強い馬の見極め方。競馬の勝ち方。オッズの読み方。勝ち馬の探し方

強い馬の探し方は?


▼本日は、馬の能力の見極め方について、私(ブエナ)の独断と偏見で書いてみたいと思います。

まず、私の考えで書けば、


馬の強さは、オッズが示していると思う

私の場合は、ここをスタートラインにしています。
(あくまで私の自説と、マツリダ予想からの引用アリ)



▼競馬において、その馬の能力は、スピード指数などからも換算することができますが、もっと簡単に馬の能力を調べる方法があります。

それは「オッズ」です。

オッズ


私の考えでは、人気のある馬は強い。人気のない馬は弱い。ただそれだけ。

私は自分の考え方をこのようにシフトさせることで、馬券収支が大きく変わりました。


この考え方で言えば、人気のない馬を狙うということは、弱い馬を狙うということです。

弱い馬が強い馬に勝つには、何かしらの、「能力を逆転するための要素」が、必要になってくるわけです。



▼弱い馬(人気がない馬)が、強い馬に勝つための要素は、脚質であったり枠順であったり、前走の不利や、騎手の乗り替わりであったりするわけです。

まともにやっても、弱い馬は、強い馬には勝てない。

ですから人気のない馬、すなわち弱い馬を狙うときには、自分なりの「根拠」がなければなりません。



なぜその弱い馬は、自分より強い馬を負かすことができるのか?その根拠は何か?

それを明確にしないまま、適当に配当が高いからという理由で、弱い馬を狙っていると、確実に馬券収支はマイナスになっていきます。
(経験談)



▼オッズというのは適当についているわけではなく、プロの馬券師の人も、素人の人も、全ての人の知識がそこに凝縮されているわけです。


ですから、オッズを超える指標はないと、私は考えています

馬の強さはオッズでわかる。

もちろん、単発のレースでは、オッズが間違っていることもありますが、長期的に見ると、オッズは最強の指標と考えて良いかと思います。



▼そして、その中で、「あえて弱い馬を狙う」のが、競馬で勝つ方法だと、私は考えています。

強い馬、すなわち人気のある馬ばかりを狙っていても、馬券収支はマイナスになる一方です。


ですから、競馬で勝つには、馬券収支をプラスにするには、「人気のない馬」を狙わなければなりません。



▼さて、「馬の強さはオッズが示している」

これについては、先ほども書きましたが、長期的にはオッズは最強の指標だと思います。


オッズが低い馬は強い。

オッズが低い馬を買っておけば、馬券は当たる。


しかし、「馬券で利益を出すためには」、強い馬を買っているだけではダメだと、私ブエナは思うわけです。



馬券で利益を出すためには、「能力とオッズに乖離が見られる馬を狙う」ことが必要です。

要するに、「そこそこ強いのに、あまり売れていない馬」が、儲かる馬ということです。
(あくまで私の認識です)


極論すれば、競馬予想というのは「そこそこ強いのに、あまり馬券が売れていない馬」を探す作業です。



▼馬券収支がなかなかプラスにならない人の買い方を見ていると、「単純に、一番強い馬を探そうとしてしまっている」

これをやってしまうと、強い馬を探すことはできても、いつまでたっても馬券で利益を出すことはできません。


なぜなら、馬券の利益と言うのは、「オッズの歪み」からしか生まれないからです。



▼ぶっちゃけ、強い馬を探すのは簡単です。

「単勝1倍台の馬」

このような断然人気の馬は、そのレースの中では飛び抜けて強い馬と言えます。



▼しかしながら、「単勝1倍台の馬」で利益を出す事は、とても難しい。

なぜかというと、「単勝1倍台の馬」は、過剰人気になるからです。

人間の心理から、「ある一定のオッズラインを超えると、急激に過剰投票が始まる」と言われています。


つまり「単勝1倍台の馬」は、過剰人気になりやすい。

すなわち儲からない馬となるケースが多いと、私は思うわけです。



▼ちなみに、たまにいるんですが、

「自分はオッズなんかに頼らない!自分の目を信じて、1番強い馬を探してやる!」

というチャレンジャーがいます。


それ自体は競馬の楽しみ方として、いいと思うんですが・・・

一度、チャレンジしてみてください。

「自分が選んだ馬が、1番人気の馬より、勝率が高くなるかどうか?」


50レースくらいやってみると、1番人気の馬の強さが実感できると思います。
(私も、その昔やったことがあります)


自分が一番、強いと思った馬は、長期的な成績では、1番人気にほぼ確実に負けることになります。



▼ということで本日は、強い馬の見極め方について書いてみました。

私なりにまとめると、


「馬の強さはオッズで測る」

「その上で、オッズと能力にズレがある馬を探す。その馬こそが、馬券で利益を出すために必要となる馬である」

「弱い馬でも、オッズより能力が高ければ儲かる」



私はこのように考えています。
(このあたりは「マツリダ予想」の受け売りでもあります)



▼ちなみに、「オッズを見ないで馬券を購入する」というのは、オススメしません。

長期的な馬券収支がプラスになっている人は、私が知る限り、ほぼ全員が、

「オッズと能力を見比べて、その歪みを突いている」

と、思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



前走ぶっちぎりで勝った馬は儲かるか?


▼さて、強い馬の見極め方として、第一部では「オッズ」を指標にすると書きました。

ここでは、オッズ以外の部分で、強い馬を見極める方法を考えてみたいと思います。



▼まず、わかりやすい見極め方として、

「前走、ぶっちぎりで勝った馬」

このようなタイプ。


これは強いことは強いが、見た目ほどの強さはないことが多かったりする。

しかも、ぶっちぎりで勝った馬は、競馬新聞で目立つ。

そのため過剰人気になりやすく、回収率はあまり上がらない傾向にある気がします。



▼例えば具体的なデータ。

ここ9ヶ月ほどのレースに出た、37267頭のうち、「前走1着」の馬は、2651頭。

このうち、「0.5秒以上の差をつけて、ぶっちぎりで前走を勝った馬」

これは強そうに見えますね。

その成績は、


勝率 9%
単勝回収率 65%
複勝回収率 64%
(431頭)


はい。
特に強くないわけです。



▼0.5秒以上もの差をつけて、圧勝してきた馬を、次走で狙ったところで、全然プラスにはならない。

431頭のデータなので、確率的には、そこそこ信用できるサンプル数かと思います。



▼なぜ、前走ぶっちぎりで勝ったのに、儲からないのか?

ここには1つ、罠があります。

それは、

「ダート」です。



▼ダートのレースは、0.5秒以上で勝つことが珍しくない。

そして、このような馬が次走で過剰人気になり、儲からない馬となる。


ちなみに、ダート限定で、
「0.5秒以上の差をつけて、ぶっちぎりで前走を勝った馬」


勝率 10%
単勝回収率 43%
複勝回収率 57%
(264頭)


はい。
先ほどより、かなり回収率が下がっています。

ダートのぶっちぎりは、過剰人気になるという傾向があるように思うわけです。



▼では、芝のレースならどうなのか?

芝限定で、
「0.5秒以上の差をつけて、ぶっちぎりで前走を勝った馬」


勝率 7%
単勝回収率 113%
複勝回収率 80%
(141頭)


はい。
一応、プラス回収です。

ただ、勝率が低い上に、サンプル数が少ないので、確率収束していないと思われます。

なので、これは盲目的には信用できないかと。



▼私ブエナの考えとしては、

「0.5秒差以上など、ぶっちぎりで勝ってきた馬は、前走で力を使い果たしていたり、今走で過剰人気になりやすいので、あまり美味しい馬とは言えないのではないか?」

このように考えます。


むしろ、前走1着で強い馬を探すなら、「ぶっちぎりではないが、余裕を持って勝ち上がってきた馬」

マツリダ予想からの引用ですが、このようなタイプは、回収率を上げやすいです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング