高齢馬は回収率が高いか低いか~夏の高齢馬と冬の高齢馬。年齢と勝率・連対率。歳をとった馬

高齢馬の的中率と回収率は?

私(ブエナ)の経験則で書けば、


「高齢馬は、的中率も回収率も低いと思う」

「具体的には、7歳以上になると期待値が下がる印象」

「回収率を上げやすいのは、4~5歳馬かなと思う」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。



▼「以前に、こちらのブログで若い馬の方が走る、と書かれていましたが、若い馬を買った方がいいんですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、馬の年齢と回収率について書いてみたいと思います。

老若男女



▼一般的にサラブレッドは「4歳」がピークだと言われていたかと。

3歳は若駒。4歳になると完成するタイプが多いですね。


早熟タイプや、晩成タイプもいますが、平均的には4歳位が能力のピークになると思う。



▼実際、連対率を見ても、4歳馬の連対率が多くの場合、一番高くなります。

4歳をピークにして、3歳と5歳も、連対率は優秀。


一方で、「6歳以上」になると、連対率は一気に下降します。



▼人間でも、30歳を過ぎてくると、20代の頃のような運動能力を発揮できなくなります。

サラブレットも同じで、若い方が身体能力が高いわけです。

なので「連対率だけを見るなら」、4歳がピークとなります。



▼さて、では馬券も4歳馬を中心に買えば儲かるのか?

基本的にはそれでOKだと思いますが、注意点もある。

当ブログではいつも書いていますが、


強いことと、儲かる事は別物



▼強い馬が儲かるわけではない。

競馬で儲けるためには、強い馬を探すのではなく、儲かる馬を探さなければなりません。

儲かる馬というのは、過小評価されている馬です。
(マツリダ予想より引用)



▼馬齢の話に戻りましょう。

では、年齢的に儲かる馬は何歳なのか?

実際のデータを見てみましょう。


【年齢別データ】
2010~2015
特別戦
5501レース分析


◆4歳馬
勝率10.2%
単勝回収率75%


◆7歳以上馬
勝率2.4%
単勝回収率56%



はい。
勝率だけ見れば、7歳以上馬は、ほとんど勝つことができていません。

回収率も低いですね。

それでは、さらに条件を絞り込んでみましょう。


◆7歳以上馬(重賞)
勝率2.9%
単勝回収率39%



はい。
重賞レースで、7歳以上の高齢馬の単勝回収率は、39%しかありません。

重賞レースで、7歳以上馬の単勝や、1着固定の馬券は、長期回収率を下げる要因となります。



▼ここまで見てみると、特別戦ではやはり、7歳以上の高齢馬は期待値が低くなりやすい印象です。

では逆に、年齢的に儲かりやすいのは何歳か?


◆5歳馬
勝率6.8%
単勝回収率86%



はい。
年齢だけ見ると、回収率が上げやすいのは、5歳ですね。

ただし「勝率」は、4歳の方が優秀です。

このことから、やはり競走馬のピークは、4歳前後かなという印象です。

ただ、そのことを競馬ファンはよく理解していますので、「回収率」なら、5歳馬の方がやや上回る感じです。



▼別の記事でも書きましたが、基本的にサラブレッドは、若いほど強い。

特に、「短距離」では、若い方が身体能力が高いので、有利になるケースが多い印象です。

なので、「迷った時は若い馬」という感じのシンプルな戦略でも、長期回収率を改善することが可能だと思います。



▼あと、「芝のレース」では、7歳以上馬は、より一層、回収率が下がる傾向にあります。

ダートだと、高齢馬でも比較的、長く活躍できたりするんですが、芝のレースは瞬発力が必要なので、高齢馬の平均回収率は、45%くらいになってしまいますね。



▼ちなみに、「中・長距離」においては、高齢馬の期待値は、少し上がります。

短距離戦だと、身体能力だけで押し切れてしまうので、やっぱり若い馬の方が期待値も高くなりがちですが、中長距離だと、ベテラン馬の経験が、折り合いという形で生かされるわけですね。



▼あと、「夏の高齢馬」「冬の高齢馬」などという格言もありますが、私ブエナの感覚では、あまり季節による差はないような気がします。

高齢馬を狙うなら、季節で狙うより、距離などの「レース種別」で狙う方が、回収率は上げやすいと思います。



▼ということで本日は、高齢馬は回収率が高いか低いか?について、私ブエナの独断と偏見で書いてみました。

基本的には、「若い馬の方が強い」と思う。

ただ、中距離以上では、高齢馬も意外とがんばったりするので、そのような視点でレースを見ていくと、新しい発見もあるでしょう。



▼競馬で勝つには、連対率や勝率だけを求めるのではなく、期待値と回収率を考えなければなりません。

初心者さんには少し難しいところかもしれませんが、ここが競馬で勝つための第一段階となります。

ご参考まで。

ブエナの無料競馬メルマガランキング


▼競馬で長期的に勝つには、馬券知識を増やす必要があります。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために、昔から購読している「無料競馬メルマガ」のランキングをまとめました。
  ↓
ブエナ流・無料競馬メルマガランキング
%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0



ダート重賞レースで、7歳以上は厳しいデータ


▼高齢馬についての考察を続けます。

先程は、特別戦のデータを見てみました。

では次に、重賞レースのデータを見てみます。


【重賞レース。ダート。7歳以上】
2010~2016.11


勝率0.6%
単勝回収率2%
複勝回収率42%


はい。
ダート重賞の7歳以上馬は、危険なことになっています。

2010年から、7歳以上馬は、361頭出走して2頭しか勝っていない状況です。



▼ダートでも、重賞レースになると、勝ち切るためには瞬発力が必要になる。スピードも必要。

その点で、どうしても7歳以上馬は、「勝ち切れない」

とにかく勝ちきれません。



▼7歳以上馬の具体的な戦績は、

2-15-18-326

です。

2~3着の回数と比較しても、極端に1着が少ない。

ダート重賞で、高齢馬が勝ち切れないのが、はっきりわかります。



▼ちなみに、勝った2頭は、2014年の年頭。

第28回根岸S ゴールスキー(7歳)

第31回東海S ニホンピロアワーズ(7歳)


なのですが、面白いことに、この2つのレースは、「半分以上が、7歳以上だった」

つまり、若い馬を蹴散らしたわけではなく、他の馬も高齢馬だったわけです。



▼そのように考えてみても、やはりダート重賞での、高齢馬は勝ち切れない傾向にあると言える。

私ブエナが、たまにやるのは、「ダート重賞レースで、7歳以上が多い時、4~5歳馬の単勝多点買い」です。

もしくは、「4~5歳馬の馬連ボックス」


かなり的中率が高くなる上に、7歳以上の単勝回収率は上述の通りなので、回収率も期待できます。



▼2016年に入ると、1月の根岸ステークスで、8歳馬が2~3着にきて以来、7歳以上は壊滅状態です。

2015年・2016年と、7歳以上はダート重賞レース未勝利。

この期待値の低さは、頭に入れておいた方が良いかもしれません。



▼競馬は傾向が変わるスポーツですが、サラブレッドが生き物である以上、「高齢馬が若い馬より、身体能力が高くなることはありえない」と、私ブエナは思います。

先程は、ダート重賞レースのデータを見ましたが、これを芝のレースに限定しても、7歳以上はほとんど勝てない。

回収率も40%しかないわけです。



▼あくまでも傾向の話なので、重賞レースで7歳以上が全く来ないわけではありませんが、期待値の低い馬をわざわざ購入する必要は無いかなと、私は考えています。

高齢馬は、ヒモ程度。

馬券の中心は、4~5歳馬で良いかと思います。


そのほうが、長期回収率は上がりやすくなる。

特に、重賞レースなどのハイレベルなレースになると、身体能力の高い、若い馬の期待値が上がると思います。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング