競馬の勝ち組は、どの馬券種を購入しているか?儲かるおすすめの馬券種は三連単・三連複

競馬の勝ち組は、どの馬券種を選ぶ?


▼本日は、勝ち組の馬券種について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。


「競馬の勝ち組がよく購入する馬券種は、三連単と三連複」

「三連単と三連複は、買い目点数が多いため、オッズに歪みができやすく、利益を出しやすい」

「ただし、競馬初心者さんなど、まだ腕が未熟な人が三連系に手を出すと、大きく負けることになるので注意」

「競馬初心者さんでも勝ち組に近づける馬券種は、単勝とワイド」



ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。




▼中央競馬には、9種類の馬券種があります。

まず、おさらい。


単勝 80%
複勝 80%
枠連 77.5%
馬連 77.5%
ワイド 77.5%
馬単 75%
三連複 75%
三連単 72.5%
WIN5 70%


(%は、還元率)



▼ではこの中で、競馬の勝ち組が使っている馬券種は、どれなのか?

私ブエナが、自分も含めて年間プラス収支を達成している人の馬券種を、分析してみたいと思います。



▼競馬の勝ち組が、よく購入している馬券種。


・三連単
・三連複
・ワイド
・単勝



はい。
あくまでも私ブエナのオリジナルデータですが、競馬で勝っている人は、この4つを使っているケースが多い気がする。



▼まず、三連単と三連複。

これは、全体の買い目点数が多いので、期待値が分散しやすいです。

オッズに歪みができやすいんですね。

なので三連系の馬券は、腕がある人にとっては強力な武器になります。

ただし、初心者さんや腕がない人は、リスクばかり高くなるので、手出し無用です。



▼次に、ワイド馬券。

これは、本命サイドを1~2点で狙ったり、少点数で回収する時に、よく使われる印象です。

ワイド馬券は、三連複をまとめたものなので、三連複が得意なら、ワイドでも勝ちやすくなるように思います。



▼次に、単勝馬券。

これは還元率が最も高く、単純に平均回収率が高くなりやすいので、勝ち組が使っていることが多い馬券種です。

連敗しやすい馬券種でもあるので、長期目線で取り組むことが重要な馬券種ですね。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





勝ち組は、どんな馬券種でも勝てる理由


▼勝ち組の馬券種についての考察を続けます。

先ほどは、三連系とワイド・単勝について分析してみました。

ただ、この4つ以外の馬券種が勝てないというわけではないです。

参考記事
 ↓
馬連初心者の買い方



▼基本的に、競馬というのは「期待値が高い馬」を見つけることができれば、どの馬券種でも勝つことが可能です。

複勝だけはちょっと例外的で、勝ちにくい馬券種ですが、それ以外なら普通に勝てます。



馬連は、やや回収率を上げにくいところはありますが、連敗期間が短く、収支が安定しやすいのがメリットです。

ただ、回収率に特化させる場合は、あまり効果的な馬券種ではないです。

初心者さんには使いやすい馬券ですね。



馬単は、馬連をバラバラにした馬券種です。

1着固定と、2着固定が武器になるので、馬単の表裏を買うのは、私ブエナはあまりお勧めしません。

表裏両方買うなら、控除率を考えても、馬連で良いと思うからです。



WIN5は、一発で大儲けできる魅力がありますが、狙って勝てる馬券種ではないので、私はほとんど買いません。

WIN5は、宝くじ感覚で、あまり勝ち負けを気にせずに遊ぶ馬券種かなという印象です。

宝くじの控除率50%を考えても、宝くじよりWIN5の方がお得だね。

ただ、狙って勝つという点を追求するなら、WIN5より三連単・三連複の方が良いと思います。



▼さて、私ブエナが知る限りの競馬の勝ち組は、前述のような馬券種を選択している人が多いです。

でもまあ、上述したように、期待値が高い馬をしっかり選べているなら、どの馬券種を選んでも勝てます。



▼注意点としては、「レースをしっかり選ぶ」ということですね。

競馬において、レース選びは最重要ポイントです。

レース選びができていないと、どんなに馬券種を工夫しても負けます。



例えば、「三連複で中穴を狙う」なら、三連複の中穴が出そうなレースを選ばなければならない。

少頭数の6頭立てのレースを選んではダメなんですね。

1番人気がガチガチのレースもダメです。



▼競馬には様々なレース条件が設定されており、そのレース条件の組み合わせによって、想定配当が予想できるわけです。

例えば、ハンデ戦は、荒れる可能性が高くなる。

なので、穴党はハンデ戦を狙っていくと、効率よく穴馬券が取れる。

逆に、本命党がハンデ戦を狙ってしまうと、予期せぬ大荒れに見舞われ、思ったように回収率が上がらなくなるわけです。



▼競馬の勝ち組は、このようなレース毎の想定配当を見極める目が鋭いと感じます。

つまり、「このレースは荒れるな」「このレースは固いな」という判断がしっかりできているわけです。



▼今、目の前にあるレースが、荒れるか?固いか?が分かれば、競馬予想は半分終わったようなものです。

後は、その想定配当に合わせて、馬券種を選択し、購入するオッズゾーンを決めればいい。



▼本日のテーマは、「勝ち組の馬券種」ですが、上述したようなレース選び等をおろそかにしてしまうと、どんなに馬券種をいろいろ考えても勝てません。

三連単は、最も勝ちやすい馬券種のひとつですが、レース選びなどの基礎ができていないと、逆に大きく負ける馬券種でもあるわけです。



▼▼それから、馬券種を考える場合に、控除率の問題があります。

中央競馬では、馬券種ごとに控除率が設定されている。

冒頭でも少し書きましたが、この控除率。意外と差が大きいんですね。



▼まず控除率が最も小さいのが、単勝馬券と複勝馬券。

この2つは控除率が20%です。

最も控除率が小さいため、それだけで回収率が上げやすいのが単勝馬券。

複勝馬券については、オッズの絶対値が小さすぎるので、回収率80%前後で安定してしまうのが使いにくいところですが。



▼この控除率20%を求めて、単勝馬券で勝負するプロ馬券師も多いです。

三連単の控除率が、27.5%なので、馬券を購入した時点で「7.5%」もの回収率の差が生じるということになります。



▼単勝馬券と三連単は、単系馬券というジャンルで、どちらも似たようなタイプになります。

なので、よほどヒモ馬に自信がない限りは、三連単より単勝馬券の方が、回収率が高くなりやすい印象です。



▼単勝で勝負するか、三連単の1着固定で勝負するか。

どちらも似たような馬券構成ですが、上述したように控除率が全然違う。

しかし三連単は、ヒモ馬を絞り込んで、期待値が高い馬券だけを購入できるというメリットがある。



▼この2つのメリットとデメリットを見比べて、単勝か三連単か、決めていくことになります。

初心者さんの場合は、ヒモ馬を絞り込むスキルがまだ低いと思うので、単勝馬券にしておいた方が無難ですね。



▼あとは、資金力の問題があります。

三連単は、買い目点数がかなり多くなるので、1レースに必要な資金も大きくなります。

それと同時に、三連単は合成オッズも高くなるため、連敗しやすいです。

なので三連単は、連敗に耐えうる資金力が必要なわけです。



▼それに対して単勝は、買い目点数が極めて少ない。

1点から馬券購入できるので、100円から参加することが可能です。



▼しかも、単勝は合成オッズの計算が簡単で、最適なオッズを楽に選択することができる。

なので、三連単のように長い連敗期間が発生することが少なく、資金力もそれほど必要としないのがメリットです。



▼的中した時の配当を考えると、三連単の方に魅力を感じる競馬ファンが多いわけですが、大切なのは年間トータルの収支です。

たまたま三連単で万馬券が当たって大儲けしても、1年の終わりに大負けしていたら意味がないわけですね。



▼▼ということで、競馬の勝ち組がよく使用している馬券種は、「三連単・三連複・単勝・ワイド」が多い印象です。

このうち、三連単については、かなりの資金力と馬券力が必要になるので、私ブエナはあまりお勧めしていません。

個人的にも、三連単を買うことは少なく、私のメイン馬券は三連複です。



▼三連単は、すべての馬券種の中で、ダントツで買い目点数が多く、最大で4896通りもの買い目点数になります。

これだけの数の買い目点数があると、必ずその中に、「オッズの歪み」が出現します。

馬券で利益を出すためには、オッズの歪みを狙っていく必要があり、そのような観点から考えると、三連単は最も勝ちやすい馬券種であると言えるわけです。



▼ただし、これはあくまでも理論的な観点からのメリット・結論に過ぎない。

実際には、三連単にはデメリットもたくさんあります。

そのうち、私ブエナが三連単を使わない理由は、「豊富な資金力が必要であること」と「的中率が低いこと」が挙げられます。



▼上述した通り、三連単はすべての馬券種の中で、最も買い目点数が多い馬券種です。

なので、適切な合成オッズに調整するためには、かなり多くの買い目点数にせざるを得ない。

これはつまり、1レースの馬券購入額が多くなるということであり、資金力が必要になるということなのです。



▼逆に、三連単を少ない買い目点数で購入しようとすると、合成オッズが高くなってしまいます。

合成オッズが高いという事は、的中した時の爆発力が高くなるということ。

それだけ聞くと、良いことかと思ってしまいますが、これは裏を返せば、的中率が大きく下がるということになわけです。



▼三連単で他の馬券種と同程度の的中率を出すためには、200点くらいは購入しなければなりません。

つまり、1レースで2万円以上も馬券を購入することになるわけです。

これは、趣味のレベルで競馬をやっている人には、かなり厳しい出費だと思われます。

これが三連複なら、その6分の1の買い目点数で済むわけですね。



▼▼では次に、私ブエナが自分の得意な「三連複」で馬券を当てたレースを考察してみましょう。


中山記念2021年

1着 ヒシイグアス(1番人気)
2着 ケイデンスコール(5番人気)
3着 ウインイクシード(7番人気)

三連複6800円



はい。
このレースは、三連複の配当が68倍と好配当でしたが、比較的簡単に的中できるレースでした。



▼まず最初に、レース全体のパワーバランスを見て、馬券構成を考えます。

ここでは、1番人気のヒシイグアスの能力が抜けている印象。

2番人気のバビットは、古馬相手に通用しておらず、3番人気のクラージュゲリエはいかにもルメール人気という感じの馬でした。



▼ちなみに、マツリダ予想では、ヒシイグアスの1強レース判定。

1強馬は、3着内率が非常に高くなるので、的中率を考えるなら、軸はヒシイグアスということになります。

問題は、ヒシイグアスが若干、過剰人気であるという点。

3連勝中という戦績は、どうしても過剰人気になりやすいんですね。

この点で、軸馬を迷うレースではありました。



▼ただ、先ほども書いたように、2番人気と3番人気が信用できないタイプだったので、ここは素直に1番人気のヒシイグアスから馬券を構成してよいかと思います。

単勝は2.5倍と売れすぎているので、手は出しにくい。

ワイドも、過剰人気気味の1番人気から買うと、合成オッズが上がらず、回収率も上げにくいので、ここは三連複で勝負ということになります。



▼馬券種が三連複で、軸は1番人気というところまで決まれば、ほとんど馬券構成は完成したようなものです。

1番人気が軸なので、相手ヒモ馬は、4~9番人気から選ぶのが基本になります。

当ブログでいつも書いているように、人気馬と人気薄の組み合わせで、中穴を狙います。

この形が、最も長期回収率を高めやすいからですね。



▼4~9番人気に流しても、15点買いですが、9番人気のパンサラッサはどう見ても能力不足なのでカット。

馬券構成は、「三連複1番人気軸ー4~8番人気へ(10点買い)」

という形になります。



▼結果は、松山騎手の好騎乗もあり、ヒシイグアスが4連勝。

2着が5番人気のケイデンスコール、3着が7番人気のウインイクシードで、三連複が綺麗に的中して、10点で6800円の配当になりました。

このレースは、ヒモは簡単だったので、ポイントは軸選びですね。

「1番人気のヒシイグアスは、やや過剰人気気味だが、2番人気と3番人気も信用できないので、ヒシイグアス軸で良い」

という判断ができれば、簡単に三連複が的中できるレースでした。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング