内枠が儲かる。外枠は儲からない。開幕週は顕著。有利な枠順

内枠有利?外枠有利?


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「枠順の有利不利は、各レース条件によって、大きく違ってくると思う」

「ざっくり言えば、芝は内枠の方がやや有利で、ダートは外枠の方がやや有利な印象」

「芝でも、短めの距離なら、外枠の方がやや有利な印象がある」



では具体的に考察してみます。



▼競馬には、「枠番・馬番」という番号が決められています。

1番の馬は最内からスタート。逆に、18番の馬は大外からスタートになります。


競馬は陸上でいう、セパレートコースのようにはなっていませんので、距離ロスを考えると、基本的には内枠がやや有利かと思います。
(あくまで私の見解です)

ゲート


▼外枠の馬は、円形のコースである限り、どうしても長い距離を走ることになり、ゴール前でバテやすくなります。

逆に、内枠の馬はラチ沿いをぴったりと走るため、最後まで力を温存しておくことができるわけです。


ただ、競馬の場合はトラック競技ではないので、「芝の状態」というファクターが加味されます。

つまり競馬場の芝のコースは、みんながインコースを走るため、開催が進むにつれて、インコースが傷んで走りにくくなることが多いわけです。



開幕週であればインコース有利ですが、使われて芝が痛んでくると外枠が有利になります。

この辺は、私の場合は、

土曜日のレースを見て芝を判断し、日曜日に勝負する」という形にすることが多いです。


ただ、どのような芝の状態であっても、芝のレースでは基本的には内枠が儲かる。外枠は儲からない。というイメージで、私の場合は認識しています。



▼特に、人気のない穴馬を狙う場合は、インコースを走れる馬を狙います。

人気がない馬というのは、ぶっちゃけ「弱い馬」ですから、弱い馬が強い馬に勝つためには、距離ロスを少なくして、インを突くということが必要になってきます。


大外を回して勝てるのは強い馬だけ。すなわち人気馬のみということになります。

(※もちろん展開によっては、人気薄が大外から飛んでくることもありますが、長期的な期待値の話です)


ですから私の場合は、迷ったら内枠を狙う、という感じにすることも多いです。

特に開幕週など、馬場が綺麗なときは、外枠がかなり不利になりますので、内枠を狙うケースが多いです。



▼さて、私の仮説では、芝のレースは内枠有利としていますが、それでは、

何番の馬が有利なのか?


これについては競馬場によっても違ってきますし、距離によっても違ってくるわけですが、私がよく狙う馬番を書いてみたいと思います。


2.4.6.8番」ですね。

上述したように、コースによっても変わってくるので、ある程度は臨機応変に狙う馬番を切り替えますが、「2.4.6.8番」は、平均的に期待値が高い馬番と、私は考えています。
(※芝のレースの話です)



▼なぜ「2.4.6.8番」なのか?

それは「内枠で、なおかつ偶数枠だから」です。


競馬のゲートインは、奇数の番号の馬から入ります。

つまり、1.3.5.7・・・番の馬が「先入れゲート」となる。


そしてサラブレッドというのは非常に繊細なので、狭いゲートの中で、長い時間待たされると、

「キレます」

そう。つまり、奇数番号の馬は、ゲートの中で長い時間待たされるので、「出遅れリスクが高まる」わけです。



▼1.3.5番は、内枠なので有利なのは有利なのですが、上述したように、「出遅れリスク」が高まってしまうため、絶対的に有利とは言い切れない状況です。

それに対して、2.4.6.8番は、内枠でなおかつ「後入れ

なので、内枠の偶数番は、必然的に期待値が高くなりやすいわけですね。



▼ちなみに、私が今、内枠有利と言っているのは、「芝のレース」の話です。

競馬には、芝とダートがありますが、ダートのレースでは内枠有利とはなりません。


なぜなら、ダートとは砂のことであり、砂の上を走るため、内枠の馬は顔に砂が、めちゃめちゃかかるわけです。

そうなると、やっぱりサラブレッドは繊細な生き物なので、「走る気をなくしてしまうことがある」わけですね。


ですから、私の場合は、ダートでは特に内枠を狙うという事はないです。



▼芝の話に戻ります。

奇数馬番は出遅れリスクがあるとは言え、

外枠よりは、奇数馬番の内枠の方が良い

と思います。

特に、レベルの高いレースになればなるほど、内枠の馬の期待値は高くなる印象です。
(あくまで私の意見です)



▼それでは、具体的なデータも少し見てみましょう。


【芝重賞レース 馬番別の単複回収率】
(2010~2016.6)
(714レース。ブエナ調べ)


1~8番 80%ー84%

9~18番 59%-66%


(単勝回収率%ー複勝回収率%)


はい。
直近の、芝の重賞レース(714レース)では、「真ん中より内枠」と「真ん中より外枠」では、やはり回収率に差がある印象です。


尚、ここでは、的中率は度外視しています。

私は、回収率メインで考えるタイプなので、的中率はあまり気にしません。

あくまでも、「儲かる馬」という視点で考えています。



▼ということで本日は、競馬における内枠と外枠の優位性の違いについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「芝の状態が、あまりにもボコボコでない限りは、内枠の馬の期待値が高くなりやすい印象」

「逆にダートは、砂をかぶらない外枠の方が走りやすい」



と、私は考えています。


芝のレースの場合は、長い目で見ると、なるべく内枠の馬を中心に馬券を構成した方が、長期的な回収率は高くなりやすいと、私は考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



内枠が不利になるパターン


▼さて、ここまでは、「芝のレースは内枠有利説」を展開してきました。

ただ、物事には常に例外がある。

芝のレースで、内枠が不利になるパターンもあると思うわけです。

そのあたり、少し考察してみます。


【芝のレース。1~3番枠データ】
2524レース分析
(ブエナ調べ)

単勝回収率 66%
複勝回収率 79%



はい。
1~3番枠なのに、回収率がそんなに高くない。というか低い。

これはなぜか?



▼私の仮説ですが、芝のレースにおいて内枠が儲からない条件として、

「レベルの低いレースになると、内枠が不利になるのではないか?」

と思うわけです。



▼競馬のレースは、未勝利戦からGIまで、クラス分けされています。

上のクラスに行くほど、賞金は高くなり、ハイレベルなレースになります。


ハイレベルなレースと言うのは、全体のラップが厳しく、早いペースで流れる。

逆に、レベルが低いレースは、全体のラップがゆるく、遅いペースで流れる。



▼未勝利戦とGIレースでは、ペースが全然違います。

要するに、未勝利戦や500万条件などの、下のクラスのレースは、遅いペースで流れることが多いと思うわけです。



▼ここで問題なのが、

「遅いペースで、団子状態で走ると、馬群が凝縮してスペースがなくなり、内枠の馬は進路がなくなることがある」

というところです。



▼チンタラと団子状態で走っていると、内枠の馬は、とにかく進路がなくなりやすい。

車で運転するときをイメージしてみると、渋滞でノロノロ運転の時は、どんなに速いスポーツカーに乗っていても、アクセルが踏めない。

そんな印象でしょうか。私のイメージですが。



▼なので、レベルの低いレースだと、芝のレースでも内枠有利にならず、むしろ内枠不利になることがある。

そんな印象です。


【芝のレース。1~3番枠データ】
未勝利戦
(ブエナ調べ)

単勝回収率 41%
複勝回収率 72%



はい。
先程のデータから、未勝利戦だけを抜き出すと、さらに回収率が下がりました。



▼あくまでもこれは、「内枠が不利になる条件の1つ」です。

単純に、「芝のレースだから内枠が絶対有利だ!」と判断するのではなく、常に多面的にアプローチしていくと、無駄な馬を買うことなく、回収率をさらに上げることが可能です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング