JRAの陰謀?競馬は最初から勝ち馬が決まっている?レース結果の操作はあるか

JRAの陰謀?競馬は勝ち馬が決まっている?


▼『JRAの陰謀で、競馬の勝ち馬はレース前から決められているんでしょうか?』

というオカルトなご質問をいただいたので、本日は、JRAの陰謀について、独断と偏見で書いてみたいと思います。

JRA2
JRA


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「JRAは馬券の売上さえ伸びれば良い組織なので、陰謀論は論理的に説明できないと思う」

「ただ、ファンの多い馬をG1で勝たせることで競馬人気が盛り上がるなら、馬場に手を入れてくる可能性は否定できない。競馬人気が盛り上がれば、売上も伸びるから」

「JRAが勝たせたい馬、勝たせたくない馬。それを馬場状態によって操作するということは、あり得るかもしれない」

「あとは、競馬ファンの射幸心を煽るために、大荒れになるように馬場状態や枠順を調整してくる可能性も、無くはない」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「JRAの陰謀」すなわち、「JRAがレース結果を操作する」というような事はあるのか?

ここに言及する前に、まず当たり前の大前提を確認しておきましょう。


JRAは、馬券が売れさえすれば、オールオッケー!

なのです。

JRAは、馬券の売り上げから25%を抜いて、残りの75%を馬券的中者に分配するだけ。

だからJRAとしては、馬券の売り上げが多ければ、それでいい。

結果が本命サイドだろうと、特大の万馬券だろうと、そんな事はJRAにはどっちでもいい話なのです。



▼なので、JRAがやるとしたら、

「馬券の売り上げが伸びるように、小細工する」

これは可能性がある。


小細工というと言葉は悪いですが、よくあるのが、

「馬場に手を入れる」


ジーワンレースの週に、急に高速馬場になることがあります。

これは走破時計を早くして、国際的なレースレイティングの価値を高めるなどの意味があるようですが、高速馬場にすることによって、勝ち馬やレースの結果は大きく変わります。

これも陰謀といえば陰謀でしょう。



▼あるいは、カリスマ的な人気の馬がいるとして、その馬を勝たせた方が競馬人気に寄与すると考えられる場合。

その「カリスマ的な馬が勝ちやすいような馬場」に、寄せてくることはあり得る。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼とにかくJRAは、馬券の売り上げを伸ばしたいわけです。

そのためには、「競馬ファンは何を望んでいるのか?」

この部分をJRAは考えていると思われます。



▼ですから例えば、「ゴールドシップの出遅れは、JRAの陰謀だ!!」とか言っている人もいるようですが、ゴールドシップの馬券を買っている競馬ファンはたくさんいます。

そんな大勢の競馬ファンが、競馬を嫌いになってしまうような所業を、JRAがわざわざするでしょうか?


JRAは、馬券の売り上げが伸びればOK!

この当たり前の前提を頭に置いておくことで、何が陰謀で、何が偶然なのかが、少し見えてくるのではないか。



▼また、「競馬の勝ち馬は最初から決められている!」などというJRA陰謀論もありますが、JRAが最初から勝ち馬を決めることで、何のメリットがあるでしょうか?

最初から勝ち馬を決めれば、売り上げが伸びるのか?・・・伸びません。

という事は、その陰謀論の線は、ちょっと薄いということになります。



▼ついでに言うと、

「サイン」

これもある意味、陰謀論に近いものがあります。


「G1の当日は、ゲストが誰々だから、誕生日がなんたらかんたらで~~」みたいなやつですね。

このサイン馬券も、「最初から勝ち馬は決まっている」という思考が、根底にあるような気がします。



▼とは言え、サイン馬券は、ちょっと面白いから、私的にはアリだったりします。

大体が「後付け」で発覚するわけですが、G1などでは驚くほどの偶然が重なることがありますね。

競馬の楽しみ方のひとつとして、サイン馬券は面白いと思います。


ただ、競馬の勝ち馬は最初から決まっているわけではないので、あくまでも娯楽として楽しむ部類です。



▼もちろん、「サイン派」は、いても当然よいと思います。

「期待値」や「利益」を、追い求めるばかりが競馬ではない。

あまりにも、利益とか回収率のことばかり考えていると、競馬がつまらなくなることもあるので、少し肩の力を抜いて、違った角度から競馬を見てみるのも、大切なことだと思います。



▼ただ、当ブログは、あくまでも「馬券で負けないための知識」を、突き詰めていこうと思っているブログなので、「期待値」を優先させているだけです。

例えば、馬券で勝てなくて悩んでいる人が、現実逃避的にサイン馬券に逃げ込む事は、さらに馬券のマイナスを増やしてしまうことにつながりかねない。


だからもし、「馬券収支を少しでも改善させたい!」と思うなら、オカルトな方向に逃げるのではなく、徹底的に馬券とギャンブルの基本に立ち返る。

その方が多分、馬券収支は改善されていくのではないかと思います。



▼ということで本日は、JRAの陰謀論について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

上述した事はあくまでも私の考え方ですが、「JRAは売り上げに寄与しない施策はしない」と考えておいてよいかと思います。


ただ、注意点として、

「騎手や調教師が、わざと勝ちに行かない事は、よくある(2~5着狙い等)」

「ヤラズ」と呼ばれるやつですね。

これはJRAの陰謀とは全く別問題です。



▼本日のまとめとしては、

「サイン馬券等を楽しむのは良い」・・・しかし↓

「JRAの陰謀というオカルトに惑わされて、肝心の馬券期待値の考察をおろそかにしないこと」

「馬券で勝てないストレスから、神秘的なものに逃げてしまわないこと」


これが大切だと私ブエナは思います。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





JRAの陰謀とマスメディアの思惑


▼JRAの陰謀論についての考察を続けます。

JRAは、競馬ファンが離れるような、おかしな施策は仕掛けてこない。

だからG1で断然人気の馬が惨敗しても、それはJRAのせいではないと、私ブエナは考えます。



▼G1で断然人気の馬が惨敗するケースとしては、「JRAのせいではなく、マスコミが煽りすぎ」というケースがよくあります。

競馬のオッズはファンの投票によって決まる。

そしてファンの投票は、競馬新聞の記者がつける印によって大きく左右される。



▼なので、G1でやたら過剰人気になる馬がいるのは、新聞やテレビなどでマスメディアが過剰に報道するからだと思う。

なぜ過剰に報道するかというと、その方がマスメディアに注目が集まるからでしょう。

つまり、視聴率が取りやすい。競馬新聞が売れやすい。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼人々の注目を集めやすい、強烈なエピソードを持った馬。

そんな馬をがっつり特集すれば、テレビの視聴率は上がるし、競馬新聞も売れる。

競馬のTV放送や競馬新聞は、単純に予想しているだけではなく、そのメディアの売り上げも計算しなければならない。

だからG1などでは、たまにおかしな過剰人気が発生すると思うわけです。



▼そしてその過剰人気馬が惨敗した時、「JRAの陰謀だ!」と叫ぶ人がいる。

しかしここまで解説して来た通り、JRAはそんなことしても何の得もないわけ。

得があるのはマスコミ。マスメディア。

彼らは、視聴率を伸ばしたい。売り上げを伸ばしたい。

その結果、過剰人気馬が生まれてしまうのではないか?



▼テレビや競馬新聞の力は絶大ですからね。

インターネット社会とは言え、今でもオッズを動かすのはネットではなく、競馬新聞だと思います。


それぞれの思惑が絡みあった競馬。面白いですね。

単純に「JRAの陰謀だ!」と妄想に逃げるのではなく、このように論理的に考えていくと、回収率の向上にもつながっていくのではないかと、私ブエナは思うわけです。



▼さて、「JRAが勝たせたい馬、勝たせたくない馬」というのはあるのか?

これは、なんとなくあるような気がする。

私たち競馬ファンから見て、「この馬が勝ったら競馬界が盛り上がるな」とか「この馬が勝ったら白けるな」と思った事はありませんか?



▼カリスマ性というのは、馬にもあると思う。

もし、オグリキャップのようなスーパースターを現代でも生みだすことができれば、確実にJRAの売り上げは伸びる。

もしかしたらあの頃のように、またものすごい競馬ブームを再燃させることができるかもしれない。



▼そう考えると、カリスマ性を持った馬は、JRAとしても活躍して欲しいはず。

だから、そのような馬に合った馬場状態や枠順に調整してくる可能性は、ゼロではないのかもしれない。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼まあJRAは、公正競馬を売りにしているので、このような事実がもし仮にあったとしても、それが公になることはないでしょう。

これはあくまでも私たち競馬ファンの想像。

そして裏読みの楽しみです。



▼ちなみに「枠順」は、完全に公正な条件で決められているようですが、「明らかに外枠ばかりの馬」がいます。

逆に、キタサンブラックは、内枠ばかりです。

単純確率的にはありえない率で、枠順が決まることもある。

偶然だとは思いますが、見方によってはこれもJRAの陰謀と言えば、陰謀なのかもしれませんね。



▼まあ、キタサンブラックの内枠連発に関しては、偶然の域を超えているので、おそらくJRAが小細工したと思われます。私の考えですが。

単純確率から考えると、あれだけG1で内枠に偏る確率は、ほとんど0%に近い。

キタサンブラックが奇跡の馬と考えることもできますが、いくらなんでも、あそこまで偏る事は考えにくい。



▼となると、キタサンブラックの枠順偏向は、「JRAの陰謀」と言っても過言ではないのかもしれない。

キタサンブラックは、近年稀に見るスターホースであり、あの馬が活躍すればJRAの売り上げも急上昇するからです。



▼まぁこれは、経営戦略であって、陰謀ではないですね。

より売り上げを伸ばすにはどうすればいいか?という工夫。

三日間開催などの変則開催と同じです。



▼最近では、土日祝日の三日間開催が当たり前になりました。

なぜこのような変則開催が当たり前になったかというと、単純に売り上げが伸びるからです。

競馬関係者も、競馬ファンも、変則開催は負担がかかる。

だから、三日間開催にあまり良い事は無いんですが、とにかく売り上げが伸びるので、まかり通っている状況だと思われます。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング