夏競馬は牝馬が有利?夏は牝馬が強い理由。格言を検証。単勝回収率と勝率

夏競馬は牝馬が有利?


▼『夏競馬は牝馬が有利ですか?』

というベーシックなご質問をいただいたので、本日は、夏競馬と牝馬について、独断と偏見で書いてみたいと思います。

牝馬


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「夏競馬は、通常開催と比べると牝馬が活躍する傾向にあるが、特別儲かるというわけでもないと思う」

「ただし、夏の重賞レース。これに関しては牝馬を狙うと回収率を上げやすい印象」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼夏競馬、すなわち7~8月の競馬は、「牝馬が強い」と、よく耳にします。

果たしてこれは本当か?

ちょっと検証してみましょう。



▼そもそも、夏の暑い時期に牝馬がよく走ると言われている、「一般的な」理由としては、


・メスはオスより生物として頑丈だから、暑さに強い

・夏競馬は、短距離や直線平坦なローカル開催なので、キレのある牝馬に有利である

・牝馬は、フケ(発情期)の関係で、春より夏の方が調子が良くなる



はい。

このような意見はよく耳にしますね。



▼これらの生物学的な説が正しいのか、ガセネタなのかはわかりませんが、どっちにしても私たちは生物学者になりたいわけではないので、もっと馬券に直結するデータを探さなければなりません。

具体的なデータに入りましょう。



【夏競馬(7~8月)の牝馬】
※2000年からの15年間データ。牝馬54,164頭データ


単勝回収率 76%(勝率7%)


はい。ごく普通です。むしろ少し低いくらい。

ん?夏は牝馬が強いんじゃないのか?

ここで「あるフィルター」をかけてみます。


単勝回収率 126%(勝率9.6%)


一気に回収率が上がりました。

さて、私は何でフィルターをかけたのでしょうか?

正解は・・・


重賞レースの牝馬に絞った

だけです。



▼要するに、夏競馬(7~8月)で牝馬をひたすら買い続けても儲からないが、「重賞レースの牝馬」は、儲けやすい、という傾向があると思うわけです。
(あくまで私ブエナの考えです)


「夏は牝馬」と言われるのは、夏の重賞レースで牝馬が活躍しやすく、重賞レースで活躍すれば目立つので、「夏は牝馬」と言われやすいのではないか?



▼今後、この傾向がどこまで続くのかわかりませんが、少なくとも過去15年間では、

過去15年、夏の重賞レースで、すべての牝馬の単勝をひたすら買い続ければ、回収率126%

だったということです。



▼ちなみに、数は少ないですが、

ダート重賞での牝馬の単勝回収率」は、

■単勝回収率 535%(勝率17.9%)

です。すごいですね。



▼ついでにもう一つ、補足情報を入れると、

ハイレベルなレースになるほど、夏の牝馬は強くなる

ような気がします。


実際、データ分析していても、新馬~1000万条件までは、夏の牝馬は大した成績ではありませんが、
1600万条件以上のハイレベルなレースになると、一気に単勝回収率が上がります。


理由はわかりませんが、ハイレベルなレースになるほど、ほんのわずかな体調の差が明暗を分けるため、夏バテしない牝馬が台頭してくるのかもしれません。



夏競馬の牝馬を、さらに見ていきましょう。

クラス別では、「G3」と「1600万」が、どちらもプラス回収となっています。

ただ、1600万に関しては、「OP特別」がマイナス収支であり、ここはただの誤差の可能性もあります。


私ブエナが見た感じ、夏競馬の牝馬で儲けやすいのは、

「G3」

かなという感じですね。



▼先ほども書きましたが、夏の牝馬はレベルの高いレースの方が期待値が上がりやすい傾向にあるので、

「平場の牝馬」より、「特別戦の牝馬」の方が、儲けやすくなると思います。

まぁこれに関しては、特別戦の方がオッズに歪みが出やすく、その点で儲けやすいだけかもしれません。



▼7~8月は、条件抽出なしでも、牡馬より牝馬の方が期待値が高い傾向にあります。


【7~8月の夏競馬データ】
2006~2015
6310レース分析


◆牡馬
単勝回収率68%

◆牝馬
単勝回収率75%



はい。
中央競馬のデータを見ていると、多くの場合、牝馬より牡馬の回収率が高くなりやすいんですが、7~8月の夏競馬に関しては、牝馬の期待値が高いことが多い。


このことからも、「夏は牝馬」の格言は、比較的正しいのかなと、私は感じます。



▼それから、「距離」に関しても見てみましょう。

牝馬の場合、基本的には短距離の方が強い印象があります。

2000m以上になると、スタミナのある牡馬に負けてしまうことが多い牝馬ですが、7~8月の夏競馬に関しては、

7~8月の夏競馬。2000m以上で牝馬の期待値が高い

ことが多いです。


1200m・1600mより、2000m以上の方が回収率を上げやすい印象ですね。

通常、牝馬は期待値が低めなので、その印象で、夏競馬でも馬券が売れにくいわけですが、夏は牝馬が強いので、そのギャップで、牝馬の期待値が上昇するのかもしれません。



▼ということで本日は、夏競馬と牝馬の関係について書いてみました。

夏競馬で牝馬を狙う時は、「ハイレベルなレースで狙う

私自身も馬券購入する時、無意識にそのようにしているような気がします。



▼夏競馬は、ハンデ重賞なども多く、難解なレースが多いわけですが、牝馬が強い事を頭に入れておくと、難しい夏競馬でも回収率を上げることができたりしますね。

このような細かい積み重ねが、長期的には大きな回収率の差になっていくと、私ブエナは思うわけです。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



夏の重賞レースで牝馬を狙う際の注意点


▼夏競馬は牝馬が有利か?についての考察を続けます。

先程、私は「夏の重賞レースは、牝馬が儲けやすい」と書きました。

ここでは、さらに深く考察してみたいと思います。



▼確かに、夏の重賞レースでは牝馬が回収率を上げやすいと思う。

ただ、1つだけ注意点があります。

それは、「超人気薄の牝馬は、手を出さない方がいいかもしれない」という部分です。



▼特に、夏の重賞レース(芝)の場合。

確かに、牝馬が活躍する傾向にある。

でも、10番人気以下の人気薄の牝馬は、それほど期待値が高いわけではない印象です。



▼具体的なデータも見てみます。

【7~8月の芝重賞レース(牝馬)】
2010~2016


1~9番人気
単勝回収率 107%

10番人気以下
単勝回収率 0%


はい。
芝の重賞レースのデータです。

確かに、牝馬の好走確率は高い。

ただそれは、1~9番人気くらいまでの牝馬に集中している傾向にあります。



▼逆に、夏の牝馬でも、10番人気以下の全く人気がない女の子。

このような牝馬は、無理に狙ってもなかなか回収率が上がらない印象です。



▼なので、私ブエナが夏競馬で牝馬を狙う時は、「重賞レースで9番人気くらいまでの牝馬を狙う」という感じで馬券構成することが多いです。

あくまでも私の考えですが、荒れる夏競馬であっても、牝馬を狙う時はあまり大穴を狙わない方がいいような気がします。



▼逆に、夏競馬で大穴を狙うなら、牡馬の方が良い結果が出やすい気がする。

夏の重賞レースで、10番人気以下が突っ込んでくる場合、牡馬であるケースが多い印象。


ちなみに私が、夏の重賞レースで大穴をゲットした、2012年の七夕賞。

1着は14番人気のアスカクリチャン。牡馬でした。

三連複6万馬券が記憶に残っています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング