競馬で当てたい~馬券を当てたい時。馬券が当たらない理由。買い目点数が少ない

【競馬で当てるにはどうすればいいか?】

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「今より馬券を当てたいなら、ポイントは2つ。①買い目点数を増やすか ②狙うオッズゾーンを本命サイドにシフトすればよいかと」

「これで的中率は簡単に上がるが、回収率を上げるには、あえて取れる馬券を捨てることが必要になると思う」

「尚、自分が狙う馬券の合成オッズが一定である以上、予想裁量によって上昇する的中率の伸び幅は、それほど大きくはならない印象」

(一部マツリダ予想より引用アリ)


私はこのように考えています。

ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「競馬で当てたいです。どうすればいいですか?」

というご質問は非常に多いです。特に初心者さんは、利益云々よりまず馬券を当てる事さえままならない人も多いようです。

若葉マーク



ちなみに私ブエナは、競馬というのは「当たっても当たらなくても、利益が出ればいい」と思っています。

この意味が分かる人は、ある程度、ギャンブルというものを知っている人ですね。



▼競馬というのは的中率が極めて低くても、「回収率」が100%を超えれば利益が出るわけです。

極端な話、100レースに1回しか当たらなくても、オッズが100倍以上つけば、お金が減る事はないわけです。

むしろこの場合、長期的には、お金は少しずつ増えて行きます。

これが馬券で勝つための基本中の基本となる。
(あくまで私ブエナの見解です)



▼それはさておき、競馬で馬券を当てるには、いくつかポイントがあります。

ポイントさえ押さえれば、馬券を当てることは、そんなに難しいことではありません。

難しいのは回収率を上げることです。
(マツリダ予想より引用)

今回は、「馬券を当てるために」というテーマなので、ちょっと的中させるためのコツを書いてみます。



▼まず初心者さんで馬券が当たらないと嘆いている人の多くは、この2つのパターンにハマっています。


①「買い目点数が少なすぎる」

②「人気のない馬から流している(もしくは人気薄のボックス)つまり穴馬券を狙いすぎ」



以前にも書きましたが、馬券が当たらない原因は、主にこの2点だと、私ブエナは考えています。



▼まず、なんと言っても初心者さんで馬券が当たらないと言っている人は、買い目が少なすぎます。

2~3点で勝負してしまうわけです。

初心者さんは軍資金が少ないため、買い目を増やすと購入金額が増えるので、どうしても買い目が少なくなりすぎてしまうわけです。

しかし、これではどんなに競馬に詳しい人であっても、的中率は極端に下がってしまいます。



▼例えば、「1点買い」でズバッと馬券を当てるのはかっこいいし、お金もかからない。

なんと言っても一攫千金を狙えるのですが、これでは「波」が大きすぎるわけ。

ほとんど当たらない。



▼競馬は「回収率」が命なので、回収さえできるなら馬券は何点買いでもいいわけです。

ただ、基本的には買い目点数が増えると、回収率は下がりやすくなるのは確かです。

(※買い目の中に、期待値の低い馬券が増える確率が上がるため)



▼ですので、回収率が下がらないギリギリのラインで勝負する、というのが基本になる。

具体的に言えば「合成オッズ」が、最低でも3倍~4倍になるような買い方ですね。



▼「合成オッズ」とか言われても、初心者さんには意味不明かもしれませんが、このくらいの知識がなければ、馬券で勝つ事は難しいです。

馬券の世界は弱肉強食。

プロもアマチュアもありません。すべての馬券購入者がライバルとなるわけですから。



▼それから、初心者さんの馬券が当たらないもう一つの理由として、「人気薄の馬から流してしまう」というケースがあります。

要するに、大穴を狙いすぎている、ということ。


初心者さんが、これをやるとまず馬券は当たりません。

あくまでも私ブエナの考えですが、馬券の基本は「人気馬から流すこと」だと思う。
(もしくはフォーメーション)



▼「どうしても馬券が当たらない!」と悩んでいる人は、一度、極端に考えてみると良いと思います。

つまり、

全通り買えば、的中率100%である

という、当たり前の部分について考えてみるということです。



▼全通り買えば100%当たるという考え方は、当ブログでも過去に書いていますが、ここに気づけば馬券を当てること自体は誰でもできることがわかります。

馬券が当たらないのは、上述した通り、「全通りから、自分の勝手な判断で、当たり馬券を取り除いてしまっている」から。



▼「当てる事は簡単」だとわかれば、あとは、「回収率を上げるためにどうするか?」を考えるだけです。

私はいつも思っていますが、馬券は当てなくてもいい。長期的に利益が出ればいい。

これはかなり重要な考え方だと思う。



▼逆に、「馬券が当たらない!」と嘆く人の多くは、

「大きな馬券を当てて、友達や知り合いに自慢したい!」とか、

「有馬記念で大勝負して、欲しい物を買いたい!」

といった、短期的な欲望に支配されている傾向にあります。



▼このような考え方は、長期的な回収率を計算することと対照的な考え方であり、まさに馬券で負ける典型的なパターンでもあります。
(ブエナ経験談)

なので、馬券は常に長期的に考えること。

自慢したいとか、当たったら○○を買いたいなどと思わないこと。

私ブエナは今でも、常にそれを自分に言い聞かせています。



▼ということで本日は、「馬券を当てる方法」について書いてみました。

ごくごく基本的な事しか書いていないのですが、上記の2点だけでもしっかり守れば、「馬券を当てる」ことは、それほど難しくないと思います。


重要な事は、的中させることよりもむしろ、その次のステップ。

「馬券で利益を出す事」です。

馬券で利益を出す考え方についても、当ブログの他の記事でいろいろと書いていますので、参考にしてみてください。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





馬券を当てたい時のポイント実例


▼馬券を当てたい時の戦略についての考察を続けます。

少し具体的な例を出してみましょう。


例えば、 2015年のジャパンカップ。

1着 ショウナンパンドラ(4番人気)
2着 ラストインパクト(7番人気)
3着 ラブリーデイ(1番人気)

三連複 6350円


はい。
このレースは、私ブエナも中穴狙いで、三連複を当てたレースです。



▼このジャパンカップは、データ的にも取りやすいレースでした。

さて、このレースで例えば「1番人気から三連複流し」をして、外すとしたらどういうケースか?



▼それは、

①ヒモを絞りすぎて、7番人気のラストインパクトが抜けるパターン

②ヒモで穴を狙いすぎて、4番人気のショウナンパンドラが抜けるパターン


はい。
2015年のジャパンカップで、1番人気ながしの三連複を外すとしたら、主にこの2つのパターンだと思われる。



▼①は、買い目点数が少なすぎる。

合成オッズを考えても、相手は5頭くらいは選択できるはず。

中穴狙いで行くなら、4番人気と7番人気が抜ける事は、まずないはず。


それが抜けてしまうということは、三連複のヒモを絞りすぎている。

合成オッズを上げすぎているわけです。

その場合、的中した時の破壊力は上がりますが、的中率が下がるため、安定的な収支になりません。



▼また、②の「ヒモで穴を狙いすぎて、4番人気のショウナンパンドラが抜けるパターン」

これは、「軸が1番人気だから、ヒモに4番人気を入れても、おもしろくない!」と考える人のパターンです。


確かに、軸を1番人気にしても、ヒモで10番人気以下を狙えば、三連複200倍以上も見えてくるわけですが、この買い方だとかなり的中率が下がってしまう。

10番人気を拾うために、4番人気を切ってしまうと、その時点で大きく的中率が下がり、馬券は当たらなくなるわけです。



▼コンスタントに馬券を当てるためには、合成オッズを適切にしなければならない。

また、大穴を狙いすぎず中穴くらいで妥協していくと、馬券収支は安定しやすいと、私ブエナは思うわけです。



▼ここで先ほど書いたような心理状態が重要になってくる。

「ジャパンカップを当てて、友達に自慢したい!」
「ジャパンカップを当てて、欲しいものを買いたい!」

はい。
このような欲望が心にあると、自分の馬券フォームが崩れてしまうわけです。



▼本来であれば、三連複で中穴を狙って年間プラスを狙うべきところを、「友達に自慢したい!」などという強い刺激に心がとらわれる。

そうなると、「もっと大きな配当を狙いたい!」と、思ってしまうわけです。

その結果、「人気軸ー中穴」という基本のスタイルを忘れ、「中穴ー大穴」みたいな無謀な馬券構成になってしまう。



▼もちろん、そのような大穴狙いでも、やり続けていれば、たまには当たります。

それが当たった時は、三連複でも2万馬券~5万馬券になるでしょう。

しかし長期的に考えると、5万馬券を単発で的中させても、年間収支で見れば赤字になってしまう。



▼実は、「馬券が当たらない!」という事と、「人に自慢したい!」という事の間には、関連性がある。

本命サイドの馬券を当てても自慢できない。

競馬を他者とのコミュニケーションに使っている人ほど、この罠にはまります。

この心理は、負け街道まっしぐらなので、注意が必要です。



▼「馬券を当てたい!」と言いながら、なかなか馬券が当たらない人。たくさんいます。

そのような人に共通した認識が、

「馬券を当てたいけれど、それ以上に大儲けしたい欲望が強い人」

「馬券を当てたいけれど、それ以上に高配当を友達に自慢したい人」


ということになると思うわけ。



▼このパターンは本当に多いんですね。

そして、その罠にはまっている人は、自分が罠にはまっていることに気づいていない。

「何故、馬券が当たらないんだ!」と言っている人。

おそらく、この記事を読んでいる人は、そのパターンかもしれません。



▼的中率を上げたければ、射幸心との戦いに勝つ必要がある。

射幸心とは、「幸運によって、他人よりも幸せになりたい!」と願う心理状態です。



▼基本的に、馬券では当てることと大儲けすることは相反するケースが多いです。

例えば、競馬で1番的中率が高い馬券は何だと思いますか?

以前に別の記事でも書きましたが、それは、「1番人気の複勝」です。



▼究極的に的中率を高めるためには、1番人気の複勝馬券で勝負すればよい。

しかし、1番人気の複勝では大儲けできない。

よって、欲望・射幸心が強い人ほど、的中率の高い馬券を自ら捨てて、大儲けしようとする。

そうなると必然的に馬券は当たらなくなり、「なぜ馬券が当たらないんだ!」と嘆くことになるわけです。



▼「1番人気の複勝を推奨しているわけでは無い」

もちろんですが、私は1番人気の複勝馬券をオススメしているわけではありません。

馬券で最も的中率が高いのは、1番人気の複勝ですが、馬券で最もプラス収支にしにくいのも、1番人気の複勝だと思うからです。



▼1番人気馬は、最も強い馬なので、最も3着内率が高い。だから最も的中率が高いわけです。

しかしそれと同時に、1番人気の複勝は、すべての馬券種の中で最もオッズが低いんですね。



▼オッズが低ければ、馬券で利益を出すのは難しい。

なぜかというと、馬券には「控除率」というものがあるからです。



▼控除率というのは、JRA(日本中央競馬会)が、馬券の売り上げから天引きしていく、寺銭です。

つまり馬券と言うのは、購入した段階でJRAに平均25%を天引きされ、残った75%を競馬ファン同士で奪い合うゲームと言えます。



▼したがって、普通に何も考えずに馬券購入していると、平均回収率は75%以下になってしまうわけです。

回収率が75%以下と言う事は、年間で馬券を100万円分購入したとすれば、年間マイナス25万円の馬券収支になるということです。

多くの競馬ファンは、大体これくらいのマイナス収支になるのではないでしょうか。



▼私たちが馬券を購入する目的は、馬券購入額よりも払戻金を多くして、利益を出すためです。

しかし上述した通り、無策で馬券購入していると、回収率は75%以下になってしまう。

だからここで、技術介入するわけです。



▼つまり、「回収率が100%以上になる様な馬券だけを、選んで購入する」ということです。

これは当ブログでいつも書いていますが、「オッズの歪みを狙う」ことで可能になります。

オッズの歪みというのは、オッズが間違っている部分。

例えば、「単勝10倍だけど、勝率15%の馬」

これは明らかにオッズが間違っています。

この場合は、ポジティブにオッズが歪んでいるので、馬券購入し続ければプラス収支になり、利益が出るわけです。



▼このような観点で考え、馬券購入することで、私たちは馬券で利益を出すことができます。

ただここで注意点なのが、先ほど書いたような、「オッズが低い場合」です。



▼例えば、「複勝1.2倍」などの低いオッズの場合。

この場合、オッズ幅が小さすぎて、控除率の20%を超えていかないわけです。
(※複勝馬券の控除率は20%)

オッズの歪みは、オッズ幅が広ければ広いほど大きくなり、利益を出しやすくなるからです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング