競馬は外枠不利?内枠と外枠の有利不利。短距離と長距離。芝とダート。インコースとアウトコースの差

競馬は外枠不利なのか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「確かに、芝のレースは外枠不利になりやすいが、ダートレースは外枠有利になりやすい気がする」

「芝のレースでは、レースレベルが上がれば上がるほど、外枠が不利になる印象」

「例外的に、新潟1000メートルなど、外枠が圧倒的に有利な芝のレースもある。主に短距離戦」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「競馬はやっぱり外枠は不利なんですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、外枠と馬券について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。

ゲート3


▼競馬は、コースを周回する競技ですから、「馬場状態が内と外で同じであれば」確実に内枠が有利になります。

例えば「芝の開幕週

これはもう、圧倒的に内枠が有利であり、外枠に入った時点で終了、というケースも多々あります。



▼馬場状態が内と外で同じであれば、外を回れば当然、長い距離を走ることになり、走破タイムが違ってしまうからです。

ですから、「芝の開幕週」は、基本的には内枠狙い、ということになります。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ダートの場合は、コースにもよりますが、内枠が圧倒的に有利ということには、ならない印象。

むしろダートの場合、内枠で出遅れると、包まれてそのまま何もできずに終わってしまうことも多いため、能力のある馬は、むしろ外枠の方が連対率が高かったりします。



▼いずれにしても、枠順による有利不利というのは、現代競馬では、すでに多くの競馬ファンが知っていることであり、「オッズに反映されてしまう」ので、枠だけで儲かるとかいう事はないです。


私ブエナ自身の馬券も、枠順だけで取捨選択を判断することはありません。

あくまでも「オッズと枠順(+その他のファクター)を見比べる」という作業を大切にします。



▼私ブエナの場合、基本的には、「芝のレースは内枠重視」「ダートは外枠重視」

というイメージで予想することが多いです。


過去の芝のレース、5千~1万レース程度のデータを分析してみても、全体的に外枠になればなるほど、勝率や連対率は下降していきます。



▼逆に、ダートのレースの場合は、5千~1万レース程度のデータを分析すると、外枠の方がむしろ勝率や、連対率が高い印象。

サラブレッドも生き物ですから、馬群に包まれて、顔に「砂」がかかると走る気がなくなることも多いわけですね。

なので、ダートの場合は、砂をかぶらずに走れる外枠の方が、好走確率が高いと思うわけです。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼ただ、芝のレースでも「芝の短距離戦」の場合、あまり外枠が不利という事はなくなるかなと。

1300m以下に絞ると、外枠の連対率は急上昇します。


長い距離を、外~外を回ってしまうと、かなりの距離ロスになりますが、短距離戦なら一息で走れるので、それほどの距離ロスはない、と考えられます。


ダートの短距離戦も、外枠は不利ではなく、むしろ有利なような。



▼逆に、芝の中距離戦。

この場合は、内枠と外枠に差があり、やや内枠有利の印象。

回収率的にも、1~8番の馬は、外枠よりやや高い回収率になっています。



▼特に、「芝の中距離で、15.16.17.18番」

この辺は、連対率がガクっと下がるので、迷った時の判断基準になります。



▼とは言え、それはあくまでも、「同じ人気の場合」です。

例えば、

「1番人気の18番枠」と、「10番人気の4番枠」なら、当然、圧倒的に「1番人気の18番枠」の好走確率が高くなります。



▼この辺は、枠順だけでなく、馬券を検討するときに勘違いしやすい部分なので気をつけてください。

つまり、

競馬における有利不利というのは、同じ人気の時に比較した場合の差異である

ということです。
(あくまで私ブエナの意見です)



▼上述した例に合わせて見てみると、

「1番人気の18番枠」と、「1番人気の4番枠」

この場合の比較においては、前者の期待値は低くなり、後者の期待値は高くなるということです。
(同じ1番人気での比較)


「人気を度外視した有利不利の分析」は、馬券検討において、あまり意味がないのでお気をつけください。



▼それでは具体的なデータを少し見てみましょう。


【枠順別データ】
2010~2015
特別戦
5520レース分析(ブエナ調べ)


◆芝1番枠
勝率8.2%
単勝回収率81%


◆芝18番枠
勝率5.3%
単勝回収率61%


◆ダート1番枠
勝率6.3%
単勝回収率53%


◆ダート16番枠
勝率6.2%
単勝回収率49%



はい。
芝のレースでは、最内枠と大外枠の勝率が明らかに違う。

ダートでは、最内枠と大外枠の勝率は、ほぼ同じ。

このことからも、「ダートは砂をかぶるので、内枠が有利とは限らない」と、考えられます。


ちなみに、データをもうひとつ。


◆芝18番枠(1000m)
勝率18.2%
単勝回収率107%


◆芝18番枠(1200m)
勝率4.5%
単勝回収率92%



はい。
先ほども、私の意見で書きましたが、

「芝のレースでも、短距離戦なら外枠の期待値が高いのではないか?」

という仮説を、データから分析してみると、やはりそのような傾向にあります。



▼芝1000メートルは、新潟の直線1000mのレースなので、驚異的な勝率と回収率になっています。

また、芝1200メートルも、勝率は低いが、回収率が高くなっています。

「芝1200で、大外18番は無理だろう」と、考える人が多く、その分、オッズが上がって大穴になりやすいと考えられます。



▼ということで本日は、外枠と内枠の有利不利について、私の独断と偏見で書いてみました。

基本的に競馬は、


「芝の中距離は内枠やや有利」

「芝の短距離は平等」

「ダートは、むしろ外枠の方がやや走りやすい」


ざっくりと分類すると、こんな感じかなと、私ブエナは考えています。



▼ただし、「芝の中距離でも人気薄の馬」の場合は、ゴチャつかない外枠の方が好走する傾向にあります。

ここが競馬の難しいところですね。


枠順だけで馬券利益を出す事はできませんが、迷った時の判断材料にはなりますね。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



重賞レースでも外枠は不利なのか?


▼競馬は外枠不利か?についての考察を続けます。

先ほどは、特別戦についてのデータを見てみました。

ここでは、重賞レースについてのデータも見てみます。


【芝1200mの重賞レースデータ】
2005~2016.11
中央65レース分析(ブエナ調べ)


1~8番枠
単勝回収率 130%
複勝回収率 111%

9~18番枠
単勝回収率 43%
複勝回収率 71%


はい。
特別戦では、1200mでの外枠はあまり不利にならなかった印象ですが、重賞レースに絞っていくと、内枠が有利な傾向です。

ちょっとサンプル数が少ないので、データ精度の面で、もう少し追求の余地がありますが。



▼先ほども少し書きましたが、枠順による有利不利は、「レースレベル」によって大きく違ってくる印象です。

つまり、下級条件など、レベルの低いレースの場合は、あまり枠順による有利不利が出ない気がする。

逆に、重賞レースやG1など、極限のハイレベルなレースになればなるほど、わずかな枠順の差が明暗を分けるのではないか?



▼ハイレベルなレースになれば、ほんのわずかな距離ロスが、着順に影響を与えてしまう。

だからこそ、重賞レースでは、各陣営も枠順を気にするんだと思います。


この辺のことを踏まえつつ、枠順を見るときは、単純に外枠不利とか内枠有利と見るのではなく、レースレベルやレース条件も加味して考えていくと、回収率を上げやすくなると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング