コロガシとは?競馬の馬券講座。投資競馬で儲かる?利益の出し方。追い上げは危険

コロガシ・追い上げとは?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「転がしとは、的中した払戻金を、また次のレースに賭ける投資法。雪だるまのように資金を転がしていく」

「追い上げとは、不的中だった場合、次のレースは賭け金を増額する投資法」

「どちらの投資法も、私ブエナはほとんどやらない」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼さて本日は、「投資馬券」について書いてみましょう。

先に書いておきますが、私は馬券を「投資」にしようと考えるのは、どちらかと言うと反対です。


投資とギャンブルは違う。

狙い方も違うし、考え方も全然違います。



▼投資とギャンブルをごっちゃにしてしまうと、競馬では勝てないように思います。

確かに、本質的には投資も競馬も同じ部分はあります。

「人が行かない方向に行く」

という点については、投資も競馬も、本質は同じと言えるかもしれません。

道



▼ただ、それでも私は、投資と競馬はごっちゃにしない方が良いと考えています。

これについては、ちょっと深い話なので、また別の記事で書きたいと思います。



▼さて本日は、投資馬券術の代表「コロガシ」です。

転がしというのは、非常にシンプルな投資方法で、

「的中したらその払い戻しを、次のレースに全額ぶちこむ」

ただそれだけです。

(※コロガシとは逆の、「追い上げ」については、こちらの記事で解説しています⇒馬券の追い上げは危険?



▼次のレースも的中すれば、雪だるま式に資金が増加していく。雪だるまを「転がす」ということですね。

転がしが成功すれば、最初の資金の何倍~何十倍という払戻金をゲットすることができます。


これは馬券投資について何も知らない人でも、「勝ったら気が大きくなって、次のレースに大金を賭ける」

という事は、やってしまった経験があるのではないでしょうか。

天然コロガシですね。



▼転がしは完全にギャンブルで、丁半博打に近いものがあります。

ただ、転がしであっても、確率をある程度計算して行うことも可能です。



▼例えば、1000円から初めて、「3回」転がせば、「100万円ゲット!!」

そのためにはどうすればいいか?


これは簡単で、「10倍を3回連続で当てればいい」

シンプルですね。



▼ただ、この転がしが成功する確率は、「1000分の1 以下」

つまりこの転がしは、「1,000回チャレンジして、1回当たるか当たらないか」

という程度の成功率になります。

(※1,000円の賭け金で、1,000回挑戦すれば、それだけで賭け金の合計は、100万円になってしまいます。)



▼このように、確率を計算して転がしを行うことはできるのですが、ほとんどの場合、転がしというのは確率が低すぎるわけです。

ですから「確率収束」という概念が使えない。


すなわち、安定した利益を出す事が、非常に難しいということになります。

宝くじに近い感覚ですね。

Win5 も、これに近いです。



▼「1000円が、100万円になる!」

というのは、まさにギャンブルチックなロマンですが、このような買い方で、年間の馬券収支をプラスにする事は、非常に困難です。

ですから、馬券収支を年間でプラスにするなら、もっと確率を計算できる買い方にしなければなりません。



▼ただ、転がしは「宝くじ感覚」で楽しむ分には、全然オッケーだと思います。

宝くじを買うよりも、「控除率」の面で、馬券の方が有利なので、そういう買い方もアリかもしれませんね。


ただ、転がしで安定的に、馬券利益を出そうと考えるのは、やめた方が良いと思います。

また、「追い上げ」は特に危険なので、ご注意ください。



▼さて、コロガシの話に戻りましょう。

こちらの「複勝コロガシ」の記事でも書きましたが、(複勝転がしは勝てる?

1 複勝を3回転がして、賭け金を10倍にする

2 1撃で10倍の単勝を狙う



この2つのパターン。

どちらが成功しやすいか?


私の感覚では、「2番」の方が成功しやすいと考えます。



▼これについては、狙うレースパターンや、各馬のオッズバランスによっても変わってくる部分ではありますが、

「2倍以上の複勝で、3連勝」は、かなり難しいです。


それに対して、

「10倍の単勝」は、データ分析しやすいので、比較的簡単に的中させることができます。

と言っても、10倍の単勝ですから、的中率は10%くらいですが、データさえ正しければ、長期回収率をプラスにすることは、それほど難しくないです。

10回に1回以上 当てれば、プラス収支です。



▼それと、コロガシは、

「転がすたびに、控除率が引かれる」

というデメリットもあります。


つまり、単勝1発なら20%の控除ですが、複勝3発だと20%を3回引かれることになる。

この辺は、「控除率を引かれても、回収率が100%を超えるなら、プラス収支」なわけですが、それでも、できるだけ控除率のデメリットは避けたい。

となると、やはりコロガシより、「1発で」狙う方が長期回収率は上げやすいのではないかと、私は考えます。



▼コロガシが効果的なケースとしては、「競馬場やウインズでの現場打ち」

この場合は、大穴を狙って全然当たらないのはつまらないので、的中率の高い本命サイドで転がして楽しむ、というのは良いと思います。

ずっとこの買い方だと回収率が下がりやすくなりますが、たまに競馬場に行った時などは、私もコロガシをやることがあります。



▼ということで本日は、コロガシについて、私の独断と偏見で書いてみました。

「投資競馬」

というのは、どうも私は抵抗があります。

必要以上にリスクが高いような気がする。



▼なぜなら、投資競馬という言葉の裏側には、

「馬データを分析するのは面倒だから、投資術の資金マネジメントで、楽して儲けよう!」

みたいな雰囲気を感じることが多いからです。
(※もちろん、ちゃんとした馬券投資をされている人もいます)



▼馬データを分析せずに、投資術だけで利益を出そうとすると、競馬は非常に危険なものになります。
(体験談)

私も昔、それで失敗しました。

やはり競馬は、馬データの分析が基本だと思いますね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ブエナが複勝コロガシをやらない理由


▼コロガシについての考察を続けます。

通常、転がし馬券で資金を増やそうとする人は、複勝馬券を使うケースが多い。

まあ3回転がしでも、かなり難易度が高いので、多くの人は、「複勝1.5倍以下」の馬で勝負することになる。



▼複勝1.5倍以下となると、1~3番人気くらいです。

1~3番人気から厳選すれば、3連勝を狙うのは、それほど難しくない。

でも、私ブエナは、転がしは遊び以外ではやりません。それはなぜか?



▼例えば、先程の例として、「1.5倍で3連勝」を考えてみましょう。

1.5倍で3連勝すると、最初の資金は、約3.4倍になります。

1,000円から始めて、150円の複勝馬券で3連勝すると、3,300円になる。


これは、難易度を考えると、ちょっと手出ししにくい気がする。



▼それだったら、単勝340円で、期待値の高い馬を、私は狙います。

これなら、期待値分析なので、転がしというリスクを冒さなくても、長期回収率をプラスにすることが可能だからです。



▼先程の、「複勝1.5倍」

これを、転がしを度外視して、一つ一つの期待値を見てみるとどうなるか?


ほとんどの場合、回収率は100%未満となります。

よほどうまい人なら別ですが、複勝の1.5倍で、長期回収率100%超えは、かなり難しいです。



▼なので、複勝コロガシは、

単純に3連勝させるのが難しいというデメリットが1つ。

そして、一つ一つの期待値が1を超えないというデメリットが1つ。

このようなデメリットを勘案すると、私ブエナの考えとしては、転がしよりも、一撃回収の方が効率よく回収率を上げていけると思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング