋。


1着 モーリス(8-6)
2着 リアルスティール(7-8)
3着 ステファノス(3-3)

(マイニングー対戦型マイニング)


はい。
これも厳しいです。

マイニングだけでは、どうやっても当たる気がしない。

マイニングでは、大外15番のラブリーデイが、マイニングー対戦型マイニングどちらも1位。

しかし、この府中2000mでは大外枠の期待値が低いのは明白であり、指数だけで狙ってしまうと、このような地雷を踏むことになると思うわけです。



▼ただ、シュヴァルグランやステファノスの指数順位が良いのは、なかなか使える。

上述した通り、「人気と指数の乖離」を考えると、この2頭はヒモで狙えるな、という判断に使える。

なので、やはりマイニングでも、それを盲目的に購入するのではなく、自分の予想と合わせて活用していくことが重要だと、私ブエナは思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング