マイラーズカップ2020年回顧。ヴァンドギャルド・ヴァルディゼールの敗因とインディチャンプの勝因

マイラーズC2020年・敗因分析

▼本日は、2020年のマイラーズカップの回顧と結果分析を、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。






▼まず、今年のマイラーズカップを展開面から分析します。

【1000m通過】58.6秒
【ペース】スローペース
【ベストポジション】先行・インコース



はい。
今年のマイラーズカップは、例年と比べてスローペース。

1~2着馬は、先行した馬で、後方からだと厳しいレースとなりました。



1着インディチャンプ(1番人気)

単勝1.6倍の断然人気に支持されたインディチャンプ。

道中は4番手追走。

スローペースを考えると良い位置取りで、1番枠も良かったと思います。



▼インディチャンプは、抜け出すとソラ(1頭になると気を抜く癖)を使うので、福永騎手は仕掛けをギリギリまで待つ。

ラスト200メートルを切ったあたりからGOサインで、あっさり抜け出すとそのままゴール。

完勝と言っていい内容でしたね。



▼勝因というか、今回に関しては、メンバー的にも強い馬がおらず、順当勝ちだったと思います。

中山記念を使っていたので、いつもの休み明けのモタモタした感じもなく、非常に反応よく抜け出しました。



▼このレースは、斤量58キロが鬼門のレースでしたが、全く関係なかったですね。

相手が弱かったのもあったと思います。

安田記念も有力ですが、今回とは相手のレベルが全然違うので、オッズ次第と言う感じですね。



2着ベステンダンク(7番人気)

マツリダ予想の指定穴馬でした。

8歳馬で、近走も2ケタ着順が続いていたので、全く人気はなかったですね。



▼ベステンダンクの好走原因は、ポジショニングと言えます。

上述した通り、このレースはスローペースの前残りだったので、道中で2番手を追走したベステンダンクは、完璧な位置取りでした。

能力的には高いとは言えないんですが、展開が見事に向いた感じですね。

次走で過剰人気になるようなら、少し疑った方が良いかもしれません。



3着ヴァンドギャルド(2番人気)

このレースで、一番もったいない競馬だったのが、この馬。

スタートで大きく出遅れてしまい、最後方からの競馬になりました。



▼スローペースの前残りで、最後方からでは、まず勝負にならない。

岩田望来(みらい)騎手は、まだ19歳で、最後はよく追い込んできているんですが、このレースに関しては、道中でもっと前目のポジションを取りに行った方が良かったと思います。

岩田康誠騎手の息子さんで、これから楽しみな騎手ですが、ペース判断が今後の課題ですね。



▼ヴァンドギャルドは、前走の東京新聞杯で6着に破れていますが、この時も出遅れて、しかも前が詰まるという不利がありました。

今回は、巻き返し必至だっただけに、また出遅れてしまったのは残念な所でした。

重賞は勝てる能力があるので、今後人気が落ちるようなら、積極的に狙っていきたい馬です。



4着ロードクエスト(8番人気)

道中は8番手から、直線勝負に賭ける。

4コーナーでは、大外ではなくインコースを回る形で、距離ロスを最小限に抑えたのがよかったと思います。



▼この馬も、大敗続きで、全く人気はなかったんですが、今回は相手が弱かったこともあり、4着まで追い込むことができました。

ただ、これで復活かというと、ちょっと微妙なところで、今後もあまり積極的に狙いたい馬ではないですね。

京都コースは合っているので、狙うなら京都競馬場かなと言うところです。



5着ヴァルディゼール(3番人気)

3番人気と、そこそこ人気になっていましたが、今回は完敗の形。

速い上がり勝負は向かないのかもしれません。

少し雨が降ったりして、馬場が渋る方が強い競馬を見せるタイプかもしれませんね。

まだ4歳と若いので、これからの成長に期待です。



▼ということで、私ブエナの馬券的には、

「三連複2頭軸。インディチャンプとヴァンドギャルドから、相手4頭」

と、ある程度絞って勝負しました。

4点で2550円なので、十分な回収だったと思います。



▼メンバー的に、能力バランスを考えると、インディチャンプとヴァンドギャルドの能力が抜けており、この2頭が馬券圏内に入ってくる確率が高かったので、三連複2軸にしました。

インディチャンプの1頭軸だと、断然人気の馬からの流しになってしまい、回収期待値が大きく下がるので、私はそのような買い方は避けることが多いです。



▼当ブログではいつも書いている通り、断然人気の馬というのは、多くの競馬ファンが馬券を購入するため、過剰人気になるんですね。

なので、断然人気の馬の1頭軸は、長期的に見ると回収率が下がりやすいです。

その場合は、2頭軸にして合成オッズを上げ、期待値を上昇させる戦略が有効ですね。



▼インディチャンプを切る、という買い方もあるんですが、今回のマイラーズカップに関しては、人気馬が強い能力バランスだったので、インディチャンプを切ってしまうと、的中率が極端に下がります。

人気馬を切るなら、「切る根拠」が明確でなければならない。

これに関しても、いつも当ブログで書いている通りです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング