フルゲート18頭の多頭数は儲からない?不利を受ける。買い方

フルゲートの多頭数は儲からない?


▼フルゲート18頭のレースは、利益を出しにくいか?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「18頭立ては不確定要素が多いので難しい。個人的には、14~16頭くらいが回収率を上げやすい気がする」

「私が、フルゲート18頭のレースで勝負する時は、超人気薄は無視。馬格重視。という戦略をとることが多い」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼前回は、「少頭数のレースは利益を出しにくい」、ということを書きました。

本日は、その反対の多頭数、18頭フルゲートのレースについてです。

ゲート2


▼私の感覚で言えば、18頭フルゲートのレースは、少頭数と真逆の条件ですが、「利益を出しにくい」という点では同じだと思っています。

頭数が多すぎると的中率が下がり、また狙うべきゾーンも、ぼやけてしまう印象です。



▼あるいは自分が狙っていた馬が、人気がなく絶好の狙い目だと思っても、頭数が多すぎると不利を受けたり、思わぬトラブルが発生する場合もあります。

要するに、18頭立てのレースは、レースそのものが荒れてしまうことが多いわけですね。



▼配当が荒れるのではなく、レースが荒れる。

どう違うのかというと、配当が荒れるというのは人気薄の馬が激走することですが、レースが荒れるというのは不利を受ける馬が多くなるということです。
(あくまで私ブエナの考え方です)



▼つまり、配当が荒れるのはある程度、予測できますが、レースが荒れると、その結果は全く予測できないものとなります。

予測できなければ利益を出すことは困難であり、その結果、回収率が上がりにくくなるということになります。



▼ですから私の場合は、18頭のレースは、あまり参加しないようにしています。

ただ、重賞レースや、ジーワンの場合は18頭立てでも、比較的狙った通りの結果になることが多いため、重賞ではフルゲートでも参加することが多いです。



尚、18頭立てでも、「買い目点数を増やせば」ある程度、安定して利益を出すことは可能です。

が、その分、資金が多く必要になりますので、資金が少ない人は、頭数の多すぎるレースは見送りにした方が良いかもしれません。



頭数が多いレースでは、的中率を安定させるために、いつもより多めに点数を購入する必要があるため、資金力が重要になるからです。

なので、参加するレースは、自分の資金力と相談しながら、何頭立てのレースを選ぶか?を、考えていくのがプラス収支への第一歩だと思います。



▼さて、それでも18頭フルゲートのレースを購入する機会は度々あるので、狙い方についても見ていきましょう。

私ブエナの個人的な狙い方です。


まず私の場合、18頭だと、

「15番人気以下は無条件で切り捨てる」

というスタイルです。

実際のデータで見てみます。


【18頭立て 15番人気以下の馬】

2010~2015.9
1877レース対象データ

勝率0.2%
複勝率1.6%

単勝回収率31%
複勝回収率48%



はい。
この条件では、利益を出すことは困難なので、私の場合は、15番人気以下は無条件でカットしています。



▼複勝率が1.6%ですからね。

【18頭立て 15番人気以下の馬】は、100頭走って、1頭しか馬券圏内に入ってこないわけです。


「その1回」を夢見て、ひたすら大穴馬券を買い続ける競馬ファンもたくさんいます。

しかし、ロマンはありますが、お金は減ってしまう。

だから私は、18頭立てでは、15番人気以下の馬は切ってしまいますね。



▼次に、枠順に注目してみましょう。

これも私の考えですが、「多頭数のレースでは、あまりにも内枠に入ると期待値が下がる」ような気がします。

頭数が多すぎると、内枠の馬は包まれてしまい、前が詰まるリスクが高まる。


特に「牝馬」の場合、繊細な牝馬が内枠で揉まれてしまうと、やる気をなくして失速するケースが多いです。

実際にデータを見てみます。


【18頭立て 1~3番枠の牝馬】

2010~2015.9

勝率4.7%
複勝率15.1%

単勝回収率54%
複勝回収率69%



はい。
単勝回収率が54%しかないわけですから、なかなか厳しい条件となっています。

多頭数で、1~3番枠の馬は期待値がやや下がる。特に牝馬はその傾向が強い

という感じで、私は頭に入れています。



▼18頭もいると、ある程度、ざっくりと切り捨てていかないと、買い目が増えてしまいます。

私が、18頭フルゲートで考えていることは、


1~10番人気くらいまでの馬を候補に、軸は内目の枠の牡馬。当たり負けしないように、馬体重の大きい馬を優先する

あくまでも私の考え方ですが、多頭数の場合は、このように予想することが多いですね。



▼ということで本日は、フルゲート18頭のレースについて書いてみました。

私なりにまとめると、


「フルゲート18頭のレースは、少頭数よりは利益を出しやすいが、通常より買い目点数が増えるため、資金力が必要」

「また、多頭数だと、体の小さな馬や牝馬は、当たり負けしてしまうケースが多く、小柄な馬は回収率が上げにくいと思う」



私はこのように考えています。



▼競馬のレースは、「頭数」によって傾向が大きく変わります。

なので、10頭立てのレースと、18頭立てのレースを、同じ戦略で馬券購入するべきではないと、私は考えています。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



多頭数での合成オッズのバランスについて


▼さて、フルゲート18頭の多頭数について、考察を続けます。

競馬は、頭数によって馬券の構成の仕方が大きく変わってくる。


私の場合は、「少頭数は買い目を少なく」「多頭数は買い目を多く」

という感じになります。



▼これは、合成オッズを意識した戦略です。

多頭数の場合は、平均配当が上がるので、買い目点数を多くしても、合成オッズは下がらない。

つまり、多頭数の場合は、的中時の配当が高いので、多点買いしても、回収率を維持できると考えます。



▼例えば、少頭数のレースで「馬連3点」の場合、多頭数のレースでは、「馬連10点」くらいまで増やすこともあります。

合成オッズが同じになるように設定するためには、少頭数と多頭数で、同じ買い目点数にはできない。


フルゲート18頭で、馬連3点だと、的中率が下がり過ぎてしまい、収支の波が荒くなってしまいます。



▼これはあくまでも私の考え方ですが、合成オッズ・的中率・回収率は、どのレースでも同じようなバランスにしたい。

そうすることで、長い連敗を避けて、期間収支を安定させるためです。



▼逆に、「一発大穴狙い」は魅力ですが、あまりにも連敗期間が長くなりすぎる。

的中率を下げて、大穴を狙うと、合成オッズは上がりますが、資金のドローダウンが激しくなりすぎるわけです。
(マツリダ予想より引用)



▼私は、昔はかなり負けまくりましたが、今は、PATに入金することはほとんどないです。

PATに入金せず、少しずつ増やすことを目標としながら、競馬を楽しみたい。

ドローダウンが激しくなるような大穴戦略は、PAT残高が底をついてしまうリスクがあるので、できるだけ合成オッズを均等にして、収支の波が発生しないようにしているわけです。



▼フルゲート18頭の多頭数は、少頭数の時と同じように、普通に購入すると、かなり的中率が下がります。

なので、多頭数のレースで勝負する場合は、1点あたりの金額を下げて、少し手広く購入するようにしています。

多頭数なら平均配当が高くなるので、手広く買っても、長期回収率は維持できると判断するからです。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング