馬連初心者の買い方。馬連は素人でも勝ちやすい馬券種。流し・ボックスのコツとポイント

馬連初心者の買い方


▼本日は、初心者さんの馬連の買い方について、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。




▼当ブログではいつも書いていますが、馬連は、競馬初心者さんに最適な馬券だと思います。

連対馬を考える事は、競馬の勉強になるし、何より馬連は、投資金額を抑えることができるのが大きいです。



▼具体的な初心者さんの馬連の買い方としては↓


・馬連3頭ながし(3点)

・馬連5頭ながし(5点)

・馬連5頭ボックス(10点)

・馬連2頭軸。相手3頭(6点)



はい。
馬連初心者の買い方としては、この辺が良いかと思います。



▼まずオーソドックスな、軸からの流し馬券

軸馬は1~3番人気のうち、なるべく先行馬を選ぶ。

相手馬は、中穴馬が基本です。



▼注意点としては、「人気馬同士の組み合わせは、なるべく避ける」という部分です。

人気馬同士の馬連は、的中率は高いんですが、なかなか回収率が100%を超えないからです。

利益を出すためには、人気馬同士の馬連の組み合わせは、避けた方が無難です。



▼次に、馬連5頭ボックス

内訳としては、人気馬2頭・中穴馬3頭、という感じが良いかと思います。



▼次に、馬連2頭軸

これは、軸馬を2頭セットして、その2頭の軸馬からの流し馬券になります。

どちらかの軸馬がコケても、もう片方で的中が拾えるので、初心者さんにも使いやすい買い方になります。

ブエナが使っている競馬サイトを公開


▼競馬で勝つためには、馬券知識を増やすしかない。

私(ブエナ)が、馬券知識を増やすために学んだサイトは、

やっぱり⇒『マツリダ予想』です。





競馬初心者さんに馬連がオススメの理由


▼馬連初心者の買い方についての考察を続けます。

まず初心者さんは、あまり買い目点数を多くしすぎない方が良いです。

上達してくると、多点買いの方が利益を出しやすい部分がありますが、最初のうちは買い目点数は絞った方が良い。



▼理由としては、投資金額が多くなりすぎるからです。

初心者さんのうちは、的中率が低く、連敗します。

この連敗に耐えうる資金力があればいいんですが、初心者さんのうちは資金力もあまりないですね。



▼なので、できるだけ買い目点数を絞り込んで、1レースあたりの投資金額を抑制することが重要です。

1レースあたりの投資金額が少なければ、多少連敗しても耐えられるからです。



▼そのため、先ほどの例に出した買い目も、できるだけ少ない買い目点数で表示しています。

買い目点数が少ないメリットは上述の通りですが、当然デメリットもあります。



買い目点数が少ないデメリットは、やはり、的中率が下がること。

馬連3点ながしだと、平均的中率は20%前後になるかと思われます。

これは、人気馬を軸にして、中穴馬をヒモにした場合です。



▼逆に、人気薄を軸馬にして、ヒモでも穴を狙うと、的中率は大きく下がります。

この場合は、的中率5%くらいになってしまうかもしれません。

なので、このような馬連での大穴狙いは、初心者さんにはオススメしません。



▼そもそも、初心者さんが馬連を選択する理由は、リスクが低いことと、馬券の勉強になるからです。

慣れてくれば、三連複や三連単に切り替えた方が、より利益は出しやすくなります。



なので、競馬初心者さんが馬連で馬券を学んでいる段階では、できるだけ買い目点数を絞り込んで、リスクを下げておくことが重要です。

少ない買い目点数で、的中した時はしっかり回収する。

そのようなスタンスであれば、リスクは低くなり、回収率も上がりやすくなります。



▼トリッキーな狙い方としては、先ほど紹介した「馬連2頭軸

この2頭の軸馬を、1頭は人気馬、もう1頭は中穴馬にするというやり方があります。



▼この場合、本線は人気馬から中穴馬への馬連3点。

そして、押さえのお楽しみ馬券として、中穴馬から中穴馬への高配当狙い3点、という感じになります。



▼ボックス買いに近い感じですが、ボックスよりも無駄な馬券を削ぎ落としています。

この場合の馬券構成としては、

・軸①は人気馬
・軸②は中穴馬(5番人気前後)
・それぞれの相手馬は同じ中穴馬3頭(5番人気前後)


という感じになります。



▼ポイントは、軸①と軸②の複勝期待値になります。

この2頭の複勝回収率が高いと想定されるレースでは、この2頭軸ながしは、かなりの威力を発揮します。

ヒモ馬よりも、軸馬の期待値が高いことが重要です。



▼ただここまでいくと、馬連初心者さんには、ちょっと意味不明な部分もあるかと思います。

なので最初は、「馬連3点ながし」と「馬連5頭ボックス」が使いやすいと思います。



▼馬連5頭ボックスでは、それほど各馬の期待値を気にしなくても、馬券構成がしやすいのが特徴です。

ポイントは、人気馬を2頭入れて、先程の2頭軸に近い形にすること。

人気馬を3頭入れてしまうと、本命サイドの馬券が3点も入ってしまうので、人気馬は2頭が良いかと思います。

ボックスの残りの馬は、5番人気前後の中穴馬から3頭。

ボックスの場合は、この中穴馬3頭が利益の源泉となるので、この3頭をしっかり厳選して選ぶようにすると、利益を出しやすくなります。


馬券収支が向上するサイトランキング

馬券で勝つには、馬券知識を増やすしかない。
ちなみに、私(ブエナ)が馬券知識を学んだのは、
  ↓
このユニークなサイトです。


その他、馬券に役立つ情報ランキングは、こちらにまとめました。
  ↓
無料だけど使える競馬情報ランキング