競馬の軸馬の選び方。本命馬の決め方。人気馬。先行馬。騎手は不問

軸馬の選び方。本命馬の決め方


▼軸馬を選ぶ基準は何か?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「軸馬は、人気馬の中で複勝回収率が高い馬を選ぶと、長期回収率が上がりやすいと思う」

「具体的には、枠順・前走内容・前走人気。私の場合はこのあたりを見ることが多い」



それではこの件について、具体的に考察してみましょう。



▼私の感覚では、競馬で勝つには、基本的には「流し」か「フォーメーション」で、馬券を買うのが、効率が良いと考えます。

ボックス馬券というのは、慣れていないと回収率を上げにくいので、流し馬券かフォーメーション馬券が基本になると思います。



▼そして、その際に使用する、肝心の「軸馬」の選び方ですが、私の場合は軸馬は「人気馬」から選びます。

馬5


▼穴党の人は、あえて誰も注目していないような馬を◎にして、大穴予想だ!みたいな組み立てをする人も多い印象。

ですが、人気薄の馬を◎にすると、的中率が低くなるので、資金の回収効率が非常に悪くなってしまいます。
(マツリダ予想より引用)

なので、◎は「人気馬」から選ぶ方が、私は良いと思います。



▼私のやり方としては、まず軸馬は人気サイドから選ぶ。

そしてある程度、「先行できる馬」の方が的中率・回収率が上がります。

追い込み馬は派手ですが、どうしても回収率が悪くなってしまうため、なるべく4コーナーを5番手以内で回ってこれる馬の方が良いかと思います。



▼騎手については、トップジョッキーの方が信頼できそうですが、実際はそうとも言い切れず、軸馬を決めるときには、私はあまり騎手は見ません。

騎手よりも、馬のコース適性・回収期待値を見ます。

(※ただし重賞レースの場合は、騎手の重要性が増すので考慮します)



▼◎は人気馬から選ぶわけですから、それほど迷うこともないかと思います。

私の場合は、軸馬は、人気上位3頭くらいの中から選ぶことが多いです。


軸馬を人気馬にして、相手は基本的には人気薄に流します。

これが馬券で回収率を上げるために、最もシンプルな方法だと思います。



▼「1番人気と2番人気の馬連」・・・などという本命サイドの馬券は的中率は高いのですが、長期的には、馬券収支が赤字になりやすくなるので、押さえまでにしておくのが良いかと思います。
(私は押さえでも買いません)

勝負は、「人気馬と人気薄の組み合わせ」の馬券とするのが、期待値を考えると良いかと。
(あくまで私の自説です)



▼ちなみに、

「実績的にはどう考えても上位なのに、何故か人気がない馬」

というのは、調教過程が悪かったり、体調が悪かったりするケースが多いので、これをおいしいと判断して軸にし、ガッツリと馬券を買うのは避けた方が良いです。

あくまで軸馬は人気馬から選ぶ。その方が長期的には安定すると思う。



▼さて、先ほど「軸馬選びに騎手は関係ない」と書きましたが、騎手を考慮する場合は、

人気馬に乗って、成績が良い騎手

を選ぶことになります。


騎手のうまい・下手と言うと、絶対的なもののように考えている人も多いのですが、そうではなく、騎手にはそれぞれ特徴があります。

要するに、「穴騎手」とか「軸騎手」といった適性があると思うわけです。



▼具体的な、騎手のデータを見てみましょう。

通常、1番人気の連対率の平均は、「約50%」です。
(全レースの平均)

この「連対率50%」を1つの基準として、これを上回る騎手は、人気馬に乗って好成績の騎手と言えます。

では、簡単に分析してみましょう。


【ダートで1番人気に乗った時の連対率】

2010~2015.9
6280レース分析


福永祐一 60%
戸崎圭太 44%



はい。
一般的には、「戸崎圭太はうまい」「福永祐一ヘタ」とか言われていますが、ダートの1番人気に乗った時の連対率は、福永祐一の圧勝となっています。

距離やクラスによっても、また話は違ってくるのですが、平均的には、福永祐一のダート1番人気は、軸としては信頼できると言えます。

(※1着で来るかどうかは別問題。あくまでも軸信頼度です)



▼芝のレースも見てみましょう

【芝で1番人気に乗った時の連対率】

ミルコ・デムーロ 64%(1600~1800m)


はい。
今度は条件を限定してみました。

ミルコ・デムーロは、芝の1600~1800mで1番人気なら、連対率64%というデータ。素晴らしい成績。

この条件なら、ミルコ・デムーロの1番人気を積極的に軸にしても良い感じですね。



▼このように、騎手にはそれぞれ「得意な条件」があります。

それをあらかじめ分析しておいて、該当する場合に、軸馬とする。

このようなルールを自分の中に決めておけば、予想をする際も、不必要に迷うことなく、長期的な回収率を高めることが可能になると思います。



▼軸馬を選ぶときは、騎手だけでなく、

「そのコースの有利な枠」とか「そのコースで回収率が高い種牡馬」などなど、切り口は無限にあります。

このアプローチ数の多さが競馬の魅力であり、難しいところでもあると思います。


軸馬を決めるときには、「自分なりの軸馬ルール」をあらかじめ決めておいて、そこに合致した馬を軸馬にすると、長期的な回収率も上がりやすくなると思います。



▼ということで本日は、競馬の軸馬の選び方について書いてみました。

私なりにまとめると、


「軸馬は、1~3番人気くらいの馬のうち、そのレース条件での複勝回収率が高い馬を選ぶと良いと思う」

「人気薄を軸馬にしても利益を出すことは可能だが、確率の収束までに時間がかかるので、人気馬を軸にした方が、収支は安定すると思う」



私ブエナはこのように考えています。



▼上述の通り、軸馬は、条件を限定して、「人気馬に乗った時に、その条件が得意な騎手を軸にする」と、回収率がアップします。

なんとなく軸馬を選ぶのではなく、「その条件で回収率が高い軸馬」を選んでいくこと。

これが軸馬選びでは、重要なポイントだと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



軸馬選びの具体例


▼さて、シンプルに人気馬で複勝回収率が高い(低い)条件を探してみましょう。

【1~3番人気データ】
中央特別
2010~2016.9
2344レース分析(ブエナ調べ)


■平均複勝回収率 82%

■7歳以上 73%

■419kg以下 65%



はい。
まず、競馬というのは基本的に若い馬の方が儲かりやすいので、1~3番人気でも、7歳以上になると複勝回収率が10%も下がります。

ただ、高齢馬は数が少ないので、「もし軸で迷ったときには、若い馬を狙う」という程度の認識でも良いかと思います。



▼あと、軸馬選びには、「馬体重」も意外と影響することがあります。

先ほど、若い馬の方が儲かりやすいと書きましたが、競馬では、体が大きい馬の方が儲かりやすいという面もあります。


馬格がないと、当たり負けするし、不利を受けやすい。

特に、内枠に入ったときなどは、小柄な馬は期待値が下がりやすくなる印象です。



▼なので私の場合は、「軸に迷ったら、体が大きい馬を選ぶ」という基準もあります。

ディープインパクトなど、小柄で強い馬ももちろんいますが、あくまでも平均的な話になります。

私の基準では、「馬体重500キロ前後」が、回収率が高くなりやすい印象です。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング