関西馬と関東馬はどちらが強いのか?見分け方と狙い方。回収率は?

【関西馬と関東馬はどちらが強いのか?】


▼関西馬と関東馬はどっちが強いか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


関西馬の方が強い。が、最近は関西馬が過剰人気になるケースも多いので、回収率は接近していると思う

それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼競馬は、栗東と美浦と言うように、東西に分かれています。

俗に言う、関東馬と関西馬というやつですね。


「調教師」の所属場所で、馬の東西が分かれます。

「美浦=関東馬」で「栗東=関西馬」です。

東西


▼関東の調教師に所属している馬は関東馬。

関西の調教師に所属している馬は関西馬ということになります。

「栗東」と書くと、東に見えますが、栗東が関西です。最初ちょっと、ややこしいですね。



▼さて、現代競馬では圧倒的に関西馬が強いです。

ジーワンレースの勝ち馬を見ても、関西馬が優勢となっています。

これは重賞レースに限らず、すべてのレースにおいて関西馬が優勢になっているわけです。



▼であれば、関西馬を中心に買っていけばいいのか?という発想になりがちですが、ちょっと注意点があります。

確かに関西馬は強いのですが、単純に関西馬を狙っていけば、馬券で勝てるというような単純なものではない。

何故かというと、「関西馬の強さは、オッズに反映しているから」です。



▼つまり、関西馬が強いことは、トラックマンも新聞記者も競馬ファンも、みんなわかっているわけです。

ですから関西馬は、馬券が売れてしまうのですね。オッズが低くなるということです。


なので、関西馬を買った方が「的中率」は上がりますが、「回収率」にはあまり影響がない。

むしろ関東馬の方が回収率が高いことも多いです。買う人が少ないので期待値が上がるためですね。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼私の場合は、あまり関東や関西は気にしないようにしますが、「軸馬」を選ぶときは関西馬を選ぶことが多いです。

その方が的中率が上がるので、収支が安定するからですね。

そして軸馬は関西馬にしたとしても、相手馬は、関東馬も混ぜて馬券を購入するようにしています。



▼なんと言っても重要なのは、「オッズ」であり、関東馬は不当に人気がないというケースは多いわけです。

そのような馬を狙い撃つことが重要であり、単純に関西馬だから買うとか、関東馬だからいらないとかいう判断は、やめておいた方が良いでしょう。

まぁそれでもハイレベルなレースになるほど、回収率でも関西馬が優勢になっているのは確かです。



▼それでは具体的にデータを見てみましょう。


【特別戦 東西データ】
2010~2015
5386レース分析


関東馬
連対率12%
複勝回収率74%



関西馬
連対率15%
複勝回収率80%



はい。
特別戦のデータです。

特別戦は賞金が高いので、特に東西の差が出やすいように思います。



▼そもそも、関東と関西の馬の力が違うのは、「坂路コース」のクオリティの差というのも、1つの原因となっています。

関西の坂路コースは、馬にしっかりと負荷がかかるコースで、強い馬を育成しやすいわけですね。


関東の坂路コースは、関西よりも負荷が少なかったんですが、「2014年の3月」から、関東の坂路コースも負荷がかかるように作り直したようです。

しかし、この新しい関東の坂路コースは、なんとも微妙で、「負荷がかかりすぎる」という声も聞こえてきます。

あくまでも調教なので、調教段階で負荷がかかりすぎると、レースでバテたりするわけですね。



▼私は調教師ではないので、この辺のところはわかりませんが、関東の坂路コースが改修された「2014年の3月」からのデータを見ても、上述したように、関西馬が優勢のデータとなっています。

単純に、坂路の負荷を強くするだけでは、関西馬を逆転することは難しいと思われます。



▼さて、それではさらに、弱いほう(失礼)の関東馬について見てみましょう。


【関東馬 G1】
2010~2015

単勝回収率60%


はい。
厳しいですね。

逆に、関西馬のG1での単勝回収率は「84%」です。


好走率も、すべて関西馬が上回っていますので、やはり「G1」では関西馬を中心に考えた方が、的中率・回収率ともに向上させやすいと思われます。



▼もう一つデータを。

【重賞レース 東西データ】
2010~2016.7.10

関東馬
連対率 11%
単勝回収率76%


関西馬
連対率 14%
単勝回収率72%



はい。
重賞レースでも、関西馬は強いです。

しかし、単勝回収率は関東馬が上です。



▼ここが競馬の難しいところであり、初心者さんがぶつかる最初の壁でもあります。

「強い馬を買えば、儲かるというわけではない」

「弱い馬の方が、儲かるケースもたくさんある」


と、私ブエナは思うわけです。



▼ということで本日は、関西馬と関東馬はどちらが強いのか?について書いてみました。

私なりにまとめると、


今は、まだまだ関西馬が強い。しかし関西馬は過剰人気になりやすいので、回収率で見れば、それほどの差はない気がする

私はこのように考えています。



▼現在のところは、関西馬が活躍している状況です。

大きいレースでは、特にそうですね。


2015年、G1で関東馬が活躍したレースとしては、ダービーのドゥラメンテや、安田記念のモーリスあたりですが、これはどちらも、「堀宣行」調教師なんですね。


堀宣行厩舎の馬も、最近は過剰人気になりやすいので、微妙な部分もあるんですが、「G1の関東馬」でも、堀宣行厩舎の馬はマークする感じが良いかと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



関西馬と関東馬のGI成績詳細


▼関西馬と関東馬はどっちが強いか?の話を続けます。

具体的に、GIでの成績を見てみましょう。


【GIデータ】
2007~2016.9
231レース分析(ブエナ調べ)


◎関西馬が強いレース

フェブラリーステークス
⇒過去10年で全勝。

菊花賞
⇒過去9年で全勝。

ジャパンカップ
天皇賞秋
⇒過去9年で8勝。

宝塚記念
桜花賞
ダービー
オークス
⇒過去10年で8勝。


はい。
主要なGIは、関西馬が根こそぎ持っていっている感じです。



▼ただ、これについては「出走頭数が全然違う」というのもあります。

過去10年のGIへの出走頭数を見てみると、


関東馬 1243頭
関西馬 2501頭


こんな感じで、関西馬の方が2倍も、GIに送り出している。

その結果として、ほとんどのGIレースで関西馬が優勢になっていると思われます。



▼GIに出るということは、その前の段階で、重賞レースで賞金を稼ぐことが必要。

さらにその前の段階で、オープンクラスまで出世することが必要。

そう考えると、「GIへの出走頭数が多い」という事は、やはり関西馬が全体的に強いと考えることができます。



▼また、「過去10年のGI勝利数」を見てみると、


関東馬 59勝
関西馬 166勝


こんな感じです。
関西馬の方が、2倍以上、勝っている。

出走頭数は2倍で、勝利数は2倍以上。

という事は、勝率でも関西馬の方が優勢ということです。


関東馬
勝率4.7%

関西馬
勝率6.6%


このように、過去10年のGIでは、圧倒的に関西馬が優勢の状況となっています。



▼次に、過去10年のGIでの単勝回収率も見てみます。


関東馬 80%
関西馬 73%


なんと、関東馬の方が儲けやすいという状況です。

先ほども少し書きましたが、これが競馬の面白いところ。

「強い馬が儲かるわけではない」

日本の競馬は変動オッズなので、あまり目立たない関東馬の方が、利益を出しやすいケースも多々あるということです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング