長距離レースの馬券の買い方~荒れるか固いか。展開と騎手の腕が重要。ステイヤー

長距離レースの馬券の買い方は?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「2500m以上の長距離のレースは、人気薄の馬の激走が多い。すなわち荒れやすいと思う」

「長距離戦では、7番人気~16番人気の馬の回収率が異常に高い気がする」

「その分、1番人気の期待値が下がるので、1番人気から流す人は、長距離戦は避けた方が良いかも」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼競馬は基本的には、2,000メートル以下のレースが多いです。

しかし、競走馬の特性や、レースの多様性を出すために、「長距離レース」が、必ず組まれています。

マラソン



▼大きなレースで言えば、天皇賞春の 3,200メートルですね。

長距離レースの定義は人それぞれ違うのですが、私がデータから考える長距離レースの定義は、

「2,500メートル以上」

と考えます。
(あくまでも私ブエナの認識です)



▼2,500 m以上のレースは、2,000メートル以下のレースと比べて、少々傾向が違ってきます。

長距離レースに対しての印象は様々だと思いますが、

長距離のレースは「荒れやすい」

と私は感じます。



▼長距離レースだと、馬の能力が発揮しやすいから固いのではないか?と、考えがちですが、長距離レースの方が荒れやすいと思う。

短距離レースだと、強い馬なら「回ってくるだけで勝てる」ということも多いのですが、長距離レースだとどんなに強い馬でも、乗り方を少し間違えただけで惨敗することも多いわけです。



▼これは何故か?

長距離レースは「展開」が着順に大きく影響を与えるからだと思われます。


特に危ないのが「隊列が縦長になった場合」です。

長距離戦ではありがちなんですが、弱い馬が「大逃げ」するケース等ですね。

たった1頭が大逃げするだけで、隊列は縦長になり、有力馬は仕掛け所を迷うわけです。



▼長距離戦だから前に行った馬はバテる、と、考えがちですが、長距離戦は折り合いを重視する騎手が多いため、意外なほどスローペースになり、先行した馬がそのまま粘ってしまうケースが多いわけです。

天皇賞春のイングランディーレや、菊花賞のマイネルデスポットなどなど、長距離戦で先行して大穴をあけた馬は数え切れません。



▼ですので、私は2,500メートル以上の長距離レースでは、あまり大きな勝負はしないようにしています。

私ブエナが勝負しやすいのは、2,000メートル以下のレースですね。



▼ただ、長距離レースで利益を出せないというわけではありません。

長距離戦は、上述した通り、人気馬が飛びやすいし、人気薄が好走しやすい条件なので、そこを踏まえて穴狙いをすれば、十分に長距離レースで利益を出す事は可能です。



▼過去のデータを見ても、2,500 m以上の長距離レースで、 1番人気と2番人気を外した馬たちで馬券を構成すると、平均回収率の75%を大きく上回ることが可能です。

ですので、長距離レースで馬券を買うときには、あまり大勝負はせず、「中穴~大穴」を少ない賭け金で狙っていく、というのが良いかと思います。

私ブエナも、長距離レースはそのような買い方をします。



▼長距離戦は、各馬の距離適性が把握しにくいので、本命サイドの馬券にぶち込むと、痛い目を見ることが多いです。

ですから、本命党の人は、長距離レースで大勝負するのは避けた方がよいかと思いますね。

競馬は「自分の馬券の買い方に合ったレースを選ぶ」ことが1番重要です。
(マツリダ予想より引用)



▼それでは、長距離レースの具体的なデータも見てみましょう。


【2500m以上のレース】
2005~2015
特別戦

ローカル含む
430レース分析(ブエナ調べ)


7番人気以下の馬の単勝を全て買った場合
単勝回収率 107%



はい。
恐るべき荒れっぷりです。

特別戦の長距離では、7番人気以下の馬の単勝を全て買えば、過去10年間、プラス収支になってしまうわけですね。



▼その一方で、1番人気の単勝回収率は「71%」

やはり、先ほども書いたように、長距離戦は荒れると考えられます。

強い馬でも、展開が向かなければ、あっさり負けてしまう。それが長距離戦の怖いところですね。



▼逆に言えば、穴党の人は、長距離戦で人気薄を1着固定にして馬券を構成すれば、比較的、大穴馬券を的中しやすいと考えられます。

私は、中穴党なのであまりそのような買い方はしませんが、レース特性に合わせて、狙うオッズ帯を変化させていく買い方は、回収率を上げるために、非常に効果的であると思われます。



▼ちなみに、長距離戦で回収率が高い騎手のデータも、少し見てみましょう。


【長距離戦の回収率】

蛯名正義163%

北村宏司144%

吉田豊292%



はい。
この3人は、2500m以上のレースでは、非常に回収率が高く、要注意ですね。



▼蛇足ですが、

長距離戦の場合、高齢馬の回収率が高いような気がする
(あくまで私ブエナの見解です)


通常、競馬の場合、3~4歳のフレッシュな馬の回収率が高い傾向にあります。

しかし、長距離戦に限っては、この傾向は逆になるような気がする。

つまり、長距離戦の場合は、3~4歳の回収率が低く、5歳以上の回収率が高い傾向にあると思うわけです。



【長距離戦。年齢別の回収率】

3~4歳
単勝回収率75%


5歳以上
単勝回収率109%



はい。
明確に、その傾向が表れています。

やはり、長距離レースは、「若いパワー」より、「老獪な落ち着き」みたいなものが重要になってくるのかもしれません。
(私ブエナの勝手なイメージですが)

イレ込んで、折り合いを欠いたら、長距離戦では勝てません。



▼ということで本日は、長距離レースの馬券の買い方について、私の独断と偏見で書いてみました。

2500m以上は、やはり特殊なレースと言えます。


予想するときは、長距離のレースの場合は、いつも通りに考えるのではなく、「長距離用のロジック」で、予想を構成していく方が、長期回収率を高めていきやすいと私は考えます。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



長距離レースで勝つ方法


▼長距離レースの馬券の買い方についての考察を続けます。

上述の通り、2,500 m以上の長距離戦では、1番人気の回収率が低い印象。

なので、長距離戦では1番人気を切って、それ以外の馬で馬券を構成していくと、回収率が上がりやすいと思われる。



▼まぁこの場合、1番人気を切ってしまうので、的中率は大きく下がります。

長距離戦の1番人気の単勝回収率は72%くらいしかありませんが、連対率は43%もある。

例えば「1番人気を外した馬連」を狙えば、長距離戦であっても、その時点で最大的中率は57%未満になってしまうわけです。



▼しかも長距離戦の場合は、14~16番人気あたりでも、単勝回収率がプラスになるので、この辺まで馬券購入していくと、かなりの買い目点数になってしまいます。

ここが長距離戦の特殊なところ。

多点買いが嫌いな人は、あまり2,500 m以上のレースは、手を出さない方が良いかもしれません。



▼的中率と回収率の関係は、馬券で利益を出すために必須の考え方です。

例えば先ほど、「長距離戦で7番人気以下の単勝を買い続ければプラス収支」と書きました。

これを的中率で見ると、「1頭あたりの勝率は2%しかない」わけです。


長距離戦であっても、1着になるのは、ほとんどが1~6番人気の馬である。

しかし、単勝馬券収支がプラスになるのは、7~16番人気の馬である。



▼これは長距離戦に限ったことではないです。

この的中率と回収率の考え方を理解できていないと、馬券収支をプラスにすることはできない。

短期的にはプラスになっても、長期的には必ず飲まれます。
(経験談)

私ブエナの馬券は、的中させることが目的ではなく、利益を出すことが目的なので、いつもこのような考え方でアプローチしています。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング