オークス2020年回顧。デゼル・クラヴァシュドールの敗因とデアリングタクトの勝因

第81回優駿牝馬2020年・敗因分析

▼本日は、オークスの回顧と結果分析を、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。





▼まず、今年のオークスを展開面から分析します。

【1000m通過】59.8秒
【ペース】スローペース
【ベストポジション】先行・インコース



はい。
レースの流れとしては、1,000メートルの通過が59.8秒とまずまずのペースでしたが、その後、がっくりとペースが落ち、一気にスローペースになりました。

最後の600メートルだけの瞬発力勝負になった感じですね。



1着デアリングタクト(1番人気)

前残りだった桜花賞を、大外一気で勝ったデアリングタクト。

あの勝ちっぷりは只者ではなく、それを競馬ファンは分かっていたので、単勝オッズは1.6倍と断然人気になりました。



▼スタートは決まったものの、内枠だったこともあり、前半で馬体をぶつけられたり、進路が無くなったりして、少しずつポジションを下げてしまう。

4コーナーでは、13番手。

高速馬場とスローペースを考えると、ほとんど絶望的と言ってもいい位置取りでした。



▼先週のヴィクトリアマイルでも、高速馬場で前残りだったように、高速馬場の場合、追い込みを決めるのはかなり難しいです。

なので、4角13番手というのは、勝つためには、かなり厳しいポジションだったと言える。

松山弘平騎手は、馬の能力を信頼しての折り合い重視策だったと思いますが、普通はあの位置取りだと勝てませんね。



▼今回、デアリングタクトの勝因は、「馬が強かった」ことと「ライバルが弱かった」ことが、挙げられると思います。

2番人気が、キャリアたった2戦しかないデゼルだったことを考えると、メンバー的には楽だったと言えます。

桜花賞で好勝負を見せた、レシステンシアはNHKマイルカップを選択したため、よりメンバー的には弱くなった感じでした。



▼デアリングタクトは差し馬なので、後方からの競馬になるのは仕方なかった部分もある。

ただ、高速馬場では追い込みは明らかに不利なので、できればもう少し前目のポジションを取りたかったところです。

秋華賞で3冠を狙うのであれば、京都2000mも追い込みを決めにくいコースなので、今よりも自在性が求められることになると思います。



▼ただ逆に言えば、最悪のポジションで差し切ってしまうわけですから、デアリングタクトの能力は、このメンバーでは圧倒的に抜けていたと言えます。

非社台の馬で、成長力はわかりませんが、競馬のロマンを感じさせる馬で、今後も楽しみです。



2着ウインマリリン(7番人気)

息子の横山武史から、父の横山典弘への乗り替わり。

この乗り替わりがズバリ的中したのが、ウインマリリン。

外枠の16番枠で、スムーズに先行できないと見られての7番人気でしたが、横山典弘騎手は、好スタートからいつの間にか最内のポジションを取り、折り合いをつけましたね。



▼その後、他馬が絡んできても慌てることなく、内々の先行ポジションをキープ。

高速馬場とスローペースを考えると、あの横山典弘騎手のポジションがベストポジションであり、好騎乗だったと思います。



▼前走では、同じ東京コースのフローラステークスを勝っており、7番人気はいかにも過小評価という感じで、狙い目でした。

私ブエナの個人的な馬券でも、マツリダ予想の(軸期待値○)デアリングタクトと、ウインマリリンの馬連1800円をしっかりゲット。

デアリングタクトが単勝1.6倍だったことを考えると、馬連1800円はおいしい配当でした。

おそらく、横山武史騎手だったら2着はなかったと思うので、父親の横山典弘騎手に乗り替わったのはラッキーでした。



3着ウインマイティー(13番人気)

3着もウインの勝負服。

忘れな草賞の勝ち馬でしたが、重賞レースでの実績がなく、13番人気と全く人気はなかった。



▼レースは、和田竜二騎手らしく、積極的な先行策。

上述の通り、高速馬場のスローペースですから、基本的には先行しないと勝負にならない。

その点で、ウインマイティーが和田騎手に乗り替わったのも、好走要因だったと言えます。

今回は、展開がバッチリはまった感じなので、次走以降、過剰人気になるようだと、コケる可能性もあります。



11着デゼル(2番人気)

前走のスイートピーステークスで、上がり32.5秒という素晴らしい追い込みを見せたデゼル。

スイートピーステークスも高速馬場のスローペースで、追い込みが決まらない馬場状態だったんですが、強い勝ちっぷりでした。



▼その時の強さを支持されて、オークスでも2番人気。

鞍上のレーン騎手も、人気に拍車をかけた印象です。



▼レースは、スタートから行き脚がつかず後方待機。

高速馬場のスローペースで、道中15番手というのは、もうその時点で終わったも同然。

先行力がないタイプで、高速馬場だと厳しいですね。



▼ただ、上がり33.8秒は、やや物足りない数字。

スイートピーステークスと同じくらい走れば、33秒台前半は出せてもおかしくないので、今回は、連続輸送による疲れと、やや距離も長かったかもしれません。

成長力はありそうなので、今後は、2000m前後で狙っていきたいですね。



15着クラヴァシュドール(3番人気)

前走の桜花賞では、やや不利がありながらも、4着に突っ込んだクラヴァシュドール。

その実績を買われての3番人気でしたが、オークスは何の見せ場もなく惨敗。

先行ポジションキープで、位置取りは良かったと思うんですが、2400mは長いのかもしれない。

この馬は、マイル前後で狙っていきたいですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング