ヴィクトリアマイル2020年回顧。ラヴズオンリーユー・プリモシーンの敗因とアーモンドアイの勝因

ヴィクトリアマイル2020年・敗因分析

▼本日は、ヴィクトリアMの回顧と結果分析を、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。






▼まず、今年のヴィクトリアMを展開面から分析します。

【1000m通過】56.7秒
【ペース】ハイペース
【ベストポジション】インコース・先行



はい。
ラップそのものはハイペースだったんですが、これは高速馬場の影響によるものであり、隊列としては、前残りの隊列でした。

スピードの出る馬場状態だったため、後方待機馬は、全滅。

先行した馬が粘り込む展開となりました。



1着アーモンドアイ(1番人気)

牝馬限定戦のメンバーにしては、意外とオッズがついたアーモンドアイ。

これは、前走の有馬記念での惨敗が原因であり、そういう意味では、美味しい狙いどころだったとも言えます。



▼その有馬記念は、先行馬には不利な流れ。

アーモンドアイは、断然人気を背負っていたので、早めに動かざるを得ず、格好の標的となってしまいました。

つまり、有馬記念の敗戦は、展開不向きだったと言えるわけです。



▼アーモンドアイは、東京コースでは無類の強さを発揮しており、負けたのは安田記念の1回だけ。

その安田記念も、スタートでかなりの不利を受けて、ポジションが悪くなってしまったためであり、力負けではありませんでした。

また、高速馬場にも高い適性を示しており、ジャパンカップのスーパーレコードや、天皇賞秋で完勝していました。



▼今回のヴィクトリアマイルも、土曜日は雨でしたが、日曜日は一転して高速馬場に。

こうなると、スピード能力が断然のアーモンドアイは、負ける可能性が低くなってきます。

後はスタートだけだったんですが、今までにない好スタート。

無理なく4番手を確保し、ベストポジションキープ。

一番強い馬がベストポジションを取ってしまうと、その馬が勝ってしまうのが競馬ですね。



▼今回は、ドバイの中止などもあり、相手関係が楽なヴィクトリアマイルを選んできた印象ですが、やはりここでは力が違いましたね。

牝馬限定戦で、あれくらいのオッズがつくなら、断然人気のアーモンドアイからでも、馬券勝負できた印象です。



2着サウンドキアラ(4番人気)

重賞3連勝と、最も勢いがあったサウンドキアラ。

ただ、大外18番枠が嫌われて、4番人気まで評価を落としていました。



▼大外枠で、松山弘平騎手がどのように乗ってくるか注目でしたが、スムーズに先行し、距離ロスを最小限にする好騎乗。

高速馬場であり、差しが決まらない馬場状態だったことを考えると、三番手キープは、良い判断だったと思います。



▼松山騎手は、直線で外からアーモンドアイが来た時に、焦って追い出さず、自分の馬の能力を引き出すことだけを考えていた印象です。

もしあの時、焦って追い出していたら、最後はノームコアに差されて3着だったと思いますね。

2着に粘ったのは、松山騎手の好判断だったと思います。



▼サウンドキアラ。今回は、高速馬場の前残りに助けられての好走という感じもあったので、それほど抜けて強いという印象はありませんでした。

アーモンドアイ以外は、能力的には差はない感じですね。



3着ノームコア(5番人気)

外枠ということもあり、道中は7番手追走。

昨年、このレースを勝った時も、7番手追走だったので、この馬のポジションをキープしたという感じ。



▼ただ、高速馬場で、前が止まらない状態だったことを考えると、少しポジションが後ろ過ぎた印象です。

でも先行馬ではないので、今回は仕方なかったかもしれませんね。

アーモンドアイは強すぎたし、サウンドキアラもベストな騎乗をしていたので、ノームコアは3着が精一杯というところでした。



▼ノームコアは、前走の高松宮記念で15着と大敗。

その結果、今回のヴィクトリアマイルでも、5番人気と評価を下げていました。

ただ、高松宮記念は、実績のないスプリント戦での惨敗なので、あれは度外視でいい。

そう考えると、5番人気というのは、非常に狙い目だったと思います。

私の個人的な馬券でも、三連複で2960円的中。

アーモンドアイを絡めて30倍つくなら、美味しい馬券だったと思います。



7着ラヴズオンリーユー(3番人気)

オークス馬のラヴズオンリーユーが、その実績を評価されて3番人気。

東京コースに実績があるところまでは良かったんですが、久々のマイル戦で、全然ついて行けてなかった印象。

久々のマイル戦が、よりによって高速馬場で、あれだけ追走に苦労してしまうと、最後はバテますね。

マイル戦でも勝ち星はあるんですが、本質的にはもうちょっと長い距離の方が狙えそうです。



▼それから、今回はドバイ中止の影響により、体調が悪かった部分もありますね。

明らかに調教師も弱気な発言をしており、それで3番人気なら、ちょっと軸にはできなかった感じです。



8着プリモシーン(2番人気)

昨年2着のプリモシーン。

東京マイルは得意の舞台であり、鞍上レーンもあって、2番人気の評価。



▼しかし、この前残りの高速馬場で、致命的な出遅れ。

通常であれば、それほどの致命傷にはならないところですが、あれだけの高速馬場だと、わずかな出遅れが致命傷になってしまいます。

結局、4コーナーでは11番手というポジショニングで、万事休す。

今回は、高速馬場と出遅れが敗因であり、力負けではなかったと思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング