上がり3ハロンとは?ラップタイムで馬券を当てることはできるか?見方・使い方

【上がり3ハロンとは?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「上がり3ハロンとは、レースのラスト600mのタイムである」

「この上がり3ハロンは、競馬新聞などで簡単に見ることができるが、上がりタイムが速いだけでは、優位性はないと思われる」

「上がり3ハロンが威力を発揮するのは、瞬発力勝負のレース、あるいは先行脚質との組み合わせと、私は考える」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼日本の競馬で、最も重視されることが多いラップタイムが「上がり3ハロン」です。

上がり3ハロンというのは、要するに「最後の600メートルのタイム」です。


競馬はほとんどのレースが、「ラストスパート」という形で、最後の600メートルにペースアップします。

この最後の正念場でどれだけ頑張ったか?を表すのが上がり3ハロンですね。

上がりサンハ



▼1ハロン200メートルですから、 3ハロンは600メートルということです。

この上がり3ハロンのタイムは、競馬中継や競馬新聞等でも、馬の能力を表すのによく使われるラップタイムです。


しかしこの上がり3ハロンだけを見ていても、馬券を当てることはおろか、馬券で利益を出すことは出来ないと思う。

上がり3ハロンのタイムというのは、芝の状態や、距離や、ペースによってコロコロ変わるからですね。



▼開幕週でパンパンの良馬場だったら、上がり3ハロンは当然に速くなりますし、距離が短ければ短いほど、上がり3ハロンは速くなりやすい。

また、スローペースで道中はゆっくりと進み、最後のラストスパート勝負になる場合、上がり3ハロンは、すべての馬が速くなるということになります。


ざっくりとした目安としては、「上がり33秒台」なら速いと言えます。



▼ちなみに2013年のスプリンターズステークスで、2着に負けたハクサンムーンは、アイビスサマーダッシュで上り3ハロン、31.9という、すごいラップタイムを計測しましたが、これは1,000メートルのレースなので、一緒に走った他の馬たちも、みんな上がり32秒台で走っているわけです。



▼なので、上がり3ハロンというのは、その数字だけを見て比較しても何の意味もないわけですね。

しかし、上がり3ハロンが有効に使える場面もあります。

それは、「速い上がりが予想されるレース」です。



▼上がり3ハロンは、馬の能力を表すわけではありませんが、少なくとも最後の600メートルでどれだけペースアップできるか?という能力の見極めには使えるわけです。


馬にはそれぞれタイプがあり、「スタミナはあるけど最高速が遅い馬」とか、「スタミナはないけど最後の600メートルの最高速なら速い馬」、等々いろんなタイプがいるわけです。



▼たとえば、メンバーを見てスローペース濃厚、しかも芝の状態も絶好、ということになれば上がりの速い決着になることが予想されます。

そうなってくると、過去に速い上がりを計測している馬は狙いやすいということになるわけですね。

逆に馬場が悪かったり、ハイペースが予想されるレースの場合は、上がりが遅くなるので、今まで速い上がりを記録して人気になっている馬は危ないということになります。



▼このように、上がり3ハロンというのは、そのラップタイムが優秀な馬を狙うのではなく、レースの状況に応じて、上がりが速い馬を狙うのか?それとも、スタミナタイプを狙うのか?この見極めが馬券利益を出すために重要になってくると、私ブエナは思うわけです。



▼さて、それでは実際のデータも見てみましょう。


【上がり3ハロン データ】
2005~2015
約7248レース分析
特別戦
芝レース
(ブエナ調べ)


◆前走で上がり3ハロン最速だった馬
単勝回収率78%



はい。
前走で、出走メンバー中、最速の上がりを使った馬。

そのような馬の単勝を買い続けても、回収率は78%にしかなりません。大赤字です。

上述したように、「上がり3ハロン」というのは、必勝の指数ではなく、ただ傾向をつかむためのものであるということがわかります。

では、ここから少し絞り込んでみます。



◆前走で上がり3ハロン最速だった馬
かつ前走で、逃げor先行した馬
単勝回収率95%



はい。
前走で、「先行したにもかかわらず、上りが最速だった馬」は、回収期待値が一気に上がります。

通常、上がり3ハロンというのは、追い込み脚質の馬が、速いタイムを出す。

これは当たり前で、道中でゆっくり走っていた馬の方が、最後の600メートルは余力が残っているからですね。


しかし、先行したにもかかわらず、上りが最速だったという事は、能力的にかなり抜けていたということになります。

このような馬は、次走の期待値が上昇するということになります。狙い目ですね。



◆前走で上がり3ハロン最速だった馬
騎手 回収率データ

Mデムーロ 100%
ルメール 140%
浜中俊 111%
田辺裕信 158%



はい。
「前走で上がり3ハロン最速だった馬」に、上記の騎手が乗った場合、過去10年データでは、単勝を買い続けるだけで利益が出るということになります。

「速い脚が使える馬が、得意な騎手」という感じで、頭に入れておくと良いかもしれません。



▼ということで本日は、上がり3ハロンについて、私の独断と偏見で書いてみました。

上がり3ハロン「単品」では、ほとんど使えませんが、上述したように、他の要素と組み合わせることで、たかが上がり3ハロンでも、利益を出せる武器に変わります。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



重賞レースの上がり3ハロンデータ


▼上がり3ハロンについての考察を続けます。

先ほどは、特別戦のデータを見てみましたが、今回は重賞レースのデータを見てみます。


【重賞レース】
2010~2016.10
748レース分析(ブエナ調べ)


前走で上がり3ハロン1位
単勝回収率 74%


今走で上がり3ハロン1位
単勝回収率 241%


はい。
重賞レースの競馬新聞(馬柱)を見て、前走の上がりが最速だったから単勝を購入する、ということをやっても、回収率は74%にしかならない。

しかし、そのレースでの上がりが最速の馬は、かなり期待値が高くなる。



▼この辺は、ややこしいところですが、上がり3ハロンはレースに勝つためには重要なタイムである、と言える。

しかし、前走の上がり3ハロンが最速だったからといって、今回も最速になるわけでは無い。



▼それはまず、メンバー間のパワーバランス、といった問題があります。

前走では、メンバーが弱かったから、上がりが最速だった馬。

このような馬がそのメンバーの中で、上がり最速で勝ち、昇級する。

すると、上のクラスに上がるのでメンバーは強くなり、前走では上がり最速だったけど、今回は上がり最速にならない、というケースも多いです。



▼重賞レースの場合は、究極の頂上決戦なので、前走であまり速い上がりを使ってしまうと、疲労が残り、今走で同じ脚が使えないこともある。

そして、「上がり最速」というのは、絶対的な脚力ではなく、展開やレースの流れによって大きく変わってしまうものです。



▼つまり、「前走で上がり3ハロン最速馬」というのは、「前走ではすべてがうまくいった馬」とも取れる。

だから、その上がり3ハロンのタイムが、単純に馬の能力を表している訳ではないと思うわけです。

なので上述の通り、私ブエナの場合は、上がり3ハロンのタイムは、単品ではなく、他の要素との組み合わせで活用していくことが多いです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング