競馬初心者講座~馬券種類はワイド?おすすめの買い方。ビギナーが競馬で勝つ方法

競馬初心者講座


▼「競馬は初心者なのですが、初心者でも勝てる買い方を教えてください」

というご質問を頂いたので、本日は初心者様向けに、簡単な馬券の買い方を説明してみたいと思います。

若葉マーク



▼競馬初心者さんへのアドバイスを、私(ブエナ)の経験則で書けば、


「まず馬券種は、馬連かワイドが使いやすいと思う」

「頭数は、12頭前後のレースを選ぶと、予想しやすいかと」

「軸は人気馬・ヒモは中穴馬、という形にすると回収率を上げやすい印象」

「初心者さんは、ハンデ戦は避けた方が無難」

「あと、重賞レースばかり買う初心者さんが多いが、重賞は難しいので、あまり重賞にこだわらない方がいいと思う」

(上記マツリダ予想より引用アリ)


ではさらに深堀りしてみたいと思います。



▼まず、馬券を買うときの心構えとして、

自分は初心者だ、という甘えを捨てること

これすごく重要。



▼競馬の世界は、プロとアマチュアが混在して戦う、ガチンコ勝負の場です。

「プロ馬券師」と呼ばれる馬券の達人は、相手が初心者でも女性でも手加減をしません。

まぁ馬券の世界は、直接対決するわけではないので、手加減のしようがないわけですが。



▼「自分は初心者だから、これから沢山学ばなければ!」という考え方は、OKです。

しかし、「自分は初心者だから、手加減して」という意識ではダメということですね。

近所の卓球大会ではないのですから、誰も手加減などしてくれません。



▼なので、もし「自分は初心者で、馬券の買い方もあまりよくわからない」

というレベルの方であれば、まだ馬券を買う段階ではないかもしれません。


馬券は実際に購入しなくても、「購入したつもりで収支をつけてみる」ということが可能です。

まだ右も左もわからない初心者さんなら、実際に馬券を購入する前に、最低でも 20~30レースくらい、「馬券は買わずに、買ったつもりで」馬券収支をつけてみてください。



▼おそらく、マイナス収支になるでしょう。

最初はマイナス収支は当たり前。

そのマイナス収支を分析して、自分の弱点を探し、自分自身のレベルを上げていくことによって、少しづつ、プラス収支が見えてきます。

私ブエナは劣等生だったので、競馬を始めてから 10年以上マイナス収支でした。



▼さて、精神論から入ってしまい、長くなってしまいましたが、まず初心者さんにオススメの馬券種はどれか?

馬券には、以下の種類があります。
 ↓

複勝
単勝
馬連
ワイド
馬単
三連複
三連単



下に行くほど、難しい馬券ということになります。

逆に言えば、下に行くほど「利益を出しやすい馬券」ということにもなるわけですが。

難しい馬券という事は、「他の馬券購入者との実力差がでやすい」からです。



▼ただ、初心者さんがいきなり、三連複や三連単を買うのはお勧めできない。

これらの馬券は、100円が10万円~100万円~1000万円になることも珍しくなく、非常に魅力的な馬券なのですが、初心者さんがいきなり、この三連系の馬券を買っても、まず当たりません。


当たっても、ビギナーズラックで後が続かない。

つまり、たまにまぐれで万馬券が当たっても、長い目で見るとマイナス収支になってしまうわけです。



▼かと言って、複勝などのシンプルな馬券では、的中率は上げることができても、「プラス回収」にすることは難しくなってしまいます。

簡単な馬券というのは、他の馬券購入者との差別化が難しいため、当てる事はできても、なかなか利益が出ないわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼なので、私が初心者さんにお勧めすることが多いのは、「ワイド」か「馬連」ですね。

ちなみに私ブエナは、今でもワイドをよく買います。

ワイド馬券は、一般的にはあまり人気がない馬券ですが、うまく使えば、高い的中率をキープしつつ、利益を出すことも可能な馬券です。



▼私のワイドの買い方としては、いわゆる「中配当狙い」

オッズで言えば、「ワイド 10~20倍」くらいのゾーンですね。

このゾーンは、的中率と回収率のバランスが良く、初心者さんでも比較的、勝ちやすいゾーンになるかと。
(マツリダ予想より引用)



▼私は、馬券を買うとき「ボックス買い」は、あまりお勧めしないのですが、ワイドならbox買いでも利益を出すことが可能です。

ワイドには、「トリプル的中」があるから。


ワイドで、ある程度の的中率を出すことができるようになったら、次は「三連複」を買ってみると良いかと思います。

三連複は、私ブエナの馬券のメインで、安定して利益を出しやすい馬券種と言えます。



▼それから、馬券種以外で重要なポイントとして、

レース選び」があります。

私は当ブログでいつも、レース選びが重要と書いています。



▼中央競馬は、第1レース~第12レースまで、自分の好きなレースで勝負できる。

それなのに、ほとんどの人は、「メインレース」か「重賞レース」を購入しますね。

これでは、レース選びをしていないのと同じであり、初心者さんは特に、「重賞レースだけ買う」というスタイルは、負けやすいスタイルになる印象。



▼別の記事でも書きましたが、重賞レースというのは、レース条件が千差万別。

しかも賞金が高いため、全馬の仕上がり状態が良く、「大荒れ」も、頻繁に起こります。

そのため重賞レースは、初心者さんには「的中させにくいレース」とも言えるわけ。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼初心者さんが、真剣に回収率を考え、馬券で負けないようにしていくためには、

「レース選び」

は、かなり重要な要素となると、私は考えています。

何も考えずに、重賞レースだけ買っていたら、たぶん負けます。
(経験談)



▼私が初心者さんにお勧めするのは、「10~13頭くらいの午後のレース」ですね。

これは完全に、私ブエナの独断と偏見ですが、これぐらいの頭数のレースは予想がしやすい。

初心者さんが馬券というものを学んでいくためには、ちょうどいい頭数だと思うわけです。



▼逆に、G1レースなどは、そのほとんどがフルゲートの「18頭」

これは初心者さんには、なかなか難しいです。

G1のフルゲートは、3着内に来る馬の候補が多く、絞りきれないからですね。


なので、競馬初心者さんは、最初は「頭数が手ごろなレース」で、練習を積んでいくのが良いと、私ブエナは思うわけです。



▼ということで本日は、競馬初心者講座として、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

私もそうでしたが、競馬を始めて間もない頃は、「怖いもの知らず」です。

「きっと当たるに違いない!」と、大きな金額を賭けてしまったりしてしまいがち。


しかし馬券の道は、とてつもなく奥が深い。

なので、まだ競馬を初めて1~2年くらいのビギナーのうちは、決して大きな金額を購入しないようにして下さい。


最初は馬券知識をとにかく増やすこと。

そこから始まります。

ご参考まで。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





ハンデ戦は避けた方がいい理由


▼競馬初心者さんの買い方についての考察を続けます。

「ハンデ戦」についても、少し考えてみましょう。



▼競走馬には、「斤量」という「重り」が乗せられます。

この重りは、馬齢や性別によって、不公平にならないように定められています。

また、賞金をたくさん稼いでいる馬は、独占して稼いでしまわないように、重い斤量を背負わされます。



▼さて、そんな斤量。

「ハンデ戦」ではどうなるか?

ハンデ戦というのは、「強い馬には重い斤量を。弱い馬には軽い斤量を。」

というレースになります。私の認識ですが。



▼なぜそんなことをするかというと、

「各馬の能力差を斤量で相殺することによって、全馬の能力を同じくらいに調整し、荒れるレースにするため」です。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼競馬は娯楽なので、本命馬が勝ってばかりの固いレースが続くと、競馬ファンの射幸心を刺激できない。

だから、JRAとしては、「高配当!」「大荒れ!」を演出して、射幸心を煽り、馬券の売り上げを増やしたいわけです。

多分ですが。



▼ハンデ戦は、その一環。

強い馬に重い斤量を背負わせ、強い馬が負けることで、大荒れを演出する。

そんなレースが、ハンデ戦。



▼なので、初心者さんはハンデ戦は避けた方が良いような気がする。

上述の通り、ハンデ戦は斤量によって各馬の能力差が相殺されているので、まともに予想しても当たらないことが多いからです。


一番強い馬には、一番重い斤量が乗せられ、負けやすいように作られるレース。それがハンデ戦。

だから初心者さんのうちは、ハンデ戦でわざわざ勝負する必要はないと、私ブエナは考えます。



▼まぁ逆に言えば、ハンデ戦は能力比較が難解で、何が起こるかわからない。

という事は、初心者さんとプロ馬券師の能力差も埋まる、と考えることもできる。

要は、サイコロ賭博や丁半博打に近い感じになるわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼そう考えると、初心者さんがあえてハンデ戦で勝負して、プロ馬券師との実力差を埋めていくという戦略も、なくはない。

ただ、そんなビギナーズラックに頼って馬券購入を続けていても、「年間プラス」には届かない。

運良くハンデ戦で万馬券を当てたとしても、実力がなければ、その利益は必ず飲まれてしまいます。



▼なので私は、初心者さんのうちは、「別定戦」でしっかりと予想を練習した方がいいと思う。

別定戦の10~13頭くらいのレース。

午後の特別戦が予想しやすいかと思います。


特別戦とは、「レースに名前がついているレース」です。

~~特別とか、~~ステークス、というレースですね。



▼上記のような条件のレースを、数多く予想していくと、予想力が向上しやすいかと。

ハンデ戦だと意味不明な馬が勝ってしまったりして、競馬が分からなくなってしまう。

だから最初は、ロジカルに結果を説明できるような、「手ごろな頭数の別定戦」で練習していくのが、初心者さんには良いかと思うわけです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング