馬場状態の読み方~中央競馬の芝を読む方法。外差しとは?高速馬場。前残り馬場

【馬場状態はどうやって読むか?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「私の馬場状態の読み方は、『①土曜日のレース結果から読む』『②自分が勝負する日の同条件のレースから読む』この2パターンが多い」

「馬場状態は、事前の情報で判断するより、実際にレースを見たり、レース結果から判断する方が信憑性が増すと思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼競馬において予想の重要なファクターとなるのが「馬場状態」です。

私が言う馬場状態というのは、単に良馬場とか重馬場とか不良馬場だとか言う話ではなく、
「馬場のどのあたりが伸びるのか? 」という意味での馬場状態です。

競馬 芝



▼初心者さんには難しいかもしれませんが、この馬場状態を読むことは非常に重要です。

特に、究極の勝負になる、ジーワンレースや重賞レースでは、この馬場状態が結果に直結してくるわけです。



▼条件戦などのレベルの低いレースでは、あまり馬場状態が結果に直結することはないのですが、ビックレースになるほど馬場状態が重要になってきます。


俗に言う「前残りの馬場」とか「外差し馬場」などという言葉を聞いたことがあると思います。

競馬は、特に芝のレースではその試行時期によって、外枠が有利だったり内枠が有利だったりするわけです。これが馬場状態ですね。


内側の芝がボコボコで、全く伸びない状態の時、内枠に入ってしまった馬は、かなり不利になります。

どんなに強い馬であっても、ボコボコの芝を走るとスピードが殺されてしまうのは当然のことです。



▼ダートの場合は、内と外の差がないので、ダートの馬場状態は単純に「水分含有量」で決まることが多い印象。

ダートは水分を含んで湿り気を帯びてくると、砂が硬くなって高速馬場になります。前が止まらなくなるケースも多い。

逆に、パサパサの乾燥したダートは、重くて走りにくいのでタイムが遅くなります。夏のビーチで走るような感覚ですね。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ダートに関しては、基本的には水分含有量だけを見ておけば良いのですが、芝に関しては水分だけでなく、インコースが荒れているのか?全体的に走りやすい高速馬場なのか?あるいは芝の長さが長いのか短いのか?

このような複合的な要素が交錯してくる。

これを全て検討して馬券に結びつけるのは、ほとんど不可能に近いです。



▼ですが、芝の状態を読み切って馬券を当てることは可能です。

私が思うに、芝の状態を読む方法はシンプルで、

事前に芝のレースを見て、どこが伸びているかチェックする」ただそれだけです。



▼私がベターだと思うやり方は、競馬は土曜日と日曜日の開催ですから、「土曜日に芝の状態をチェックして、日曜日に勝負する」というのが、わかりやすい馬場状態の読み方かと。


たとえば、日曜日の重賞レースで馬券を購入することが多い人は、土曜日の芝の状態をチェックして、さらに日曜日のメインレースまでの芝のレース、つまり、1レース~10レースまでの芝のレースをチェックします。

これだけでも、どこが伸びやすいのかが大体わかります。



▼「自分は重賞レースしか買わないから、重賞レース以外は見ても意味がない」と言っている人もいますが、馬場状態を見るために、自分が買わないレースを見ることは非常に重要です。

プロ馬券師はもちろんのこと、利益を出しているセミプロの馬券師の人は、みんなこのような作業は当たり前のようにやっています。



▼芝の状態を読む、というのは最初は難しいかもしれませんが、「芝のどのあたりが伸びるか?」という観点でレースをいくつも見ていると、そのうち少しずつ分かるようになってきます。

競馬は努力すればするほど勝てるようになるゲームです。まずは自分にできることから一つ一つやっていきましょう。



▼さて、馬場状態を読むためには、「レースを見る」のがもっとも確実ですが、なかなか忙しくてレースを見る暇がない人は、

レース結果から、馬場状態を推測する

という方法もあります。

私も、あまりすべてのレースを見ている時間がないので、このやり方を使うことが多いです。



レース結果から、馬場状態を判断する場合、私が見るのは、


・3着内に入った馬の「馬番」

・3着内に入った馬の「通過順位」

・全馬の平均的な「上がり3F」

・3着内に入った馬の「着差」



はい。
私は、上記のような項目を見て、おおまかな馬場状態をチェックしています。

「勝ち時計」も、まあ重要なんですが、「上がり3F」を見た方が、馬場状態のチェックには役立つような気がしています。
(あくまで私ブエナの意見です)



▼さて、上述した項目について考察してみましょう。

まず1番目の、3着内に入った馬の「馬番」

これが最も分かりやすい。

上位入線馬が、内枠なのか?外枠なのか?

もし偏りがあれば、その枠が有利な馬場状態であると推察できます。



▼次に、3着内に入った馬の「通過順位」

これも意外と重要で、上位入線馬の通過順位を見ることで、「前残り馬場なのか?差しが決まる馬場なのか?」が、大体わかります。

通過順位というのは、各コーナーを通過した時の順位で、

「15-14-12」

みたいな感じで表示されるやつです。

これをチェックすれば、そのレースが前残りだったか、前崩れだったかが、何となく見えてきます。



▼次に、全馬の平均的な「上がり3F」

これを見ることで、「高速馬場」かどうかをチェックできます。

「上がり32.5」などが出ている場合は、かなりの高速馬場であり、速い上がりが使えない馬には、厳しい馬場状態であると言えます。



▼ということで本日は、馬場状態の読み方について、私の独断と偏見で書いてみました。

「レースを見る」か「レース結果を見る」

忙しくても、どちらかは、やった方が良いと思いますね。

なんとなくでも、馬場状態が頭に入っていると、予想する時も迷いがなくなります。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



重賞レース・G1レースでの馬場状態の読み方


▼馬場状態の読み方についての考察を続けます。

例えば、GIレースの日には、「そのGIと同条件のレース」が、第9~10レースに組まれることが多いです。

私ブエナの場合は、GIを購入する時には、このような同条件のレースを必ず見るようにしています。



▼それは上述したように、馬場状態をチェックするためです。

「内枠か外枠か?」「高速馬場か重い馬場か?」

この2つだけでも把握しておけば、かなり予想がやりやすくなります。



▼「同条件の第9~10レース」で、上がり3ハロン33秒台前半なら、馬場状態は良好。

速い上がりが使える馬には、有利な流れになることが多い。

この場合は、本番のGIレースでは、スタミナタイプよりスピードタイプを狙う方が、予想の精度は上がるかと思います。



▼ただ、「同条件の第9~10レース」が、少頭数のレースだった場合、超スローペースの瞬発力勝負になるケースが多い。

そして本番のGIが、フルゲート18頭だったりすると、馬場状態よりも展開が大きく作用してしまい、事前チェックでは瞬発力勝負を想定していたのに、本番ではハイペースのスタミナ勝負になってしまったりする。



▼このあたり、事前レースでの馬場状態チェックも万能ではないんですが、何もやらないよりは、馬場状態を把握してから馬券購入した方が、正確な予想ができるし、何より楽しいと思います。

今まで、重賞レースやGIレースにしか興味がなかった人も、「そのレースと似た条件のレースを見る」という努力をしてみると、馬券力も上がるし、さらに競馬が楽しくなると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング