武蔵野ステークス2013予想データ~スピード指数・タイム・マイニング。イジゲン・ベルシャザール

【武蔵野ステークス2013 スピード指数/マイニングデータ】

スピード指数ランキング

■スピード指数ランキング
  ↓↓
武蔵野2013s



マイニング順位

■次に、出走各馬のデータ マイニングのランキングです。
  ↓↓
武蔵野2013m


まとめと総括


▼ジャパンカップダートのステップとして重要な前哨戦が、武蔵野ステークスです。

ここを勝った馬は、本番のジャパンカップダートでも確実に人気になるので、ジャパンカップダートを当てるためにもしっかりと見ておきたいレースですね。


スピード指数のトップは、イジゲン。昨年度の武蔵野ステークスのチャンピオンホースであり、その時のタイムが非常に優秀でした。

ただ、イジゲンは、その後「出遅れ」という致命的な弱点を抱え、全く活躍することができていません。

まともに走れば能力はこのメンバーでもトップレベルなのは間違いないのですが、とにかく気まぐれな馬なので、全く信用できません。

軸馬にするには、ちょっと怖い馬ですね。



▼スピード指数の二番手は、ベルシャザール。

この馬は、ダービーでも3着まで来たように、もともとは芝のエリートでしたが、長期休養のあとダートに転向。

体が大きく、ズブいタイプの馬なので、このダートへの転向は成功し、ダートでは3着を外したことがありません。


前走の、ブラジルカップでのタイムが優秀で、ここでも能力上位ですが「格」という部分でやはり格下なのは確かなので、いきなり通用するかどうか半信半疑なところですね。


また1,600メートルという距離も初めてで、スムーズに追走できるかどうかがポイントになりそうです。



▼スピード指数の三番手は、グラッツィア。

ラジオ日本賞で、ベルシャザールを完璧に抑えています。この馬も重賞ではあまり信頼できないタイプですが、スムーズに先行できれば能力は通用しますね。



▼スピード指数上位の馬以外では、こちらも芝からの移籍組で、ゴールスキーですね。

マイルチャンピオンシップで3着に来たほどのスピードタイプで、武蔵野ステークスでの東京ダート1,600メートルというのは合っていると思いますね。

ただ、意外と人気になってしまいそうで、あまり人気になるようだと別の馬から買いたくなりますね。



▼シルクフォーチュンは、最近は年齢のせいか、あまり昔のような目の覚めるような末脚を発揮できませんが、切れ味はこのメンバーでもトップレベルなので、ハイペースになって前が止まれば、直線一気というのもあり得るかもしれません。マークは必要ですね。



▼ということで、武蔵野ステークスのスピード指数上位馬についてコメントしてみましたが、なかなか難しそうです。

少額で、高配当を狙っていくという感じのレースですね。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング