逃げ馬は儲かる。追い込み馬は儲からない。競馬は先行有利。回収率

逃げ馬は有利?追込み馬は不利?


▼私(ブエナ)の経験則で書けば、

「平均的な回収率の話をすれば、逃げ・先行馬は、差し・追い込み馬より、利益を出しやすいと思う」

「ただ、1番人気馬に関しては、マークされるので、必ずしも先行馬の期待値が高いわけではないと考える」



では具体的に考察してみます。



▼競馬のサラブレッドには、それぞれタイプがあります。大きく分けて4種類。

逃げ馬
先行馬
差し馬
追込み馬



大別すると、この4種類になると思います。

逃げ馬は、スタートから先頭に立って逃げ切るタイプ。

逆に、追込み馬はスタートして、1番後ろからついていって、最後の直線で、ゴボウ抜きにするタイプです。

サイレンススズカ


これらの脚質の中で、「馬券的に」儲けやすいのはどれか?

私の考えで書けば、


儲けやすいのは逃げ馬。儲からないのは追い込み馬

あくまでも長期的かつ、平均的なデータですが、私はこのように認識しています。



▼さて、競馬ファンに人気があるのは、いつの時代も、追い込み馬です。

やはり1番後ろからついていって、最後にゴボウ抜きにしてくるスタイルはかっこいいものです。

だから追込み馬は、過剰人気になることが多い印象です。



▼また、逃げ馬はバテたらそこで終わりなのに対して、「追い込み馬はゴールするまで楽しめる」

最後の最後まで、「もしかしたら!」という期待感が持てます。

これも追い込み馬の過剰人気を、後押ししている気がしますね。



▼でも、1番後ろから行って追い込むということは、前が詰まったり不利を受けるリスクが高く、好走確率的にはあまり高くないわけです。

それでも人気になってしまう。

その結果、「追込み馬はあまり儲からない」ということになるケースが多い。


特に、ダートのレースで追込み馬を軸にするのは危険。

ダートは芝よりも差しが決まりにくく、前に行っている馬が圧倒的に有利だと思うからです。



▼逆に、逃げ馬というのは、回収率が高くなりやすいです。

逃げ馬は、最初から先頭を走る馬で、大概バテて下がっていくので、あまり人気がありませんが、競馬においては「前に行く」ということは、かなりのアドバンテージとなるわけです。
(あくまで私の見解です)



▼ジーワンレースなど、クラスが上がると逃げ馬は不利になっていきますが、それでも重賞レースでは、逃げか先行馬が大穴をあけることが多いです。

競馬において、前に行くということは絶対的に有利なことなのですね。


後ろから行って差すというのは、力のない馬にはできません。

なので、追い込み馬が大穴をあけることは少ないわけです。
(かなりのハイペースにならないと無理)


もちろん、「追い込んで大穴!」というケースもありますが、基本的には大穴を狙うなら、前に行く馬を狙う方が、回収率は上げやすいと、私は考えています。



▼さて、先ほども少し書きましたが、下級条件のレースになればなるほど、逃げ・先行が有利になります。

逆にジーワンなどのビッグレースになるほど、差し馬が有利になってくる。

有利といっても、やはりある程度、前の位置にはつけた方が、確率的には馬券になる率が高くなるわけです。


要するに、「逃げ馬は儲かる。追込み馬は儲からない

ざっくりと、こういう感じで私の場合は認識しています。



▼さらに突っ込んで書いてみましょう。

逃げ馬は、単勝回収率は高いが、複勝回収率は低いことも多い

このような感じになりやすいです。これはどういうことか?



▼逃げ馬は、「勝つか惨敗か」という、極端な結果になることが多いということです。

逃げ馬は「勝率」は、他の脚質の馬よりも高くなりますが、「複勝率」は、他の脚質の馬よりも低くなりがちです。



▼逃げ馬というのは、気分良く走れればめちゃくちゃ強いわけですが、少しでも気分を損ねるとめちゃくちゃ弱いわけです。

だから勝つときは強いんですが、負けるときはあっさり負けてしまう。

「1着か、惨敗か」という戦績の逃げ馬も多いですね。



▼このことから、「逃げ馬は1着狙い」という戦略が有効になることが多いです。

追い込み馬は、3着内率は高いが、1着率は低め。

逃げ馬は、逆になります。



▼そう考えると、逃げ馬は単勝系。追い込み馬は複勝系の馬券が、回収率を上げやすい気がします。


単勝系とは⇒ 単勝・馬単・三連単

複勝系とは⇒ 複勝・ワイド・三連複



です。
(あくまで私の認識です)



▼さらに細かく分析していくと、競馬で最も安定して儲かる脚質は、

先行

です。
(これは、あくまで私の自説です)


長く競馬を見ていますが、やっぱり先行馬が、1番安定する印象。

逆に、差し・追い込みは、どうしても期待値が低い。つまり儲からないことが多くなると思う。



▼具体的なデータについても、少し見てみましょう。


【重賞レース 脚質別の単勝回収率】
(2010~2016.6)


逃げ 190%
先行 96%
差し 71%
追い込み 27%



はい。
2010年からの、すべての重賞レース(875レース)を分析してみました。


前に行く馬ほど、儲かる」というデータになっています。

追い込み馬の単勝を買い続けても、回収率は27%にしかならない、ということになります。



▼もし、「逃げる馬」がわかれば、その馬の単勝を買い続けるだけで、回収率は190%になる。

逃げる馬を予想することは困難ですが、先行できる馬の方が、馬券的には利益を出しやすい傾向にあると、私は思うわけです。



▼ということで本日は、逃げ馬と追い込み馬について書いてみました。

競馬は「展開」によって、結果が大きく変わるスポーツです。

特に、逃げ馬と追い込み馬は、その展開に大きく影響を受ける。



▼逆に、先行馬は比較的、どんな展開でも力を出しやすい。

特に「軸馬」の脚質は、馬券収支を向上させるために、非常に重要になってきますので、少し意識してみると良いかと思います。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



逃げ馬を狙えばいいというものでもない?


▼さて、先ほどは、「重賞レースの逃げ馬」のデータを見てみました。

今度は、「全クラス」で見てみましょう。


【逃げ馬の成績】
全クラス
2524レース分析
(ブエナ調べ)


逃げた馬
単勝回収率 216%
複勝回収率 137%



はい。
「そのレースで、逃げた馬の成績」です。

逃げ馬は儲かる、と私が認識しているのは、このようなデータに基づいている部分もあります。



▼ただ問題は、「そのレースで、どの馬が逃げるのかがわからない」というところです。

逃げ馬というのは、各レースの中で1頭しか存在しない。

ここが問題です。



▼何が問題かというと、

「逃げ脚質の馬を買えば、儲かるというわけではない」

というところです。



▼初心者さんは、ちょっと混乱するかもしれませんね。

競馬というのは、逃げ馬が必ず逃げるわけではない。

逃げ馬が逃げられない時もあるし、追い込み馬が逃げる時もある。

ここが最大の問題点なわけです。



▼上述したように、「そのレースで逃げる馬」が分かれば、馬券で儲ける事は簡単です。

なので、いかにして「逃げる馬」を予測するか?

ここが、展開予想の醍醐味でもあると思うわけです。



▼ちなみに、逃げ脚質の馬よりも、「逃げ馬じゃないのに逃げた馬」の方が、ブエナ調べでは、儲かるデータとなっています。

「逃げ馬じゃないのに逃げる」ということは、例えば、

「騎手の乗り替わり」

ジョッキーが替わった時に、急に逃げて勝つ、というケースは意外と多いです。

そしてこのようなケースでは、回収率も非常に高くなるわけですね。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング