単勝回収率とは?複勝回収率とは?控除率との関係。単勝馬券の基本

単勝回収率とは?


▼『初歩的な質問ですいません。単勝回収率とはどういう意味でしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、初心者講座として単勝回収率について、独断と偏見で書いてみたいと思います。

単勝ブエナ


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「単勝回収率とは、単勝を購入した場合の、賭け金に対する払い戻し比率、という感じ」

「単勝を1万円購入して、払戻金が8000円だったら、単勝回収率80%となる」

「データ分析して、この単勝回収率を先読みし、利益につなげていくのが馬券で勝つためのひとつの方法だと思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



単勝回収率というのは、要するに、

単勝に賭けた金額のうち、何%を回収したか?

という比率です。


例えば、100レース合計で単勝100万円分購入したとして、払い戻しの合計が80万円なら、回収率80%となります。



▼競馬は、この回収率を100%以上にするのが目的のゲームと言えます。

回収率が100%以上は、すなわちプラス収支となります。

「払戻金 ÷ 賭金 ×100= 回収率(%)」

ですね。

これは単勝回収率だけでなく、複勝回収率や、その他すべての馬券種で共通の計算式になります。



▼すべてのギャンブルには、「控除率」というものがあります。

例えば、競馬では約25%をJRAが天引きするので、残りの75%を、「馬券を買ったお客さん同士で奪い合う」ことになります。



▼ですので、単純に考えると、競馬の回収率は75%前後に収束することになります。

これでは赤字なので、25%を穴埋めするために、データを分析したり、オッズを分析したりして、単純回収率の75%を100%以上に引き上げるのが、競馬予想をする意味となります。



▼ちなみに、日本の宝くじの控除率は、50%以上と言われますので、宝くじを買うよりは馬券を買う方が、確率的には圧倒的に有利であると言えます。

また、「宝くじは技術介入の余地がない」

つまり、「宝くじで儲けるためのデータ分析」というのは存在しません。
(※宝くじが当たる方法!というものはありません)


一方で、競馬の場合は、的中率や回収率を高める方法がたくさんあります。

努力すればするほど、単勝回収率および、その他の馬券の回収率が上がっていく。

競馬は運任せの宝くじと違って、努力が報われるゲームと言えます。



▼さらに細かい話をすれば、

「競馬の控除率は、馬券種によって細かく分類されている」

わけです。


簡単に言うと、競馬の場合は、難しい馬券種ほど控除率も高い。

三連単やWIN5といった難しい馬券は、30%近い控除率となっています。

(※控除率の詳細はこちらの記事で解説しています⇒競馬の控除率について



▼さて、三連単やWIN5の控除率は30%近いのに対して、単勝の控除率は20%です。

この部分で、10%もの違いがあります。


ですから回収率を上げるための知識をまだ持たない初心者さんは、単勝から始めてみると、それだけで10%近く回収率を上げることができます。

あくまでも長期的な話ですが、このような基本的な部分をしっかり理解しておくことで、年間の手元に残るお金が大きく違ってきます。



▼ただ、それがわかっていても、競馬ファンは単勝をあまり購入しませんね。

やっぱり「三連単2000万馬券!!」みたいなニュースを聞くと、一攫千金を求めて、地味な単勝より、夢のある三連単を購入してしまう人が多いようです。


ただ、特に初心者さんの場合、三連単より単勝の方が、長期的な回収率を上げやすいと思われます。

(※馬券知識がしっかり身についている人は、三連単の方が勝ちやすいですが。)



▼尚、「単勝回収率」は、「単勝」だけに注目した回収率ですが、単勝でしか使えないわけではありません。

「三連単も馬単も、単系馬券である」からです。


つまり、「単勝回収率が高い馬は、三連単や馬単の1着固定でも、回収率が高い」という傾向にあると思うわけです。
(マツリダ予想より引用)



▼単勝と、三連単・馬単のどっちが儲けやすいかについては、「ヒモ馬を限定できるかどうか」によって変わってきます。

基本的には、私の経験上では、「単勝の方が、安定的に長期回収率を上げやすい」ような気がします。


ただ、ヒモ馬を絞れる場合は、三連単・馬単の1着固定で、その絞ったヒモ馬に流すと、1発高回収が期待できますね。

このように考えると、単勝回収率は、馬券戦略の基本中の基本とも言えます。



▼次に、「複勝回収率

これは、「複勝を買い続けた時の回収率」ですね。


複勝回収率は、単勝回収率よりも、多くの場合「低くなりやすい」

正確に言えば、「複勝回収率は、70~80%で安定しやすくなる」と、私は感じます。



▼つまり、「複勝は大負けしない代わりに、利益を出すのもちょっと難しい」ような気がするわけです。
(あくまで私ブエナの意見です)


ただ、複勝回収率にも使い道があります。

それは、

複勝回収率は、複系馬券の軸馬としての信頼度をチェックできる

と思う。



▼これもあくまでも私ブエナの考えですが、複系馬券(ワイド・三連複)の軸は、複勝回収率が高いと、良い結果が出やすいような気がします。

注意するポイントは、「複勝率」だけが高くても意味がないということです。


要するに、3着内率が高くても意味がない。複勝回収率が高いことが、長期回収率を上げるためには重要だと思う。



▼ということで本日は、単勝回収率・複勝回収率の基本について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

蛇足ですが、馬券の収支は、つけておいた方がいいですよ。

いや、馬券で勝っている人は、ほぼ全員が馬券収支をつけていると思います。


ノートでもExcelでもいいので、必ず収支をつけて、自分の単勝回収率や、その他の馬券種の回収率を分析してみてください。

最初のうちは、回収率100%を超える事はなかなか難しいと思いますが、競馬は努力が報われるゲームなので、馬券知識を増やしていくことで、回収率も上がっていきますね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



単勝回収率は、過去であり未来でもある


▼単勝回収率についての考察を続けます。

単勝回収率は、競馬ソフトでデータ分析する際の、基本となる指標でもあります。

「単勝回収率が高い条件の馬」を、過去のデータから探し出し、それを未来に繋げていくわけです。



▼例えば、「東京芝2400メートルは、内枠有利」

当ブログでも何度か紹介していますが、ダービーやジャパンカップが行われるこのコースは、「内枠の単勝回収率が高い」わけです。



▼これは、「過去の東京芝2400メートルのデータ」を分析すればわかります。

10レースや20レース分析しても意味がありませんが、 100レース・1000レース・1万レースと、分析のサンプル数を増やしていくと、かなり信憑性の高いデータであることが分かってきます。
(あくまで私ブエナのデータです)



▼なので、単勝回収率というのは、「自分の単勝馬券の回収率」を調べるためのものであると同時に、「単勝回収率が高い条件を過去のデータから調べる」ことによって、これからの未来で儲かる馬がわかるわけです。



▼ですので、単勝回収率は「過去の成績」であると同時に「未来を予見する指標」でもあると思うわけです。

データ分析して馬券で利益を出すには、このような単勝回収率の使い方を身につける必要があると、私ブエナは考えています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング