馬券は1日に何レース買えばいい?購入レース数と回収率。レースを絞る。勝負レース条件

馬券は1日に何レース買えばいい?


▼「僕は、ついつい1日にたくさんのレースを買ってしまいます。何レースまで絞ればいいですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、購入レース数について書いてみたいと思います。

数字



▼中央競馬は、3場開催なら、1日に、36レース開催されます。

2場開催でも24レース。


これらのレースをすべて買っていては、お金がいくらあっても足りません。

競馬で大きく負ける人の特徴の1つとして「購入レース数が多すぎる」というのがあります。



▼今や競馬は、パソコンやスマホのインターネット回線の普及によって、家にいながらにして、朝から夕方まですべてのレースを購入出来るようになりました。


私が競馬を始めた頃は、ウインズか競馬場まで馬券を買いにいかなければならず、すごく面倒だった事を思い出します。

それに比べると、現在は馬券購入のインフラが整っており、非常に馬券勝負しやすい時代になったと思います。



▼ただ、その便利さが逆に、回収率を下げているケースもあると思うわけです。

それはつまり、すべてのレースを簡単に買えてしまうがゆえに、余計なレースを買いすぎてしまう、ということです。

身に覚えがある人も多いのではないでしょうか。



▼競馬はご存知の通り、平均還元率75%のシビアな戦いです。

適当に馬券を買っていては、還元率75%にすら届かないでしょう。
(プロ馬券師がいるため)



▼ですから、「レースを絞る」という概念は、競馬で勝つために必須の考え方となります。

絞るといっても、「重賞だけ買う」とか「メインレースだけ買う」という絞り方ではありません。


このような買い方は初心者さんに多く、そして負け組の人にも多い買い方となっているような気がします。
(重賞だけ参加で、回収率プラスにしている人は、かなり馬券が上手い人です)



▼確かに、重賞やメインレースは、情報も多く、華々しいレースが多いので、

「楽しい」

しかし、楽しさと回収率は別物として考えなければならない。
(あくまで私の意見です)


競馬は趣味として、お金が減ってもいいから楽しめればいい、と思っているならそれでもOKです。

しかし、お金を減らしたくないとか、勝ちたい、と思うなら、楽しむだけではダメということです。



▼競馬で勝つには

36レースの中から、自分が狙っている条件のレースのみを購入する

これを徹底しなければなりません。


私も狙っているレース以外は絶対に購入しません。

たとえそれが、G1レースであっても。



▼では、どのようなレースを選ぶのか?

これはそれぞれの狙っている配当や、馬券種。あるいは、流しなのか? boxなのか?

このような、それぞれの馬券戦略によって、狙うべきレースは全然違ってきます。



▼本命党なら、このレース。

穴党なら、このレース。

ざっくりと分けると、そのような感じになります。


本命党と穴党が、同じレースで勝負してはダメということです。

その場合、どちらかが「カモ」になります。



▼たとえばの例で言えば、新潟のダート1,800メートルでは、ある特定の条件の時、本命サイドの的中率が、一気に上がります。


過去のデータなので、このような狙い方が、永遠に有効である保証は無いのですが、本命党の人は、このようなレースを狙っていく必要があるということですね。



▼例えば、本命党の人が、「裏開催のハンデ重賞」を買う事は、自ら的中を放棄しているのに等しいわけです。

競馬では、このような「レースパターン分類による配当予測」が、できるレースが、数え切れないほど存在しています。


この辺は、自分自身で、競馬ソフトなどで分析したり、「マツリダ予想」など優良予想のレース選びを参考にすると、勉強になるかと思います。
(どちらも月額 2,000円程度)



▼さて、本題に戻りましょう。

馬券は1日に何レース買えばいいのか?


これについて、私ブエナの意見としては、

その人が狙っている、合成オッズによって違ってくる

と、考えています。


ざっくり言えば、

「大穴狙いの人は、1日10レースくらい購入してもいい」

「本命狙いの人は、1日 0~2レースまで絞った方が良い」


私の印象としては、こんな感じです。



▼なぜそう思うかというと、合成オッズが高ければ、多くのレースに参戦したとしても、1度の的中で一気に回収できるからです。

逆に、本命サイドを狙っている場合は、1日に多くのレースに参戦してしまうと、数多くの的中を必要とする。

しかし、競馬の場合、1日の中で本命決着が、そう何度も続くものではありません。


確かに「固い日」はありますが、平均的に見ると、本命決着はそれほど多くない。

なので、「本命党の人は、レースを絞って、ピンポイントで狙い撃ちする必要がある」と思うわけです。



▼ちなみに私ブエナの場合は、「中穴狙い」なので、

「1日 0~3レース」

の参戦が多いですね。


ただ、例外として、「単勝の中穴」を狙う場合は、1日4レースくらい買うこともあります。

その場合は、単勝しか買いません。



▼ということで本日は、馬券は1日に何レース買えばいいか?について、私の独断と偏見で書いてみました。

具体的な購入レース数としては、私の場合は上述した通り、

「1日に0~3レース」

くらいですね。



▼これ以上に増えると、長期的な回収率が下がる印象があります。

もちろん、大穴狙いの人であれば、もっと沢山のレース数を購入しても大丈夫です。


狙いが本命サイドになればなるほど、1日の購入レース数を絞る必要があると思うわけです。



▼やはり何と言っても、

購入レースは、レース条件によって極限まで絞り込む

これが馬券収支を向上させるためには、必要なことだと私は考えています。


なかなか馬券収支が向上しない人は、「レースを絞り込む」という事を意識してみてください。

少しずつ、馬券収支が改善されてくると思います。

ご参考まで。

馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング