天皇賞春 データ予想と傾向分析~過去データと消去法

【天皇賞春のデータ予想】

▼本日は、格式高いG1、天皇賞春の狙い目を、私(ブエナ)の切り口で考察してみたいと思います




【天皇賞春データ】
過去17年分のデータ集計(2000~2016)
(ブエナ調べ。マツリダ予想からの引用も一部アリ)


▼まず歴代の勝ち馬と騎手 一覧

2016年 キタサンブラック(牡4)武豊
2015年 ゴールドシップ(牡6)横山典弘
2014年 フェノーメノ(牡5)蛯名正義
2013年 フェノーメノ(牡4)蛯名正義
2012年 ビートブラック(牡5)石橋脩
2011年 ヒルノダムール(牡4)藤田伸二
2010年 ジャガーメイル(牡6)Cウィリアムズ
2009年 マイネルキッツ(牡6)松岡正海
2008年 アドマイヤジュピタ(牡5)岩田康誠
2007年 メイショウサムソン(牡4)石橋守
2006年 ディープインパクト(牡4)武豊
2005年 スズカマンボ(牡4)アンカツ
2004年 イングランディーレ(牡5)横山典弘
2003年 ヒシミラクル(牡4)角田晃一
2002年 マンハッタンカフェ(牡4)蛯名正義
2001年 テイエムオペラオー(牡5)和田竜二
2000年 テイエムオペラオー(牡4)和田竜二



▼所属

美浦(関東馬)
6-3-1-54
単勝回収率 225%
複勝回収率 101%
連対率 14%


栗東(関西馬)
11-14-15-170
単勝回収率 119%
複勝回収率 100%
連対率 12%


はい。
G1では珍しく、なぜか関東馬の成績が良いレースが天皇賞春。

普通はG1は、関西馬を中心に馬券を構成すれば、問題なく回収率が上がるんですが、天皇賞春は関東馬も関西馬も関係ない。

どちらも回収率が異常に高くなっているのは、荒れるレースということです。



▼関西馬1~3番人気

7-9-7-21
単勝回収率 55%
複勝回収率 105%
連対率 36%


はい。
G1では効果的な、「人気の関西馬狙い」も、天皇賞春では、ちょっと微妙な数字。

単勝回収率が低く、複勝回収率が高い。
つまり、人気の関西馬が勝ち切れないレース。それが天皇賞春。

でも、3着内率は非常に優秀なので、私ブエナの場合はいつも通り、人気の関西馬を三連複やワイドの軸馬にすることが多いです。



▼年齢データ

4歳馬
9-5-5-64
単勝回収率 107%
複勝回収率 106%
連対率 17%


5歳馬
5-6-7-59
単勝回収率 324%
複勝回収率 138%
連対率 14%


6歳馬
3-3-3-43
単勝回収率 109%
複勝回収率 80%
連対率 12%


7歳以上
0-3-2-62
単勝回収率 0%
複勝回収率 80%
連対率 5%


はい。
過去データでは、きれいに「若い馬の方が好走率が高い」という感じの印象です。

回収率については、人気薄の一発で変わってしまうので、連対率で判断する方が良いかと。

そう考えると、中心は4歳馬。次に5歳馬という感じ。



▼人気別データ

1番人気
3-0-3-11
単勝回収率 28%
複勝回収率 40%
連対率 18%


2~3番人気
7-9-4-14
単勝回収率 101%
複勝回収率 135%
連対率 47%


10~14番人気
4-3-2-69
単勝回収率 400%
複勝回収率 177%
連対率 9%


はい。
天皇賞春は、1番人気が弱い。
悲しいほど成績が悪いです。

京都の3200メートルという、中央競馬でも屈指の難コース。
1番人気馬が能力を発揮するのが難しいレースという印象です。


その一方で、2~3番人気馬は長丁場なので、ゆっくりと1番人気馬をマークしながら進めることができる。
そんな理由かどうかはわかりませんが、天皇賞春の2~3番人気馬の回収率はかなり優秀。

また、10~14番人気の回収率も驚異です。
中穴狙いの私ブエナには、かなり厄介なレース。それが天皇賞春。



▼前走クラスデータ

前走 G2
15-15-15-165
単勝回収率 138%
複勝回収率 93%
連対率 14%


前走 OPEN特別
1-1-1-33
単勝回収率 97%
複勝回収率 147%
連対率 6%


はい。
天皇賞春は、前走G2を使った馬の回収率が高い。
前走G2の内訳は、阪神大賞典・大阪杯・日経賞・京都記念です。


また、大穴で言えば、前走OPEN特別組。
前走OPEN特別組で穴馬になりやすいのは、前走で「大阪-ハンブルクカップ」を使った馬です。
(あくまで私ブエナの認識です)



▼前走レースデータ

前走 大阪杯
5-3-2-25
単勝回収率 125%
複勝回収率 81%
連対率 23%


前走 京都記念
1-1-1-6
単勝回収率 65%
複勝回収率 153%
連対率 22%


前走 日経賞
4-7-3-59
単勝回収率 91%
複勝回収率 92%
連対率 15%


前走 大阪-ハンブルクカップ
1-1-1-25
単勝回収率 125%
複勝回収率 190%
連対率 7%


前走 阪神大賞典
5-4-9-74
単勝回収率 187%
複勝回収率 94%
連対率 10%


はい。
3200メートルの天皇賞春ですが、ステップレースとしては意外と2000メートル前後の、大阪杯と京都記念を使ってきた馬の成績が良い気がする。

関東馬が多い日経賞組もまずまず優秀。


一方で、最大の前哨戦、阪神大賞典組は、意外と成績が悪い印象です。
阪神大賞典組の回収率が高いのは、2012年のビートブラックが単勝万馬券を演出したからです。



▼レース間隔・休み明けデータ

間隔4週
5-3-3-32
単勝回収率 102%
複勝回収率 102%
連対率 19%


はい。
天皇賞春に関しては、レース間隔はあまり気にしなくてもいいのかなと、私ブエナは感じます。

半年くらいまでの休み明けなら、仕上がってさえいれば連対率は下がりません。
(半年以上の休み明けで天皇賞春に出てくる馬は、サンプル数が少ないので不明)


最も信頼しやすいのは、間隔4週か。
これは大阪杯ですが、大阪杯はG1に昇格して、このデータが使えるかどうか、今後もチェックしていきたいと思います。



▼ということで本日は、天皇賞春のデータについて、私ブエナの独断と偏見で分析してみました。

いろいろなデータを見てきましたが、とにかく天皇賞春は回収率が高い。
と言う事は、人気薄の馬が穴を開けることが多いということです。


私ブエナはいつも書いている通り、三連複で中穴狙いのスタイルを基本としているので、天皇賞春はかなり苦手な部類です。

天皇賞春に関しては、中穴狙いに固執せず、少し投資金額を下げて大穴馬を狙うことも多いですね。

1番人気の信頼度が低くなりやすいレースでもあるので、本命党の人は、あまり大金を突っ込んで大火傷しないように注意です。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



私(ブエナ)の天皇賞春の買い方


▼では実際に、私ブエナが天皇賞春で馬券を取ったレースについても、考察してみたいと思います。

まず、 2013年の天皇賞春。


1着 フェノーメノ 2番人気
2着 トーセンラー 3番人気
3着 レッドカドー 6番人気


このレースは、4連勝中のゴールドシップが、単勝なんと1.3倍の1番人気。

ゴールドシップが強いのはわかりますが、さすがにこんな過剰人気オッズの馬を軸にはできない。

なのでデータから、2~3番人気を軸馬にすることに。



▼フェノーメノかトーセンラーか?

マツリダ予想の◎がフェノーメノだったので、ここは普通に2番人気軸として、いつもの三連複で中穴狙い。

三連複21880円。あっさり2万馬券ゲット。


過剰人気の1番人気馬がいると、簡単に万馬券になってしまいます。

天皇賞春が苦手な私ブエナですが、この2013年の天皇賞春は、会心の的中でした。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング