競馬は勝てるのか?馬券で勝てるようになるまでの期間・時間は?どうすれば勝てるか

競馬は勝てるのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「競馬で毎年プラスになっている人は、確実に存在している」

「ちなみに私ブエナも、最近は年間プラスになっている(少額ですが)」

「ただ、どんなに上手い人でも、数ヶ月の短期間ではマイナスになる。長期的に考えていかなければならない」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「競馬って、勝てるのですか?また、馬券で勝てるようになるまでの期間はどれくらいでしょうか?」

というご質問を頂いたので、本日は競馬と馬券の本質について、書いてみたいと思います。

本質



▼まず「競馬は本当に勝てるのか?」というご質問については、当然「勝てます」という答えになります。

数は少ないですが、世の中には競馬で毎年プラス収支にしている人が、確実に存在しています。

ただ、勝ち組は数が少ないので、ほとんどの人は「馬券で勝っている人」を、あまり見たことがないわけです。



▼人間というのは、「見たことがないもの」を信じる事はできません。

また、実際に見たことがなければ、競馬で勝っている人が、どのような買い方をしているのかが、全くわからないわけです。

だから「競馬で勝っている人なんか、いないんじゃないか?」と考えてしまうわけですね。



▼しかしながら、競馬は努力を積み重ねれば、必ず少しずつ上達し、年間プラスが可能になります。

ただし、そこに至るまでの「期間」は、人それぞれです。


努力の方向が間違っていれば、「競馬歴50年」でも、負け続けるわけです。

私の知る限りでも、競馬歴はものすごく長いけど、馬券収支はマイナスという人は山ほどいます。



▼私自身も、競馬に出会ってから「よし!馬券で一財産を築いてやる!」

と、やる気満々で挑んだものの、最初のうちは、まるで勝てませんでした。


負け続ける日々。競馬を研究し続ける日々。

それでも勝てませんでした。何をやっても勝てなかった。それはなぜか?



▼それは「努力の方向が違っていたから」だと思う。

ちょっと漠然とした話になっていますが、本当にそう思います。


競馬は努力した分だけ回収率が上がりますが、「正しい知識を身につける」ことが何より重要です。



▼私はマツリダ予想を使っていますが、これは競馬の正しい知識が身につくからです。

なので、別にマツリダ予想じゃなくても、他に自分に合ったデータや、予想手法があるなら、それをやり続けていけば良いわけです。



▼ちなみに、自分で競馬データ分析ソフトを使って、ひたすら家にこもってデータ分析をすれば、いつかは勝てるようになると思います。

しかし、自力で競馬予想ロジックを組み立てるまでには、膨大な時間を必要とします。

最低でも3~5年。下手をすると10年くらいはかかるかもしれません。

その間、「競馬ソフトの利用料金」も、毎月かかってきます。



▼そんなことをやっている暇がない人は、上手い人から学ぶのが、手っ取り早いわけです。

競馬に限らず、野球でもゴルフでも、最初は上手い人のまねをしたり、コーチに教わったりするのと同じです。



▼結論としては、


「競馬は勝てる」

「勝てるようになるまでの期間は、自力予想なら時間がかかるが、上手い人から学べば短期間で習得可能」


ということになります。



▼ただ1つ注意点として、「高額なサイト」だけは注意してください。

目安としては、「1ヶ月の情報料金が1万円以上」だと、危険ですね。

私ブエナも、これまでたくさんの有料予想に入会してきましたが、月額5,000円でギリギリのラインです。


競馬商材でも、有料予想でも、「高額だから凄いに違いない」という考え方は、とても危険です。

物販の場合は、価格とクオリティが比較的、比例するのですが、「情報の値段」というのは、金額に比例しません。



▼私も、昔は高額な競馬商材を何十万円分もたくさん買ったし、悪質な競馬サイトに、合計で数百万円騙されたこともあります。

「高額だから、すごいことが書いてあるに違いない」と思ってしまったんですね。

でも、競馬の情報というのは、「あまりにも高額なものはアテにならない」という部分があります。
(あくまで私の見解です)



▼それと、高額な競馬商材や、高額な有料予想を買ってしまうと、

「情報料金を回収しなければ!」

という焦りから、馬券をたくさん買ってしまうんですね。


そして、情報料金をがっさりと持っていかれた上に、馬券でも大きく負けてしまう。

これが最悪のパターンです。
(経験談)



▼このような最悪のパターンを避けるためにも、「高額な情報」は、なるべく避けた方が良いかと思います。

世の中には、安くて優秀な競馬情報が、数は少ないですが、確実に存在しています。



▼ということで本日は、競馬は勝てるのか?について、私の独断と偏見で書いてみました。

どうすれば馬券で勝てるのか?

これについては、当ブログの他の記事でも色々な角度から書いていますので、参考にしてみてください。


いつも書いていますが、「馬券で勝つためには、期待値の高い部分だけを購入する」ということになります。

そして期待値の高い部分は、過去のデータから導き出します。

その作業を、自力でコツコツとできる人は、自分でやるのがよい。

データ分析が苦手だったり、時間がない人は、誰かが分析したデータを購入する方が良い。


この辺は、それぞれのライフスタイルによって、自分自身に最も適した馬券スタイルを探していくのが良いと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



競馬で勝つための考え方


▼競馬は勝てるのか?についての考察を続けます。

私の印象では、「競馬は勝てない!」と言っている人は、短期間で結果を出そうとしすぎる。

例えば、「天皇賞もジャパンカップも有馬記念も外れた!競馬は勝てない!」

みたいなやつですね。



▼たった3レース外しただけで、競馬は勝てないと結論付けてしまう。

3レースなんて、馬券で利益を出している人から見れば、誤差の範囲内です。

競馬で勝つためには、何千レース・何万レースの中から、期待値が高いレースを探し、期待値が高い馬を探す。

そしてその馬を中心に、最も効果的な馬券種を選択し、実際に馬券購入する。



▼さらには、大きく的中したときは、調子に乗らず、その日は勝ち逃げしたり、賭け金を下げたりする。

常に長期的な収支を考えながら、「年間プラス」を目指していく。

競馬で勝っている人、年間プラスにしている人は、たぶん、みんなこのような考え方だと思います。



▼競馬というのは、他の馬券購入者との戦いです。

だから「誰にでもできる簡単な方法」では、勝てないわけです。

逆に、「多くの人にできないような努力」とか「多くの人に知られていないロジック」を狙っていく必要があると思うわけです。
(マツリダ予想より引用)



▼私ブエナが、競馬で勝つために、もっともシンプルな方法だと思うのは、「単勝回収率が高い馬を探して、ひたすら単勝を狙う」というやり方です。

JRAのデータベースソフトで、あらかじめ単勝回収率が高い条件を探しておいて、当日、その条件に合致する馬がいたら狙う。

過去のデータは、必ずしも未来を保証しませんが、普遍的なデータというのは必ず存在しています。



▼単勝である程度の回収率が出せるようになったら、「馬単や三連単の1着固定」に切り替えることで、さらに回収率を上げることが可能になります。

「ヒモの選択」という作業が追加されますが、上手い人にとってみれば、「ヒモの優位性」も加味することで、さらに回収率を引き上げることが可能になるわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング